1. Home
  2. BODY
  3. 鍛えたい部分をピンポイントで。自宅で10分、脂肪が燃えるトレーニング

鍛えたい部分をピンポイントで。自宅で10分、脂肪が燃えるトレーニング

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

19,783

Maya A. Kishida(翻訳)

エアロバイク

image via shutterstock

前回は、サーキットトレーニングによる運動能力やダイエットへのメリットをまとめました。今回も、スマートミラーを使った遠隔パーソナルジムMIRRORを設立したトレーナーのひとり、クリス・ライアンさんとともに、サーキットトレーニングの具体的な取り入れ方を紹介します。

自分が鍛えたい部分を中心に

改善したい自分の弱い部分はどこですか? 早く走るために大臀筋をもっと鍛えたい? それとも懸垂ができるように背中を鍛えたい?

自分の体のレベルと総体的な目標に基づいたワークアウトのメニューを考えて、とライアンさんは言います。

「上級者が心拍数を高めながら足や大臀筋を鍛える場合は、スプリットジャンプが適したエクササイズかもしれませんが、初心者にとっては、ベーシックなスクワットや1/4スクワットのほうが効果的かもしれません」

1分の運動を5〜10種類選んで

10分、15分、20分、30分とトレーニングの制限時間にもバリエーションがあるので、まず何分間行うのかを決めましょう。それから異なる筋肉に作用するエクササイズを5種類から10種類ほど選択します。

各エクササイズを1分間ずつ行うことからスタート。ひとつのサイクルが終わったら、トレーニングの制限時間いっぱい最初から繰り返します。飽きてしまわないように、各サイクルの中でエクササイズの順番を変えてもかまいません。

サーキットトレーニングのやり方

腕立て

image via shutterstock

上半身と下半身、およびコアに作用するサーキットトレーニング・ワークアウトを紹介します。全身を鍛えるために、下記のエクササイズのメニューの中からいくつか選んでうまく組み合わせてみてください。

トレーニングを始める前にウォームアップとして、ある程度ストレッチの時間を設け、終わりには90秒のクールダウンを行うようにライアンさんは勧めています。制限時間内にできるだけ多くのエクササイズを行いましょう!

道具:中〜重いダンベル1セット

時間:10分、15分、20分、30分、あるいは45分から選択

回数:各エクササイズにつき8〜12回、あるいは30〜45秒間

上半身を鍛えるエクササイズ

ダンベル

image via shutterstock

  1. プッシュアップ
  2. 二頭筋カール
  3. 三頭筋エクステンション
  4. ショルダープレス
  5. ロウ

下半身を鍛えるエクササイズ

スクワット

image via shutterstock

  1. スクワット
  2. ランジ
  3. ヒップスラスト
  4. デッドリフト

複合型コンパウンドエクササイズ

サーキットトレーニング

image via shutterstock

  1. フロントレイズとラテラルランジ
  2. ハイプルとスモウデッドリフト
  3. Tプルとオルタネイト・リバースランジ
  4. ハンマーカールからオーバーヘッドプレス
  5. 足を持ち上げたフロアプレス
  6. ラテラルプランクウォーク

筋トレは正しく効率的に

3ステップで簡単。お尻をキュッと引き上げる6つのエクササイズ

パーソナルトレーナーがおすすめするお尻エクササイズにトライ。スクワット、ランジ、ブリッジなどを行って、身体の背部を動かしていきましょう。

https://www.mylohas.net/2019/04/189620pvn_butt2.html

下半身引き締めに効果的!「ランジ」の正しいやり方

下半身の強化や引き締めに効果的なランジですが、正しく行わないとせっかくの効果が半減。正しいフォームと間違いやすいポイントと解決策は?

https://www.mylohas.net/2019/05/190338pvn_lunge.html

Tiffany Ayuda/Circuit Training Is the Total-Body Workout to Do When You Don't Have a Lot of Time/Maya A. Kishida(訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析