1. Home
  2. SPORTS
  3. 水泳でスリムになるなら何分泳ぐのがベスト? 「痩せる泳ぎ方」のコツ

水泳でスリムになるなら何分泳ぐのがベスト? 「痩せる泳ぎ方」のコツ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,896

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

泳ぐ女性

image via shutterstock

「水泳は、身体全体の調子を整えてスリムになれる、とてもよい運動」と言うのは、元水泳コーチで赤十字水難防止インストラクターのステーシー・カプリオさん。カプリオさんいわく、体重は水泳で減らすことができるようです。

前回は、なぜ水泳がスリムになるために優れた運動なのかを専門家に聞きました。今回は、体重を減らすために実際どのようにすればよいのか、コツと方法を紹介します。

体重を減らすには、どれくらい泳げばいい?

泳ぐ女性

image via shutterstock

激しく泳ぐか否かによります。1時間激しく泳いだ場合は、およそ800kcal燃焼。これを週に4回行うと、1か月で1〜2kg落ちます(約0.5kg落とすには、3500kcal燃焼する必要があります)。

もう少し穏やかな方がよければ、中くらいのペースで30分泳ぐと、およそ250kcal燃焼。これを週に4回行うと、1か月で0.5kgちょっと落とせます。

もちろん、誰もがひとりひとり違いますし、研究によると、同じ量の運動をしても人によって体重の減り方に差があります。

それでも、水泳のような運動を日常生活の一部にすれば、健康的な体重になって、そのまま維持することも可能。体重を落としたいなら、中くらいから激しいくらいの強度を目指すとよいかもしれません。例えば、1日1時間ほど泳ぐことを考えてみては。

水泳で最大の効果を得るには

ビート板

image via shutterstock

運動として泳いだことがなければ、ちょっと戸惑うかもしれませんが、簡単に始められます。そのために、専門家が教えるコツを少し。

やってみようかなという気になったら、近くのプールを探したり、地元のジムなどにプールがないか調べてみましょう。海などに出かけて泳いでみるのもおすすめです。

シンプルな泳ぎ方から始める

平泳ぎとクロールは覚えやすいので、初心者に向いています」と元アメリカ水泳チーム代表選手のステラ・メッツォバスさん。この2つをマスターしたら、背泳ぎやバタフライなど、もっと難しい泳ぎ方も試せます。

ビート板を使う

腰から太ももにかけて筋肉や靭帯が固くなっていると、足で水を蹴るのが大変で、不快にさえ感じるかもしれません。「でも、ビート板を使ってプールを往復すれば、固くなった部分をほぐすことができて、動きの幅を広くできます」(メッツォバスさん)。

ときどきスピードを上げる

高強度インターバルトレーニング(HIIT)は、激しい運動を加えて、さらにカロリーを燃やす優れた方法です」と説明するメッツォバスさん。強く、速く1往復泳ぎ、その後もっとゆっくりしたペースで2往復泳ぐ(心拍数を下げる)という繰り返しを、好きなだけやってみて。

呼吸に注意する

呼吸の仕方が間違っていると、リズムに乗るのが難しくなり、早く疲れてしまいます。

「多くの人が息継ぎのたびに、頭を高く上げ過ぎて、ストロークの流れを邪魔しています」と指摘するカプリオさん。頭を水から持ち上げるのではなく、口で呼吸できる分だけ頭を回す練習をしましょう、とすすめます。

運動を継続するには?

あなたのダイエットを成功に導く! 諦めない自分をつくる12の言葉

ダイエットはなかなか効果が出ないとネガティブになりがち。結果を出すためには、長期的な習慣がものを言います。つらい時を乗り切るためのパワフルな言葉をご...

https://www.mylohas.net/2019/04/189066pvn_positive2.html

8分を惜しまないで。座りっぱなしで死なないために毎日できること

1日中座っていなければならないとき、あなたは身体を動かそうとしていますか? 座りっぱなしを防ぐ方法と、健康によい座り方とは?

https://www.mylohas.net/2019/04/189171pvn_sitting2.html

Marygrace Taylor/How Swimming Can Help You Lose Weight and Get Stronger, According to Trainers/STELLA MEDIX Ltd.(訳)

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. ふくらはぎがパンパン! 足のむくみをスッキリ解消する方法

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ダイエット中でも食べたい、ひとつ約100kcalのバナナ焼きドーナツ

    7. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. うまくいってるとき、心が折れたとき──人生に欠かせない3冊の本

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 空気清浄だけじゃない、観葉植物が身体にもたらすメリット8つ

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    8. ダイエット中のおやつに「飲むヨーグルト」。管理栄養士が飲むコツを伝授

    9. 「人前であがる人」の特徴は? たった2分で緊張が解ける裏技

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 「人前であがる人」の特徴は? たった2分で緊張が解ける裏技