1. Home
  2. BODY
  3. ぽっこりお腹は水泳で凹む。ランニングよりもいい理由

ぽっこりお腹は水泳で凹む。ランニングよりもいい理由

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

10,642

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

泳ぐ女性

ランニングと筋トレが、体重を減らせる運動のツートップ。では、水泳は?

「体重を減らすことができる」と言うのは、元水泳コーチで赤十字水難防止インストラクターのステーシー・カプリオさん。「水泳は、身体全体の調子を整えてスリムになれる、とてもよい運動」と言います。腕と脚を使って浮き、背中の筋肉を使って前進。その上、ウォーキングやジョギングのようなほかの有酸素運動に飽きたら、ちょうどよい気分転換にもなります。

とくにうれしいのは、水泳選手のようなきついトレーニングをしなくても、効果があるところ。なぜ水泳がスリムになるために優れた運動なのか、専門家に聞きました。

なぜ水泳をすると、体重が減るの?

水泳

image via shutterstock

ほかのカーディオトレーニングと同じく、水泳もカロリーを燃やして体重を減らしてくれます。ウォーキングやジョギングと違い、水中を動くために大きな抵抗を受けるので、筋肉をたくさん使うのがその理由です。

「水泳は上半身、下半身、体幹のすべてを同時に引きしめてくれ、全身の運動になるとともに、ランニングのようなほかの有酸素運動よりも、筋肉を全体的に鍛えることができます」と、カプリオさん。例えば、平泳ぎとバタフライは肩、腕、胸の筋肉に効果があり、背泳ぎは背中、腹部、太ももを鍛えます

このように多くの筋肉を鍛えるため、燃やすカロリーもアップ。わずか30分の平泳ぎで、およそ367kcal使いますし、クロールならおよそ404kcal。同じ30分でも、早歩きで100kcal、時速10kmのランニングで300kcalですから、比べてみるとわかります。

いいところをもうひとつ。水泳が脂肪を燃やしてくれる効果は、わりあい早く実感できます。中年の女性を対象に、定期的に水泳をするグループとしないグループに分けて比較した研究によると、週に3回60分泳いだグループは、わずか12週間で体脂肪が相当に減りました。持久力と身体の柔軟性も向上。コレステロール値まで下がったそう。

ぽっこりお腹にも水泳はいい?

お腹

image via shutterstock

水泳を含めてカロリーを燃やす運動は何でも、身体中の脂肪を落としてくれます。もちろん、おなかの周りも。

さらに、体幹を重点的に鍛えるタイプの水泳エクササイズもあります。クロールのバタ足(下腹部に効果)やバタフライのドルフィンキック(腹部を斜めに走る“斜筋”を鍛える)などです。

事実、運動リハビリの専門誌『ジャーナル・オブ・エクササイズ・リハビリテーション』誌で報告された2015年の研究によると、週に3回泳いだ女性は、週に3回ウオーキングをした女性よりも、ウエストとヒップの周りの脂肪をたくさん落としました。

さらにうれしいことに、水泳のような水中で行うワークアウトは身体に加わる衝撃が小さいため、腰やひざ、足に優しいのです。「ランニングのような地面から衝撃を受ける運動に比べて、水泳は身体に大きなダメージを与えずに心臓と筋肉を鍛えることができます」(カプリオさん)

後編に続きます。

運動で効率よくしまった身体を

筋トレは週2回で本当にいいの? ベストな頻度をトレーナーが伝授

30代を過ぎると重要なのは有酸素運動。落ちていく筋肉を維持し、鍛えるために効果的な筋トレの仕方とは?

https://www.mylohas.net/2019/05/190997pvn_muscle.html

さらば、タプタプ二の腕!すぐ結果がでる6つの筋トレ【動画あり】

今回のテーマは「すぐ結果が出るトレーニング」。運動をしていない、これから始めないとと思っている人向けにおすすめな6つのトレーニングを動画つきでご紹介...

https://www.mylohas.net/2019/05/190432_spct02.html

Marygrace Taylor/How Swimming Can Help You Lose Weight and Get Stronger, According to Trainers
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. ふくらはぎがパンパン! 足のむくみをスッキリ解消する方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ダイエット中でも食べたい、ひとつ約100kcalのバナナ焼きドーナツ

    7. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. うまくいってるとき、心が折れたとき──人生に欠かせない3冊の本

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 空気清浄だけじゃない、観葉植物が身体にもたらすメリット8つ

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    8. ダイエット中のおやつに「飲むヨーグルト」。管理栄養士が飲むコツを伝授

    9. 「人前であがる人」の特徴は? たった2分で緊張が解ける裏技

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 「人前であがる人」の特徴は? たった2分で緊張が解ける裏技