1. Home
  2. MIND
  3. 瞑想をすればオーガズムが深まる。新たな研究で判明

瞑想をすればオーガズムが深まる。新たな研究で判明

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

9,065

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

瞑想

image via shutterstock

瞑想にはストレスや不安を軽くしたり、痛みや倦怠感をやわらげたりする力があり、食生活を見直すきっかけにもなります。また、アンチエイジングや免疫力アップにもつながるようです。

しかし、その恩恵はなんとそれだけにとどまらないことが新たな研究でわかったそう。なんと、マインドフルネスや瞑想は、セックスもよりよいものにしてくれます。セクシャルな欲望を高め(さらには潤滑に)、性的に満足感が得られ、さらに自信を持てるようになるかもしれません。

「私たちは、心と体、つまりは身体の性的反応を結びつけようとしているのです」と語るのは、『Buddha’s Bedroom』の著者で、臨床心理学者、セックスセラピストであるシェリル・フレーザーさん。「本来、瞑想とは、対象物に意識を集中させることです。そしてすばらしいセックスとは、すべてあなたの頭の中で描き出されるものなのです」

では、セクシャルな瞑想とは一体どんなもので、どのようにやれば更なるオーガズムを感じられるようになるのでしょう? 専門家が解説します。

セクシャルな瞑想って、どんなもの?

カップル

image via shutterstock

まず、ある特定の瞑想が「セクシャルな瞑想」と呼ばれているわけではありません。その分野の専門家たちによって、より広い意味でのマインドフルネスや瞑想がセックスにどう生かされるか研究されているのです。

「専門用語はさておいて、つまりそれはマインドフルネスになるスキルを、セクシュアルな状況に活かそうとする取り組みなのです」とブリティッシュコロンビア大学性機能研究所の所長で、『Better Sex Through Mindfulness: How Women Can Cultivate Desire』の著者である医学博士のロリ・ブロットさん。

これまでのところ、セクシャルな瞑想はさまざまな解釈に基づき実践されています。広い意味でのマインドフルネスや瞑想や、セックスに注意をより向ける方法、また、パートナーと一緒にセクシュアルかつマインドフルな要素を含む運動や、セックス中に役立つマインドフルネスのトレーニングなどです。

セクシュアルな瞑想の効用

マインドフルネスや瞑想によって、あなたのセックスライフによい効果が期待できます。専門家がその最大の5つの効果を解説します。

1. ストレスが減り、セックスをより楽しめるようになる

カップル

image via shutterstock

「実は多くの人が、セックスをストレスに感じています」と、ブロットさん。

特に、セックス中になにかしら痛みを感じたり、セックスに自信が持てなかったり、パートナーとのコミュニケーションに問題がある場合にそうなるのだそう。

「セックス中になにかが不安だったり、セックスに集中できなかったりすると、それがストレスとなり、そのストレス刺激を身体がキャッチし、さまざまなマイナスな反応が引き起こされます」

そして身体に起こるそのようなストレス応答で、性的に興奮するのが難しくなります。「このストレス反応を抑えることができれば、もっと性的に興奮しやすくなるのです」とブロットさん。

マインドフルな状態にあるとき、副交感神経の働きが高まって、ストレスは軽減されます。それによりストレス応答に関係している交感神経とのバランスが取れて、その結果、より“今この瞬間を楽しめる”のです。

2. 今この瞬間に集中し、オーガズムに導かれる

セックス

image via shutterstock

「今この瞬間に、ただひたすら集中しましょう」と言うと、深みのない、単純な教えと思うかもしれませんとフレーザーさん。ですが、もしあなたがセックスの最中に、汚れたままの台所や、子どもの宿題を考えてしまうタイプであれば、それがいかに難しいことか、身に沁みてわかるはず。

「瞑想とは、意識を集中する能力であって、じつは私たちにとっては苦手なことなのです」とフレーザーさんは指摘します。その上で、「瞑想により意識を集中させると、五感が研ぎ澄まされます」と付け加えます。

キスの最中や触れ合っている瞬間に自分の意識を集中する、そうした能力を身に付けることができれば、よりパートナーと密な関係を築けるようになれるのです。

フレーザーさんはよい点として「セックスそのものが、より情熱的になる」と言います。パートナーに脚を触れられたり、首筋をなでられたりするときに、それに意識を集中させると、より強く感じることができます。

またブロットさんによると、瞑想によって脳で身体の内側を感じ取る「内受容感覚」が活発になる、つまり身体の各パーツの感覚にもっと敏感になるそう。

3. 性的な欲求が高まる

カップル

image via shutterstock

これは、本当です。 フレーザーさんによれば、マインドフルネスは性的な欲求を高めることがこれまでの研究でわかっているのだとか。「マインドフルネスを鍛え、それをセックスに活かせれば、よりセックスに対して積極的になれます」。

ヨガのマントラを聞いていきなり興奮させられるのではなく、マインドフルネスはお互いをじっくりと観察することで、性的な欲求を高めます。今その瞬間に起こっていることに集中できれば、よりセックスを楽しむことができるのです。

ブロットさんいわく「一度マインドフルネスを意識すると、それ以降もやる気が持続されやすい傾向にある」とのこと。

4. パートナーとの距離が近づく

カップル

image via shutterstock

あなたがどれだけセックスを楽しめるかは、とても大切なことです。しかしながら、セックスはまた、パートナーとのつながりや愛情でもあるのだとフレーザーさんは説明します。

今この瞬間に起きていることに集中できれば、同じ空間をシェアする相手のこともより意識するでしょう。そうすれば、その相手と有意義な時間を過ごせるようになるはず。

5. セックスに対して新鮮な気持ちになれる

カップル

image via shutterstock

「もし今この瞬間起こっていることに意識を集中できるようになれば、目新しさやワクワク感、そして、付き合い始めのあの頃のようなアツアツな親密感が生まれます」と、フレーザーさん。

つまり、マインドフルネスを鍛えることで、しばらく感じていなかったかもしれない、まるでハネムーンで感じるような気持ちにしてくれ、パートナーとのセックスをワクワク楽しめるものにできるのです。

明晩の『Prevention』で、セクシャルな瞑想の実践法を紹介します。

パートナーとの関係は良好?

嫉妬心に押しつぶされないで。ジェラシーをコントロールする方法

嫉妬する気持ちは人間だから仕方ないけれど、対処によっては大変なことに。専門家おすすめの嫉妬心に健全に対処する方法をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/05/191017sp_mental_pvn_jealousy2.html

もう離れた方がいい? パートナーとの危機を乗り越えるための8つのこと

結婚生活に問題を抱えているとき、離婚を考える前にできることは? ふたりの関係を改善するためのヒントを紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/05/190604pvn_marriage2.html

Cassie Shortsleeve/5 Ways Sexual Meditation Can Help You Have Better Sex
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析