1. Home
  2. BODY
  3. 治すだけじゃない、きれいにするところまでが治療/皮膚科医・上島朋子先生

治すだけじゃない、きれいにするところまでが治療/皮膚科医・上島朋子先生

Doctors

4,297

増田美加

上島先生

「この不調、どこに相談したらいいの?」「病院では、どう対処してくれるの?」と悩む一方で、いざ病院に行こうと思ったとき、「どこがいいのかわからない」「ネット検索してもどこまで信用していいのかわからない」。そんな思いに応える連載「MYLOHAS Doctors」。

VOL.5は、皮膚科トラブルを治すのはもちろん、その先のきれいにするところまでを目標にした治療を行う上島朋子(かみしま ともこ)先生(東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ 院長)を取材しました。

VOL.5 皮膚科/東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ 上島朋子先生

エントランス

  • 特に大切にしている診療(得意分野)は?

    一般皮膚科や美容皮膚科を幅広く行っていますが、ノアージュとしては、「No Age」の名前が示すとおり、「年齢にとらわれない健やかな美しさ」を目指す、エイジングケアを目的とした治療に力を入れています。シミ、シワ、たるみ、薄毛などの治療です。

    フェイシャルエステ

  • 皮膚科医になろうと思ったきっかけや動機は?

    もともとは病理医としての研究を行っていました。病理とは、その名前のとおり「病」の「理(ことわり・理由)」を研究する学問です。細胞や組織を調べて、それがどのように病気やトラブルにつながっているかを研究します。

    多くの方に馴染みがあるのは、胃カメラのときの生検でしょうか? 検査のために小さな粘膜部分を採取すると、その後は病理診断というものを行います。

    病理医に送られてきた組織を固定して染色し、顕微鏡下で診断します。悪性か良性かの判断だけではなく、どのような性質のできものか、炎症の程度はどの程度かなどを組織や細胞を見て診断するのです。

    また、不幸にして病気で亡くなられた場合、生前のご本人やご家族の意思により、病理解剖をすることもあります。一秒でも早く、ご遺体をご家族に返すため、深夜でも早朝でも主治医から連絡があれば駆けつけて行います。

    研究分野として行っていたのは、がん細胞を取り出して培養し、その性質からどのような薬が有効であるかを調べたり、創薬のアイデアになるようなメカニズムを探したりしていました

    そんな病理医の生活をしているうちに、自分のしている研究が臨床の場でどのように役立っているのか知りたいという気持ちが強くなっていきました。そこで組織や細胞だけでなく患者さまに向き合う臨床を経験したいと思い、顕微鏡を日常的に使う皮膚科に進むことにしました。

    皮膚科医は、皮膚を見て、触って、皮疹やできものの形や色をしっかり見極めて、目の前のこの患者さまにはどういう治療をすべきか、と考えます。形態学という観点から病理と皮膚科は、基本的なマインドセット(考え方の基本的な枠組み)が共通しており、病理出身の皮膚科医だからこその判断と理論的な治療をご提案したいと思っています。

  • 診察をするにあたって、大事にしていることは?

    診断

    病名は同じでも、病気はおひとりおひとり違います。同じように治療していても、効果がすぐに現れる人もいれば、なかなか現れない人もいます。同じお薬でも、副作用が出る人もいれば、出ない人がいます。ですから、今目の前にいる方にとって最適な治療をご提案したい、と思っています。できる限りの「パーソナルな治療」を目指していきたいですね。

    治療の経過中に、何か問題が生じることもあるかもしれません。そんなとき、その方の生活のリズムを変えずに可能な改善点を見つけ出し、問題解決の糸口を見つけるよう寄り添っていければと思っています。

    また、治療に関する提案は広いほうがいい、と思っています。たくさんの選択肢の中からメリット、デメリットを比較しながら、患者さまと一緒に優先順位を決めていくようにしています。

  • どんな悩みや不安をもつ女性たちに、受診してほしいと思っていますか?

    お悩みがある方は「どなたでも」いらしてください。「こんなことくらいでクリニックに行っていいのかな?」などと思わずに、まずは相談していただきたいです。

    患者さまによっては、たとえば、蕁麻疹やアトピーなど、治療に長い期間を要するトラブルを抱えた方もいらっしゃいます。

    患者さまは「すぐにきれいにしたい」とどうしても期待されますし、その気持ちも痛いほどわかるのですが、じっくり、腰をすえて治療を継続しなければならない病気もあります。そんなときは、「ゆっくり、しっかりやりましょう」とお話します。

    また、トラブルを抱えた方は、そのトラブルを「治す」ことに精一杯で、「きれいになる」ための治療に対して臆病な方もいらっしゃいます。そんな方も、ぜひあきらめずに本音で相談していただきたいです。難しい病気がある場合は病気をコントロールしつつ、きれいになる方法を探していきましょう。

    タイタン

  • 先生ご自身が日常生活で健康のために、気をつけていることは?

    とにかく、しっかり食べます。お肉もお野菜も大好きでしっかり食べます。

    それから、早く眠ります。23時くらいには就寝するようにし、朝に調べものやメールの返信などをしています。

    また、最近気をつけるようにしているのは、「やり過ぎ注意」です。集中して「やり過ぎ」ると、体が悲鳴を上げていることに気付かず、体調不良にも気付かず、結局は患者さまや周囲のスタッフに迷惑をかけてしまいます。「情熱的に」、でも「ほどほどに」と、自分に言い聞かせるようになりました。

    これは私だけではなく、働く大人の女性全般に言えることだと思います。日本の元気は、そんな大人の女性たちのがんばりのおかげ! ですから。

    施術室

  • 診療内容、料金目安、薬の処方方法は?

    一般皮膚科、美容皮膚科、一般形成外科、美容系背外科、血管外科(上島先生の診療内容:一般皮膚科、美容皮膚科)。保険診療はもちろん、フォトフェイシャル、ピコレーザー、タイタン、ジェネシス、水光HARG療法など、美容皮膚科の治療全般。

    診療費目安(自費の場合の例、すべて税込)

    • フォトフェイシャル 27,000円〜 (トライアル 21,600円)
    • ピコレーザー 27,000円〜
    • 水光HARG療法(育毛) 63,720円〜

    薬は院外処方。ノアージュのあるミッドタウン・タワー6階の同フロアに調剤薬局あり。

Doctorsをもっと読む

シミ、たるみなど肌トラブルをオーダーメイドで治療/皮膚科医・慶田朋子先生

いざ病院に行こうと思ったとき、どこに行けばいいのかわからない。そんな思いに応える連載「MYLOHAS Doctors」がスタート! 第一回目は、シミ...

https://www.mylohas.net/2019/04/184526doctors_01.html

ニキビあとをきれいに治し、危険なホクロを見極める/皮膚科医・赤須玲子先生

いざ病院に行こうと思ったとき、どこに行けばいいのかわからない。そんな思いに応える連載「MYLOHAS Doctors」がスタート! 第三回目は、“大...

https://www.mylohas.net/2019/05/188751doctors_03.html

クリニック内観

東京ミッドタウン皮膚科形成外科Noage(ノアージュ)

診療時間:月~金10:00~19:00 土・祝10:00~18:00
休診日:日
住所:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー6階
電話:03-5413-0082

上島先生

上島朋子(かみしまともこ)先生
東京ミッドタウン皮膚科形成外科Noage(ノアージュ) 院長・医学博士。1992年新潟大学医学部卒業。1996年新潟大学大学院修了。東邦大学医学部大森病院、栃木県立がんセンター、財団法人鎌倉病院皮膚科部長を経て、2016年8月よりノアージュ勤務。1999年より10年間、非常勤医師として神奈川美容外科クリニックに勤務。2018年5月より東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ院長に就任。

インタビュー・執筆/増田美加(女性医療ジャーナリスト)

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析