1. Home
  2. BODY
  3. 意外な場所が凝ってるのかも? 頭痛をやわらげる6つのヒント

意外な場所が凝ってるのかも? 頭痛をやわらげる6つのヒント

頭痛のキホン

4,374

MYLOHAS編集部

頭痛の女性

大事なときに頭痛に襲われたり、頭が痛すぎて吐き気がしてきたり。頭痛に悩む人におくる、すぐに解消したいときの頭痛対策マッサージや、ひどい頭痛に潜む病気のサインなど6つの記事をお届けします。

10秒で頭痛が消えた!? 意外な場所のマッサージ

頭痛がある女性

肩や首、アゴが硬くなり、絶え間ない頭痛に襲われていた筆者。

理学療法士がおこなったのは、「咬筋リリース(緊張の解放)」という、ごく簡単な動作でした。不思議なほどアゴの緊張がなくなり、ものの10秒で頭痛が消え去ったというマッサージ法をご紹介します。

理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

医師が教える、片頭痛をやわらげる1分マッサージ

頭痛がある女性

つらい片頭痛、なんとかしたいもの。片頭痛が起きる原因は人によってさまざまですが、主に「ストレス、睡眠サイクルの変化、ホルモンのバランスの失調、カフェインの摂取過多」などが挙げられるそう。

早く治したいときに医師がすすめる、ペパーミントの精油を使ったマッサージを試してみませんか?

片頭痛をやわらげる1分マッサージを、頭痛専門の神経科医が伝授

更年期による頭痛。効く漢方薬は?

頭痛がある女性

更年期症状による頭痛に悩んでいたら、漢方薬が役立つかもしれません。自分の体質に合った漢方薬を正しく選べば、1包で効果を感じることも少なくないそう。

記事で紹介している漢方薬をチェックして、医師に相談してみましょう。

更年期の症状に効く漢方薬は、どれ?

ズキズキする激い頭痛は、「脳動脈瘤」のせいかも

頭痛がある女性

激しい頭痛。それは病のサインかもしれません。

カリブ海のバカンス中にいきなり倒れた女性が感じたひどい頭痛は、「脳動脈瘤」が原因でした。脳動脈瘤の症状とは?

「脳動脈瘤」のせいかも。ズキズキする激しい頭痛、見過ごさないで

二日酔いだと思ったら脳腫瘍!? 疑うべき6つのサイン

頭痛がある女性

お酒を飲んだ翌朝にひどい頭痛に襲われた、23歳のクリスティーナさん。二日酔いだろうと思っていたら、実は進行性の脳腫瘍と判明

脳腫瘍を疑うべき、6つのサインをご紹介します。

ひどすぎる二日酔いの頭痛は脳腫瘍のおそれも。疑うべき6つのサイン

20代にもある「クモ膜下出血」。よくあるサインは?

エミリア・クラーク

テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」でおなじみのエミリア・クラーク。彼女は24歳のとき、クモ膜下出血で倒れた経験を持ちます。

命にも関わる、クモ膜下出血。ひどい頭痛をはじめ、よくあるサインとは?

まるで稲妻のような頭痛! 20代にもある「クモ膜下出血」とは?

頭痛をすばやく治したい

不調を癒したい。おすすめメディカルハーブティー3選+1

ハーバリズムという学術研究で実証されたメディカルハーブは、ぜひ取り入れたいアイテムのひとつ。各々の症状、体質、ライフスタイルに合うものがきっと見つか...

https://www.mylohas.net/2018/11/180114medical_herbs.html

二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

二日酔いに悩まされていませんか? 頭痛に吐き気……。あんなに飲んだことを後悔しても、時すでに遅し。そんな人に試してみてほしい、二日酔いになった時に効...

https://www.mylohas.net/2018/10/177701hangover.html

文/寺田佳織(マイロハス編集部)、image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 仕事中に卵巣嚢胞が破裂! どれだけ痛いのか体験者に聞いた

    3. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    4. 栄養士がおやつに推薦! ビタミンE&タンパク質たっぷりなアーモンドの栄養

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. 心身を健康に、人間関係も向上する夜習慣

    7. 肩こりや腰痛、全身のコリにも。楽天で買えるフォームローラー5選

    8. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    9. おうちアイテムをリーズナブルに。イオンならキッチングッズも大充実【プレゼント】

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    7. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    9. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた