1. Home
  2. SPORTS
  3. アディダスがランイベントを開催。ランニングで海を守る取り組みって?

アディダスがランイベントを開催。ランニングで海を守る取り組みって?

知恵子

RUN FOR THE OCEANS

2019年6月8日(土)は「世界海洋デー(World Oceans Day)」です。世界の海の日。国を越えて海を祝い、感謝する機会です。

アディダス(adidas)はこの世界海洋デーに合わせ、6月8日(土)~6月16日(日)の期間中、海洋プラスチック汚染に対するグローバルムーブメント「RUN FOR THE OCEANS (ラン フォー ジ オーシャンズ)」を実施。6月15日(土)には、東京の葛西臨海公園・葛西海浜公園にてランニングイベントも開催します。

海を守るためのアプローチ

RUN FOR THE OCEANS

世界の海には5兆片以上のプラスチックゴミが浮遊し、毎分トラック1台分のゴミが海に捨てられているそう。生分解されず、小さな断片になったプラスチックを鳥や魚が食べ、その鳥や魚を私たちが食べる、という悪循環が生じています。

これを断ち切るための最初のステップとしてあるのが、リサイクル活動。そして最終的にプラスチックを排除するためには、これまでの自分たちの考え方や習慣を変える必要があるのです。

こうした海洋プラスチック汚染の環境問題への意識を高めるべく、アディダスは2017年に「RUN FOR THE OCEANS」を立ち上げました。2018年には世界で約100万人のランナーたちが集結し、海洋環境保護団体「Parley for the Oceans」に100 万ドルを寄付

集められた資金は、プラスチック汚染の影響を受ける海岸沿いのエリアに暮らす10 万人の若者たちとその家族に対し、アクションを起こすための教育とサポートを直接提供する「Parley Ocean School Program」のために活用されています

楽しく参加するだけで貢献できる

RUN FOR THE OCEANS

このムーブメントに参加する方法は3つ。ひとつはデジタル・チャリティランの参加です。ランニングアプリ「Runtastic」を使って、チャレンジに申し込みます。すると自身の走った距離がアプリ上でカウントされ、1kmカウントごとに1ドルが「Parley Ocean School Program」に寄付されるという仕組み。

RUN FOR THE OCEANS

2つめは、6月15日(土)開催のランニングイベント「RUN FOR THE OCEANS IN TOKYO」への参加。ランニングだけでなく、ビーチヨガやピラティス、またステージプログラムやワークショップなども予定しています。

Alphabounce+ Parley

2019年5月30日発売した「Alphabounce+ Parley」。10,789円(税込)

3つめはアディダスの「Alphabounce+ Parley」を履くこと。プラスチック廃棄物をアップサイクル(元の製品よりも価値の高い製品を生み出すこと)して生まれた素材、PARLEY OCEAN PLASTICを採用したシューズです。

プラスチックを海に流出させない取り組みに貢献できる、これらのアクションを通じて、私も海洋汚染や環境保護の大切さを改めて考えたいと思います。

「RUN FOR THE OCEANS IN TOKYO」

日時:2019年6 月15日(土) 10時~18時
※開場:9時30分(予定)
場所:葛西臨海公園・葛西海浜公園(東京都江戸川区臨海町 6 丁目2)JR京葉線「葛西臨海公園」下車 徒歩1分
メイン会場:潮風の広場
参加可能プログラム:ランニング/ビーチヨガ/トレーニング/ピラティス、海洋環境に関するトークショー、ゲストアーティストによるLIVE、フォトスポット、海洋保護の取り組みに関する特設ブースの設置など
※ランニング時はRuntasticを起動して頂きます。
ゲスト:SNS・HP にて後日発表
参加費用:500円
参加方法:申し込みサイトよりエントリー

Adidas runfortheoceans

あなたにとって「走る」とは?

7年間走り続ける理由は? 「旅×ラン」は人生を変えるかもしれない

やってみないとわからない。そのひとつにランニングがあります。かつて自分もわざわざ貴重な時間を走ることに費やす意味がわかりませんでした。辛いし、何が楽...

https://www.mylohas.net/2019/01/180810travel_running.html

ファッションプレス金子佳由さん|My Favorite Sports vol.019

ファッションプレスとして、毎日忙しくしている金子さん。まだ20代ながらも、健康な体作りを意識してウォーキングから始めたところ、ランニングへと行きつい...

https://www.mylohas.net/2018/12/myfavoritesports_019.html

    specialbunner

    Ranking

    1. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    4. ひどい肩こり解消エクササイズ「チャイルドポーズ」

    5. 高血圧や動脈硬化の危険性も。ダイエットによる「内臓肥満」を防ぐ方法

    6. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    7. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    8. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    9. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    10. ヨガインストラクター・ヨシミさん|My Favorite Sports vol.39

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    7. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    8. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    9. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    10. やせる体を作る方法。100回の腹筋よりおすすめの運動って?

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!