1. Home
  2. SPORTS
  3. アディダスがランイベントを開催。ランニングで海を守る取り組みって?

アディダスがランイベントを開催。ランニングで海を守る取り組みって?

知恵子

RUN FOR THE OCEANS

2019年6月8日(土)は「世界海洋デー(World Oceans Day)」です。世界の海の日。国を越えて海を祝い、感謝する機会です。

アディダス(adidas)はこの世界海洋デーに合わせ、6月8日(土)~6月16日(日)の期間中、海洋プラスチック汚染に対するグローバルムーブメント「RUN FOR THE OCEANS (ラン フォー ジ オーシャンズ)」を実施。6月15日(土)には、東京の葛西臨海公園・葛西海浜公園にてランニングイベントも開催します。

海を守るためのアプローチ

RUN FOR THE OCEANS

世界の海には5兆片以上のプラスチックゴミが浮遊し、毎分トラック1台分のゴミが海に捨てられているそう。生分解されず、小さな断片になったプラスチックを鳥や魚が食べ、その鳥や魚を私たちが食べる、という悪循環が生じています。

これを断ち切るための最初のステップとしてあるのが、リサイクル活動。そして最終的にプラスチックを排除するためには、これまでの自分たちの考え方や習慣を変える必要があるのです。

こうした海洋プラスチック汚染の環境問題への意識を高めるべく、アディダスは2017年に「RUN FOR THE OCEANS」を立ち上げました。2018年には世界で約100万人のランナーたちが集結し、海洋環境保護団体「Parley for the Oceans」に100 万ドルを寄付

集められた資金は、プラスチック汚染の影響を受ける海岸沿いのエリアに暮らす10 万人の若者たちとその家族に対し、アクションを起こすための教育とサポートを直接提供する「Parley Ocean School Program」のために活用されています

楽しく参加するだけで貢献できる

RUN FOR THE OCEANS

このムーブメントに参加する方法は3つ。ひとつはデジタル・チャリティランの参加です。ランニングアプリ「Runtastic」を使って、チャレンジに申し込みます。すると自身の走った距離がアプリ上でカウントされ、1kmカウントごとに1ドルが「Parley Ocean School Program」に寄付されるという仕組み。

RUN FOR THE OCEANS

2つめは、6月15日(土)開催のランニングイベント「RUN FOR THE OCEANS IN TOKYO」への参加。ランニングだけでなく、ビーチヨガやピラティス、またステージプログラムやワークショップなども予定しています。

Alphabounce+ Parley

2019年5月30日発売した「Alphabounce+ Parley」。10,789円(税込)

3つめはアディダスの「Alphabounce+ Parley」を履くこと。プラスチック廃棄物をアップサイクル(元の製品よりも価値の高い製品を生み出すこと)して生まれた素材、PARLEY OCEAN PLASTICを採用したシューズです。

プラスチックを海に流出させない取り組みに貢献できる、これらのアクションを通じて、私も海洋汚染や環境保護の大切さを改めて考えたいと思います。

「RUN FOR THE OCEANS IN TOKYO」

日時:2019年6 月15日(土) 10時~18時
※開場:9時30分(予定)
場所:葛西臨海公園・葛西海浜公園(東京都江戸川区臨海町 6 丁目2)JR京葉線「葛西臨海公園」下車 徒歩1分
メイン会場:潮風の広場
参加可能プログラム:ランニング/ビーチヨガ/トレーニング/ピラティス、海洋環境に関するトークショー、ゲストアーティストによるLIVE、フォトスポット、海洋保護の取り組みに関する特設ブースの設置など
※ランニング時はRuntasticを起動して頂きます。
ゲスト:SNS・HP にて後日発表
参加費用:500円
参加方法:申し込みサイトよりエントリー

Adidas runfortheoceans

あなたにとって「走る」とは?

7年間走り続ける理由は? 「旅×ラン」は人生を変えるかもしれない

やってみないとわからない。そのひとつにランニングがあります。かつて自分もわざわざ貴重な時間を走ることに費やす意味がわかりませんでした。辛いし、何が楽...

https://www.mylohas.net/2019/01/180810travel_running.html

ファッションプレス金子佳由さん|My Favorite Sports vol.019

ファッションプレスとして、毎日忙しくしている金子さん。まだ20代ながらも、健康な体作りを意識してウォーキングから始めたところ、ランニングへと行きつい...

https://www.mylohas.net/2018/12/myfavoritesports_019.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた