1. Home
  2. MIND
  3. 自己肯定感が低い人の特徴とは? 他人に振り回されないヒント

自己肯定感が低い人の特徴とは? 他人に振り回されないヒント

30日間の「自己肯定感を上げる方法」

35,423

島田ゆかり

人々

自己肯定感が低い人は、「他者目線」になりがちです。他者からの評価で自分の価値を維持しようとする人が、自己肯定感の低い人の特徴ともいえます。自分の行動、自分の発言を他人がどう思っているか常に気になるのです。

自己肯定感が高い人は、他人の評価により自分の価値を左右されないため、相手の顔色をうかがって、一喜一憂することはありません。

たとえば、渡したプレゼントを気に入ってもらえなかった、誘ったイベントがつまらなそう、よかれと思ってしてあげたことが、実は迷惑だったのではないか……。これらはすべて、相手の好みの問題であり、自分を責める必要はありません

アドラー心理学では「課題を切り離す」といいますが、相手が喜んでも喜ばなくても、感謝されてもされなくても、自分がよかれと思ってしてあげたということが「事実」であり、相手の好みは相手の課題なのです。

「私はAさんが喜ぶと思って、このプレゼントを選んだ」という行動は、自分に思いやりやホスピタリティがあったという事実ですから、その部分に目を向けて、自分を肯定してあげることが大切です。

30日間の「自己肯定感を上げる方法」をもっと見る

川野泰周先生

川野泰周(かわの たいしゅう)先生
臨済宗建長寺派林香寺住職/RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック副院長。2005年慶応義塾大学医学部医学科卒業。臨床研修修了後、慶應義塾大学病院精神神経科、国立病院機構久里浜医療センターなどで精神科医として診療に従事。2011年より大本山建長寺専門道場にて3年半にわたる禅修行を行った。現在は寺務の傍ら精神科診療にあたり、マインドフルネスや禅の瞑想を積極的に取り入れた治療を行う。著書に『ずぼら瞑想』(幻冬舎)、『会社では教えてもらえない 集中力がある人のストレス管理のキホン』(すばる舎)などがある。精神保健指定医・日本精神神経学会認定専門医・医師会認定産業医。

気にしすぎはやめてみよう

被害妄想から抜け出すための「心理療法」7ステップ

認知行動療法の中から、「コラム法」という落ち込んだときやマイナス思考になったときに使える方法を紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/05/190761sp_mental_cognitivebehavior03.html

マウンティングや他人の評価に振り回されずに、自分らしく生きる方法

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。今回は、マウンティングや他人の評...

https://www.mylohas.net/2019/01/mind02.html

取材・文/島田ゆかり、image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析