1. Home
  2. BODY
  3. アイスクリーム頭痛とは。冷たいものを食べると頭が痛くなるのはなぜ?

アイスクリーム頭痛とは。冷たいものを食べると頭が痛くなるのはなぜ?

頭痛のキホン

5,751

MYLOHAS編集部

アイスクリーム頭痛

image via Shutterstock

1年で、かき氷やアイスがもっともおいしく感じられるのは、やっぱり夏。

しかし、冷たいものにつきものなのが激しい頭の痛み。あの「キーン」とする頭痛は、なぜ起こるのでしょうか。教えてくれたのは、埼玉国際頭痛センター長の坂井文彦先生です。

脳が冷たさを「痛み」と勘違いしている

アイスクリーム頭痛

image via Shutterstock

冷たいものを食べて頭に感じる痛みは、れっきとした「頭痛」で、「アイスクリーム頭痛」「かき氷頭痛」といった名称が医学用語として認められているのだとか。国際頭痛学会では、これらの頭痛を「寒冷刺激による頭痛」と分類しています。

冷たいのは口なのに、なぜ頭に痛みが走るのか。それにはふたつの理由が考えられるそうです。

「ひとつは、冷たいという情報が脳に伝わるときに『混線』を起こしてしまうというもの。冷たさを感じる神経と痛みを感じる神経はとても近いところにあり、神経の中継局となるところで混線して、痛みとして伝わってしまうと考えられています」(坂井先生)

もうひとつは、「頭部の血管が一時的に炎症を起こす」という理由。かき氷を口にして少ししてから痛みが出てくるのは、口に入れてから炎症が起きるまでに多少の時間がかかるため。冷たさは、脳にとってそれだけ大きな刺激になるというわけです。

アイスクリーム頭痛を避ける方法は?

ice_03

とはいえ、冷たさによる頭痛が体に悪影響を及ぼすことはないそうなのでご安心を。「つらい痛みを避けたいなら、ゆっくりと少しずつ食べれば痛みはマシになるでしょうね」と坂井先生。

30代40代の女性に多い慢性頭痛のひとつに「片頭痛」がありますが、片頭痛も頭部の血管の拡張・炎症が原因となって起こります。激しい痛みが半日から、長い人では3日も続き、寝込んでしまうほどのつらさです。

アイスクリーム頭痛は何分も続きませんが、あの痛みが1日続く片頭痛は本当に大変なんです。もしまわりに片頭痛持ちの方がいたら、その苦しみを想像してあげてくださいね」(坂井先生)

片頭痛の応急処置のひとつに、保冷剤や冷たいペットボトルを頭部にあてるなどして「頭部を冷やす」ということが挙げられます。冷やすことが痛みの原因である「血管の拡張・炎症」を抑え、また痛みを紛らわす信号にもなり、アイスクリーム頭痛にも有効だとされています。

冷たいものを食べて起こる頭痛の明らかなメカニズムはまだ100%解明されていないのが実情ですが、研究はアイスクリームやかき氷が好まれる日本や台湾が進んでいるというのもおもしろいですね。

痛みが起こる理由や対処法を知ったからには、この夏は恐る恐るかき氷を口に運ばなくても済みそうです。

坂井 文彦先生
埼玉国際頭痛センター(埼玉精神神経センター内)センター長。1969年、慶應義塾大学医学部卒業後、同内科学教室に入局し、神経内科および脳循環・代謝の研究を始める。北里大学医学部神経内科学教授、埼玉医科大学客員教授などを経て、現職。日本頭痛学会、国際頭痛学会の理事長など重職を歴任した頭痛治療の世界的名医。『「片頭痛」からの卒業』(講談社現代新書)他、著書・監修書多数。

頭痛を知る

意外な場所が凝ってるのかも? 頭痛をやわらげる6つのヒント

頭痛に悩む人におくる、すぐに解消したいときの頭痛対策マッサージ、ひどい頭痛に潜む病気のサインなど6つの記事をお届けします。

https://www.mylohas.net/2019/06/191906sp_headache_matome.html

【アンケート】みなさんの「頭痛」について教えてください

日頃感じている「頭痛」の症状やタイミングなどアンケートで具体的に教えてください。専門家に聞いてみたい疑問やお悩みなども募集中です。

https://www.mylohas.net/2019/06/191863sp_headache_questionnaire.html


    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由