1. Home
  2. BODY
  3. だらしないのと似ている甲状腺の不調。横になりたい、ど忘れする…

だらしないのと似ている甲状腺の不調。横になりたい、ど忘れする…

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

26,522

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

疲れ

首のところにあるチョウチョの形をした分泌腺である「甲状腺」は、身体の中でも影響力の大きな器官のひとつです。新陳代謝の調節、つまり細胞が栄養分をエネルギーに変えて、どんなふうに使うかを調節しています。最終的には、身体の状態を保つために欠かせないのです。

甲状腺の不調は気づきにくい、と言われます。前編に引き続き、わかりにくい「甲状腺の不調のサイン」をお届けします。

  1. 気分がふさぐ、不安を感じる
  2. 完全に疲れ切っている
  3. 骨量が減った
  4. 頭がぼんやりしている
  5. 生理不順

1. 気分がふさぐ、不安を感じる

コーヒー

「甲状腺の活性不足は、うつ症状につながる場合があります」と、ペンシルベニア大学ペレルマン医学大学院内分泌・糖尿病・代謝学部の内科学教授でアン・カッポラ医師は指摘します。甲状腺ホルモンが少なすぎると体内システムの働きが滞って、うつ病のような症状が現れます

また、精神疾患の専門誌『BMCサイカイアトリー』で報告された研究によると、甲状腺の自己免疫性障害(まちがって自分の身体を攻撃してしまう自己抗体が原因の障害)は、不安症や気分障害と関連。その理由は医師にも正確にはわかっていませんが、いろいろな研究の結果から、甲状腺ホルモンがセロトニン(気分がよくなる脳内化学物質)の量に影響するせいではないかと考えられています。

甲状腺の活性不足とは逆に、活性過剰で体内システムが活発になりすぎると、不安障害の症状が出る結果に。

2. 完全に疲れ切っている

疲れた女性

誰でも疲れることはありますが、甲状腺の働きがおかしくなってホルモンが減りすぎた場合の症状は、いつでも横になりたいほどの激しい疲労感。甲状腺ホルモンが全身のエネルギーバランスに影響するからです。

内分泌学の専門誌『ヨーロピアン・ジャーナル・オブ・エンドクリノロジー』で報告された2012年の研究によると、甲状腺機能低下症(別名、甲状腺活性不足)の人は、心身がひどく疲れたと感じ、意欲が低下して、活動的ではなくなります。

3. 骨量が減った

脈を測る女性

たいてい年齢とともに骨密度は下がり始めますが、甲状腺の活性が過剰だとそれが加速されます。甲状腺ホルモンが多すぎると身体は異化作用状態、つまり分解モードになりますから、骨も分解されて弱くなり、骨粗しょう症のリスクがアップ

4. 頭がぼんやりしている

雲

鍵をどこに置いたかわからなくなる、同僚の名前をど忘れする、誰でも経験していますよね。

確かに歳のせいもあるかもしれませんが、実は脳も甲状腺の影響を免れないのです。甲状腺ホルモンが少ないと、集中力と記憶力に影響が出ます。

5. 生理不順

生理

甲状腺は、性ホルモンを含め体内のほかのホルモンの活動にも影響します。そのため、生理不順や経血が多すぎる(あるいは少なすぎる)などの症状が。生理が止まるとか、不妊症になるケースまであります。

いつもと違う、は病気のサインかも

のどが渇いて仕方がない? 糖尿病やドライマウスが原因かも

「ひどいのどの渇きは、健康に問題があることを知らせている身体からのサインかもしれない」と、医師は説明します。要注意なサイン6つをチェックしてみましょ...

https://www.mylohas.net/2019/05/190903pvn_thirsty.html

ただの腹痛や下痢じゃないかも。お腹の難病「クローン病」とは?

クローン病の症状は、腹痛が起きたり、何度もトイレに行かなければならなかったりするばかりではありません。どんな病気なのでしょうか?

https://www.mylohas.net/2019/05/190486pvn_crohn.html

Christine Yu/Red Flags You Could Have a Serious Thyroid Problem
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    Ranking

    1. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    5. 糖質制限と脂質制限ダイエット。管理栄養士がメリット・デメリットを解説

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    10. 目に悪影響? コンタクトレンズをつけてシャワーを浴びてはいけない

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと