1. Home
  2. BODY
  3. だらしないのと似ている甲状腺の不調。横になりたい、ど忘れする…

だらしないのと似ている甲状腺の不調。横になりたい、ど忘れする…

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

27,752

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

疲れ

首のところにあるチョウチョの形をした分泌腺である「甲状腺」は、身体の中でも影響力の大きな器官のひとつです。新陳代謝の調節、つまり細胞が栄養分をエネルギーに変えて、どんなふうに使うかを調節しています。最終的には、身体の状態を保つために欠かせないのです。

甲状腺の不調は気づきにくい、と言われます。前編に引き続き、わかりにくい「甲状腺の不調のサイン」をお届けします。

  1. 気分がふさぐ、不安を感じる
  2. 完全に疲れ切っている
  3. 骨量が減った
  4. 頭がぼんやりしている
  5. 生理不順

1. 気分がふさぐ、不安を感じる

コーヒー

「甲状腺の活性不足は、うつ症状につながる場合があります」と、ペンシルベニア大学ペレルマン医学大学院内分泌・糖尿病・代謝学部の内科学教授でアン・カッポラ医師は指摘します。甲状腺ホルモンが少なすぎると体内システムの働きが滞って、うつ病のような症状が現れます

また、精神疾患の専門誌『BMCサイカイアトリー』で報告された研究によると、甲状腺の自己免疫性障害(まちがって自分の身体を攻撃してしまう自己抗体が原因の障害)は、不安症や気分障害と関連。その理由は医師にも正確にはわかっていませんが、いろいろな研究の結果から、甲状腺ホルモンがセロトニン(気分がよくなる脳内化学物質)の量に影響するせいではないかと考えられています。

甲状腺の活性不足とは逆に、活性過剰で体内システムが活発になりすぎると、不安障害の症状が出る結果に。

2. 完全に疲れ切っている

疲れた女性

誰でも疲れることはありますが、甲状腺の働きがおかしくなってホルモンが減りすぎた場合の症状は、いつでも横になりたいほどの激しい疲労感。甲状腺ホルモンが全身のエネルギーバランスに影響するからです。

内分泌学の専門誌『ヨーロピアン・ジャーナル・オブ・エンドクリノロジー』で報告された2012年の研究によると、甲状腺機能低下症(別名、甲状腺活性不足)の人は、心身がひどく疲れたと感じ、意欲が低下して、活動的ではなくなります。

3. 骨量が減った

脈を測る女性

たいてい年齢とともに骨密度は下がり始めますが、甲状腺の活性が過剰だとそれが加速されます。甲状腺ホルモンが多すぎると身体は異化作用状態、つまり分解モードになりますから、骨も分解されて弱くなり、骨粗しょう症のリスクがアップ

4. 頭がぼんやりしている

雲

鍵をどこに置いたかわからなくなる、同僚の名前をど忘れする、誰でも経験していますよね。

確かに歳のせいもあるかもしれませんが、実は脳も甲状腺の影響を免れないのです。甲状腺ホルモンが少ないと、集中力と記憶力に影響が出ます。

5. 生理不順

生理

甲状腺は、性ホルモンを含め体内のほかのホルモンの活動にも影響します。そのため、生理不順や経血が多すぎる(あるいは少なすぎる)などの症状が。生理が止まるとか、不妊症になるケースまであります。

いつもと違う、は病気のサインかも

のどが渇いて仕方がない? 糖尿病やドライマウスが原因かも

「ひどいのどの渇きは、健康に問題があることを知らせている身体からのサインかもしれない」と、医師は説明します。要注意なサイン6つをチェックしてみましょ...

https://www.mylohas.net/2019/05/190903pvn_thirsty.html

ただの腹痛や下痢じゃないかも。お腹の難病「クローン病」とは?

クローン病の症状は、腹痛が起きたり、何度もトイレに行かなければならなかったりするばかりではありません。どんな病気なのでしょうか?

https://www.mylohas.net/2019/05/190486pvn_crohn.html

Christine Yu/Red Flags You Could Have a Serious Thyroid Problem
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由