1. Home
  2. MIND
  3. 禅僧が教える、心が折れやすくなるワケ。自己肯定感の正体とは?

禅僧が教える、心が折れやすくなるワケ。自己肯定感の正体とは?

30日間の「自己肯定感を上げる方法」

20,395

島田ゆかり

自分のことは好きですか? 不安に振り回されることはありませんか? それらのカギを握るのは「自己肯定感」というもの。

精神科医で禅宗の僧侶である川野泰周先生は、自己肯定感は誰でも必ず上げることができると言います。6月は、「自己肯定感を上げる方法」を、毎日ひとつずつご紹介します。

メンタルヘルス

自己肯定感とは、自尊心と似ているようですがまったく異なるものです。たとえば、社会的に成功している、収入が多いなど、「他者と比較して得られる優越感」から育まれるのが自尊心

そうではなく、自分を認めてあげる、自分の存在価値を肯定してあげられる心が自己肯定感です。自尊心は失う可能性があるものですが、自己肯定感はそう簡単に失われることはありません。

自己肯定感が高くなると、不安に振り回されることがなくなります。心がしなやかになり、強くなります。人間関係で悩むこともなくなるでしょう。何より、自分を愛することができるようになります。

実は、日本人の自己肯定感は、先進各国の中で最低水準と言われています。自己を肯定できる若い人たちは、50%を切っているのです。自分を肯定できない=心が折れやすいということです。それは、「人と同じでいなさい」、「親の言うことを聞きなさい」と、自己を抑圧しがちな教育の中で育つことが一因だと考えられます。

自己を肯定=今のままでよいということになり、「それならば成長しなくてもよいのでは?」と思うかもしれません。それは自己肯定感においては、ある意味正解です。

しかし、「今のままの自分ではダメだ、もっとこうなるべきだ」と考えがちな人ほど自分を常に否定し、認めることができず、自己肯定感を上げることが難しくなります

では「成長しなくてよい」と物事を投げ出してもよいかというと、それも少し違います。できる自分もできない自分も肯定しながら希望に向かっていくことで、自己肯定感をどんどん上げていくことができるのです。

明日からご紹介するものごとの考え方や具体的なワークなどから、自己肯定感を少しずつ上げていきましょう。

30日間の「自己肯定感を上げる方法」をもっと見る

川野泰周先生

川野泰周(かわの たいしゅう)先生
臨済宗建長寺派林香寺住職/RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック副院長。2005年慶応義塾大学医学部医学科卒業。臨床研修修了後、慶應義塾大学病院精神神経科、国立病院機構久里浜医療センターなどで精神科医として診療に従事。2011年より大本山建長寺専門道場にて3年半にわたる禅修行を行った。現在は寺務の傍ら精神科診療にあたり、マインドフルネスや禅の瞑想を積極的に取り入れた治療を行う。著書に『ずぼら瞑想』(幻冬舎)、『会社では教えてもらえない 集中力がある人のストレス管理のキホン』(すばる舎)などがある。精神保健指定医・日本精神神経学会認定専門医・医師会認定産業医。

ヘルシーな心を保つヒント

「自分はできる!」という感覚は、実は危険な落とし穴

「自分はできる!」という感覚を「万能感」と言います。いっけん自己肯定感と似ている感覚ですが、実は大きく異なるのです。精神科医で禅宗の僧侶である川野泰...

https://www.mylohas.net/2019/06/191628positive_02.html

道具いらず。自分を大切にする気持ちが育つ、簡単レッスン

自己肯定感とほぼ同じ意味である「自慈心」。自分を慈しむ心を育てるワークとは? 精神科医で禅宗の僧侶である川野泰周先生による、「自己肯定感を上げる方法...

https://www.mylohas.net/2019/06/191798positive_03.html

取材・文/島田ゆかり、image via shutterstock

    regularbanner

    Ranking

    1. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    2. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    3. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    4. 肩をたたくだけで、なぜお尻と腹筋がしまるのか?

    5. 走ると関節が痛む人におすすめのトレーニング

    6. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 閉経で太るのは本当? 更年期の身体の変化をクイズで知ろう!

    9. 30秒続けば大したもの。プランクの正しい姿勢をマスター!

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    9. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    10. 髪の悩みを解決して、魅力をひきだす最新ヘアスタイル5つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの