1. Home
  2. PRESENT
  3. ストレスフルな肌を穏やかに整える。カレンデュラの恵みのウォータークリーム【プレゼント】

ストレスフルな肌を穏やかに整える。カレンデュラの恵みのウォータークリーム【プレゼント】

15,241

花を持つ女性

image via Shutterstock

1851年の創業以来168年以上スキンケア製品を提供し続けている、ニューヨーク発のスキンケアブランドKIEHL’S SINCE 1851(キールズ)。キールズのアイコン的化粧水「カレンデュラトナー」からインスピレーションを得て作られた「キールズ ウォータークリ―ム CL」。みずみずしくはじけるテクスチャーが、お肌を整えながらうるおい感を与えてくれる保湿クリームです。

梅雨〜夏にかけては、エアコンによる乾燥や日焼けによる赤みが気になります。このようなストレスフルな肌の表面も、穏やかに整えてくれるのがうれしいところ。また季節の変わり目や環境の変化等でゆらぎがちな素肌もヘルシースキンへと導いてくれるから、夏だけと言わず、長く使い続けたいコスメなのです。

お肌を整えるカレンデュラ花エキス

キールズ化粧品

キールズはニューヨークのアポセカリー(調剤薬局)がルーツ。世界中の天然由来成分を研究し、皮膚科学の知識に基づいたスキンケアを開発してきました。1世紀以上前から「利益を得るためだけでなく、地域社会や人々のよりよい生活に貢献する」ことを使命として掲げ、高い品質やサービスの提供、チャリティー活動などの取り組みをも行っています。

先に述べたように、ブランドのアイコン的存在であり、人気なカレンデュラライン。カレンデュラは別名「皮膚のガードマン」とも呼ばれています。古くから傷薬として用いられ、南北戦争時代は兵士の傷を癒すために使われていたそう。またアーユルヴェーダや漢方にも使われてきたとか。

現代では、カレンデュラの花にはαアミリン、βアミリンなど、肌を整える成分が含まれていることが解明されています。

ベタつかず、みずみずしい使用感

キールズ化粧品

キールズではカレンデュラを無農薬で栽培。そして、その繊細な花びらを丁寧に手摘みで採取しています。時間と手間を惜しまず作られたカレンデュラライン。その仲間入りを果たした、「キールズ ウォータークリ―ム CL」は2 種類のカレンデュラの恵み(*)を最大限に引き出すため、高度なウォータークリームテクスチャーを採用しました。肌に触れた瞬間、微粉化された花びらと、カレンデュラ花エキス(*)が含まれたみずみずしいクリームがパッとはじけて、角質層まですっと浸透します。

カレンデュラの恵みが十分に詰まったこの保湿クリームを使って、フレッシュな肌を目指してみませんか? 「キールズウォータークリームCL」の 50mlを3名様にプレゼントします。

*トウキンセンカ花エキス・トウキンセンカ(ともに整肌成分)

【プレゼント詳細】

  • 当選者数:3名様
  • 応募締切 6月23日(日)
  • 当選発表 6月24日(月)
  • プレゼント提供:KIEHL’S SINCE 1851

【商品詳細】

  • 商品名:キールズ ウォータークリーム CL
  • 内容量::50ml
  • 価格::5,292 円(税込)

↓応募はこちら↓

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    2. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    3. 炭水化物と海藻で老け知らず。世界が注目する「沖縄食」って?

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. たった数分で心を癒し、脳の疲れも回復させる方法は?

    8. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    9. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    2. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    3. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    4. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    5. 脂肪や糖の吸収をカットできる成分とは? 普段のドリンク選びのコツ

    6. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    9. 体重ばかりにとらわれないで。実はダイエット効果が出ている10の兆候

    10. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    7. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    8. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    9. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン