1. Home
  2. EAT
  3. 美腸のための新習慣! 野菜の栄養が丸ごと摂れる高性能ブレンダー

美腸のための新習慣! 野菜の栄養が丸ごと摂れる高性能ブレンダー

1,053

MAYAKO

スムージー

“高野豆腐の即やせパウダー”を使ったダイエットをしたくて、ミキサーをいろいろ見ているうちに、どうせならより高性能なものを! と購入したブレンダー。

イギリス・バーミンガムのダネッツというメーカーのもので、人気のカフェ「Sign」や、「星野リゾート」などでも導入実績があるのだそう。

業務用レベルの1400Wパワーで最強の粉砕力を誇るのはもちろん、スタイリッシュな見た目も気に入り、決して安くはない金額でしたが思い切って購入。

グリーンスムージーの味は?

ダネッツで最初に作ったグリーンスムージーは、小松菜、バナナ、オレンジ、キウイ、水の定番もの。

3、4センチサイズにざっくり材料を切って、柔らかいものから順にブレンダ―に投入し、スムージーモードで約1分。あっという間に粉々に粉砕され、完成します。

ちなみにオレンジは皮だけむいて、種はとらずに使用。キウイは皮ごと使っています。

スムージー

ひと口飲んでみて、その舌触りの滑らかさにビックリ

今まで使っていたミキサーは、にんじんや氷などの固いものは粉砕しきれず、つぶつぶが残ることがありましたが、このブレンダーだと、パワフルな粉砕力のおかげでキメの細かい喉越しのよいスムージーが作れます。

健康のため、というより純粋においしくて、ほうれん草やパセリにセロリ、りんごやグレープフルーツなど、あれやこれや試しておいしく味わう生活を楽しんでいます。

スムージー生活は体にいいことだらけ!

スムージー

毎日グリーンスムージーを飲んでいるおかげか、お通じが桁違いによくなったほか、小腹が減ったときに飲むことで間食をおさえられたり、甘いものをそんなに欲さなくなったりなど、今のところいいことづくし。

さらに温かいスープやジェラート、ピーナッツバターなども手作りできるそうで、楽しみが広がります!

難点はというと、音の大きさ。サイレントモードがあるものの、使用中の音が気になります。またブレンダーのサイズが大きいので、キッチンでの存在感もそこそこあります。

手作り豆乳がおいしい!

付属のレシピを眺めていたら、温かい豆乳が作れることがわかり、早速チャレンジ。一晩水にひたした大豆と水をいれて、豆乳モードにしてからスイッチオン。10分で完成します。

ちなみにサイレントモードはないので、朝夜の使用は控えたほうがベターです。

大豆

レシピには書かれていないのですが、私は豆乳独特の臭みが得意ではないので、その後鍋に移しかえて煮沸。アクをしっかり取り除いてからいただいてます

できたて豆乳は、大豆の甘味がしっかり感じられておいしい! 豆乳はどちらかといえば苦手だったのですが、するすると飲めます。

温かい状態でいただくので、体もほかほか。業務スーパーなどで大豆を大量に購入すれば、安価で手作り豆乳が作れるのでおすすめです。

豆乳

決して安くはないブレンダーですが、人生100年時代。おいしく楽しく健康的な生活を送れることを考えれば、高すぎることはないように思います。

スムージー

ダネッツ プロフェッショナルブレンダー D103 68,040円(税込)

[ダネッツ]

あなたのお気に入りスムージーは?

乱れがちな食生活をリセット! 全然苦くない、デトックスグリーンスムージー

やっと寒さが終わり、暖かくなってきましたね。そうすると飲みたくなるのがジュースやスムージー。そこで今回は、6種類もの野菜と果物がたっぷり詰まったグリ...

https://www.mylohas.net/2019/05/189781greensmoothie.html

抗酸化ジュースの決定版! 辛みがアクセントの「スプラウト&トマトみかんスムージー」

食事から抗酸化を考えてみる。せっかくならおいしくいただきたいところですが、抗酸化作用だけではなく、スプラウトの辛みがいい具合のアクセントのスムージー...

https://www.mylohas.net/2019/04/188705sp_aging_recipe.html

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析