1. Home
  2. BODY
  3. いやな多汗・脇汗の4大対策。汗ジミを目立たせない方法は?

いやな多汗・脇汗の4大対策。汗ジミを目立たせない方法は?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

16,314

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

臭いを嗅ぐ女性

image via shutterstock

人はなぜ脇汗をかくのでしょう? そして、なぜ不快な臭いが出たり、シミができるの?

前回は、脇汗のかきやすい人の特徴などをアメリカの医師らに聞きました。今回は、いやな脇汗を抑えるための方法や、人目につきにくくする方法をまとめます。

  1. 制汗剤
  2. ボトックス
  3. 経口薬
  4. ミラドライ(miraDry)

1. 制汗剤

制汗剤

image via shutterstock

汗を抑えるには、手始めとして制汗剤がよさそう(デオドラントは汗の臭いを隠すだけで、発汗を止めたり予防したりはしません)。

「制汗剤にはアルミニウム塩が配合されていて、これが汗と反応して一時的に汗腺をふさぐために汗が出なくなります」と、エリクソンさんは説明します。市販の制汗剤には、通常レベル、臨床レベル、処方薬レベルなどいろいろな強さがあります(強さを決めているのは使われているアルミニウム塩の量だけです)。

2. ボトックス

ボトックス

image via shutterstock

もうひとつの選択肢がボトックス注射。アメリカ皮膚科学会(AAD)によると、脇の下にボトックス注射すると、発汗を刺激する化学物質のはたらきを妨害して、最大6か月間、過剰な発汗を緩和できるそう

「重い多汗症の場合、汗腺を外科手術で取り除く方法もあります」とオヌガさんは説明します。

3. 経口薬

薬

image via shutterstock

多汗の治療には経口薬もすすめられるかもしれません。発汗を誘発する“メッセンジャー化学物質”が汗腺に到達するのを邪魔する、“抗コリン薬”がいちばん一般的。

でも、経口薬は脇の下だけでなく全身に作用しますから、ドライマウスや便秘、目のかすみなど多くの副作用が出る可能性があります

4. ミラドライ(miraDry)

わき

image via shutterstock

電磁波のエネルギーにより脇の下の汗腺の機能を低下させる方法です。脇の下の汗腺が機能しなくても、汗が出ないために身体が急にオーバーヒートするような事態にはなりません。

「汗腺は全身にありますから、どこかの汗腺を少し取り除いても、体温調節の能力には影響しないのです」。国際多汗症協会(IHHS)の創設役員会メンバーで医師のディー・アンナ・グレイザーさんが以前に『プリベンション』誌で解説しています。

ミラドライは日本でも行っている医療機関がありますが、健康保険は適用されません。

脇汗を隠すには

立っている女性

image via shutterstock

脇の下の汗染みを隠しても多汗は治りませんが、自分に適した治療を決めるまで、人目を気にしないで過ごせるようにはなるはず。「脇汗パッドは、汗が服に染み込んで見えてしまうのを防ぐよい方法」とエリクソンさんは勧めています。

濃い色の服は汗染みが目立たないので、黒や紺色の服を着るのも手。同様に、ゆったりした服も、皮膚と接触して汗を吸収する割合が少なくなります。

汗のケアはしっかりと

体臭の原因って? 医師が教える、正しいニオイ対策

口臭や足のニオイ、汗臭さ、ワキガ、加齢臭など、“ニオイ”の原因は様々。ニオイのスペシャリスト上田先生の著書『オトナ女子のためのスメらない手帖』から、...

https://www.mylohas.net/2019/02/185191smellcare.html

ストレスが原因で臭ってるかも。緊張すると皮膚ガスが出るそうです

人は性別や年齢に関係なく、初対面の人との対話やプレゼンといった心理的ストレスがかかると「ストレス臭」が出てしまうんですって! しかも、このニオイは、...

https://www.mylohas.net/2018/10/177292stress_odor.html

Marygrace Taylor/How to Get Rid of Sweaty Armpits ASAP, According to Doctors
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    Ranking

    1. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    2. 糖質制限と脂質制限ダイエット。管理栄養士がメリット・デメリットを解説

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. サウナでも体は鍛えられる! 研究でわかったサウナの優れた健康メリット

    6. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 乳がんになった人は、卵巣がんになりやすい!?

    9. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    6. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?