1. Home
  2. BODY
  3. 多汗は病気なの? 医師に聞いた「脇汗をかきやすい人の特徴」

多汗は病気なの? 医師に聞いた「脇汗をかきやすい人の特徴」

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

38,234

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

笑顔の女性

人生、ときどきは脇の下に汗をかくような状況もあります。でも、ノーマルなレベルを超えて、見た目にも影響するほどならどうでしょう?

汗をかくことは気持ち悪いといえども、必要不可欠な身体の機能です。「体温を調節するために汗をかくのです」と、テキサス・ヘルス・プレスビテリアン病院(テキサス州ダラス)皮膚科医、コリン・エリクソンさん。体温が正常範囲の上限となる37度を超えてくると、身体は汗腺から汗を出して下げようとします。そして、汗が皮膚表面に出て蒸発し始めると、涼しくなって快適に感じるわけです。

この機能で唯一まずいところとは……。それは臭うことです。アメリカ国立衛生研究所(NIH)によると、汗自体は透明で無臭の液体ですが、皮膚表面の細菌と混じるとイヤな臭いになります。その上、服に浸み込んでシミの元に。

平均よりたくさん汗をかく人がいるのも事実。でも、とくに理由もなく汗をかいたり、そんな状況でもないのに(例えば、寒い屋外で)汗をかいたりするなら、何かの病気かもしれません。そこで、汗のかきすぎ(“多汗”と呼ばれます)について、そして悪臭と湿り気を抑えておく方法について、専門家に聞いてみましょう(全2回構成)。

脇汗をかきやすい人は?

脇汗

image via shutterstock

汗のかき方はひとそれぞれ。

ほかの人よりたくさん汗をかく人もいます。走るのが速い人がいるのと同じです」と、プロビデンス・セント・ジョンズ・ヘルスセンター(カリフォルニア州サンタモニカ)で多汗症プログラムを担当する胸部外科医のオシタ・オヌガさん。多汗は遺伝する傾向がありますから、いつも汗をかいているように見える家族がいるなら、自分もそうかもしれません。

別の理由でたくさん汗をかく人も。「身体の引き締まった人は、それほどでもない人よりすぐに汗をかき始めます。身体をクールダウンして、持久力を保とうとするのです」(エリクソンさん)

そして、同じ汗でもヘルシーではない場合も。「体重が多すぎる、お酒を飲みすぎる、それから喫煙する人も、発汗が多くなります」とエリクソンさん。熱があるときや閉経期にも、たくさん汗をかきます。

でも、いつも服が汗びっしょりで、原因がわからない場合は?汗をかきすぎる症状、“多汗症”かもしれません。アメリカでは成人のおよそ5%が当てはまります。「多汗症は日常生活にも大きく影響します。目がさめるやいなや汗をかき始め、眠っている間は止まるという状態です」と、オヌガさん。

アメリカ国立衛生研究所によると、多汗症は甲状腺の活性過剰や神経系の障害、低血糖など別の病気からきているケースもありますが、単独でも発症します。

寒いのに脇汗をかくのはなぜ?

汗をかく女性

image via shutterstock

危険に対する身体の反応、交感神経の働きにより発汗は促されます。そのため寒くても、とても神経が高ぶっていたりストレスがかかったりすると、汗をかくことがあるわけです。具合が悪いときや、血圧または血糖値が下がったときにも。いわゆる“冷や汗”をかく可能性があるのです。

アメリカ国立保健衛生研究所によると、冷や汗は多汗症のサインかもしれませんが、体温調節に問題が起きる遺伝性の病気、“寒冷誘発性発汗症候群”のサインでもあるそう。ですから、何の理由もなく大量に汗をかくとか、寒いのに頻繁に汗をかくようなら、医師に相談しましょう。

後編の脇汗を抑える方法はこちら

汗の悩みを解消したい

女性の加齢臭は男性より手強い? 医師が教える、酸化と体臭の意外な関係

さまざまな物質を劣化させる「酸化」という現象は、いたるところで起きています。それは残念ながら、女性の「体臭」も例外ではありません。酸化と体臭の関係か...

https://www.mylohas.net/2019/04/188467sp_aging_body_odor01.html

クリーニングのプロに聞いた、脇汗の黄ばみをきれいに落とす方法

洗濯してもなかなか取れないガンコな汗ジミ。洗濯のプロに、黄ばんだシミをきれいに落とす簡単な方法を聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/04/189206pvn_cleaning.html

Marygrace Taylor/How to Get Rid of Sweaty Armpits ASAP, According to Doctors
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由