1. Home
  2. MIND
  3. 自分自身を信じること。それがすべてを可能にする〜丸山桂里奈のメンタル〜

自分自身を信じること。それがすべてを可能にする〜丸山桂里奈のメンタル〜

弱くて強い心

2,231

maruyama_1_01

お送りしている特集「 弱くて強い心」。特集を飾るのにふさわしいのが、丸山桂里奈さんではないでしょうか。元女子サッカー日本代表(通称:なでしこジャパン)で、現在はタレントとして、マルチに活躍の丸山さん。そんな彼女をテレビ越しで拝見していると、メンタルの強さと、折れない心が垣間見えます。

“スーパーサブ”がお気に入り

maruyama_1_02

――丸山さんと言えば、やっぱり2011年のサッカー女子ワールドカップですよね。日本サッカーが史上初めて「世界一」に輝いたあの大会で、丸山さんはスーパーサブとして大活躍されました。

「選手って、普通はスタメンで試合に出たいじゃないですか。だけど私は佐々木(則夫)監督の前の上田(栄治)監督の時代からずっとスーパーサブで、その立ち位置がすごく気に入ってたんです。

だって、単なるサブじゃなくて、『スーパー』がつくからめちゃくちゃカッコいいし、スタメンは11人もいるのにスーパーサブは1人しかいないじゃないですか。佐々木監督は『丸山はそういう役割なんだ』と選手みんなに話してくれていたから、逆にスタメンの人たちからも一目置かれる存在だったんですよ」(丸山さん)

――じゃあ、本人はもちろん、チーム全員が納得する「スーパーサブ」だったわけですね。確かに、それはちょっとカッコいいかも。

「たまに勝ち抜けが決まっている試合の時って、主力選手を温存するために普段はサブの選手をスタメンで使いますよね。私、そういう試合ですらスーパーサブでしたから(笑)。

最初はスタメンで出る気満々で準備してたんですよ。それなのに佐々木(則夫)監督が発表したメンバーに私の名前がなかったから、さすがに『えー!』と思いました。でも、その後、佐々木監督に呼ばれて言われたんです。『サブはサブでも世界一のサブだから』と」(丸山さん)

maruyama_1_03

――それはすごい。そんなこと言われたら、めちゃくちゃやる気出ますよね。

「ベンチメンバーの存在を大事にしてくれた監督に『ありがとうございます!』と思ったし、確かに私のプレースタイルを考えると、日本代表では短い時間でスーパーサブとして出場するほうがいいんですよね。

それを自分でも分かっていたから、チーム内の約束事みたいにはっきり整理してくれたことがよかった。私の立場みたいなものをみんなが理解していくれていたから、すごくプレーしやすかったんです」(丸山さん)

――でも、それって逆にプレッシャーにもなりますよね? 「ちゃんと整理してやったんだから仕事しろよ」みたいな。

「えー、そんなこと全然考えてませんでした。私、サッカーに関してはぜんぜん緊張しないんですよ。スーパーサブとしての役割については周りから『いいよ』と言ってもらえていたし、それだけの練習もちゃんとしていたから。

当時のなでしこジャパンって、自分のことを信じられる選手ばかりだったんですよね。だから強かったし、楽しかった。だって、自分自身を信じることができたら、できないことなんて何もないじゃないですか」(丸山さん)

値千金のゴールは「絶対に私が決める」という強い気持ちから生まれた

maruyama_1_04

――確かに、2011年ワールドカップを制したチームにはそういう雰囲気がありましたよね。丸山さんのハイライトは、やっぱり準々決勝ドイツ戦。

「私はスーパーサブだから、基本的にはいつも10分とか20分とか、長くても30分くらいしか出ないんです。でも、あの試合は後半の頭から出ることになって『え? 早っ!』と思いました。心の中では『監督、だいぶ長いけど大丈夫ですか?』という感じというか」(丸山さん)

――所属チームではスタメンで出場するけれど、日本代表ではスーパーサブ。だから、短ければ10分、長くても30分しかプレーしないのに、あの試合は延長戦をあわせると75分もプレーしています。

「延長戦に入る時にみんなで円陣を組んだんです。私の隣には佐々木監督がいたんですけど、その時に『おまえがゴールを決めなきゃこの試合に勝てない』と言われて、『あ、もう絶対に私が決めるな』と思いました。

でもまあ、実際に決めてからは時間がめっちゃ長かったですよね。あんなに『早く終われ!』と思った試合ないですもん」(丸山さん)

maruyama_1_005

――日本をベスト4に導く決勝ゴールを決めたのは延長後半3分でした。澤(穂希)さんからのスルーパスで裏に抜けて、前に出てきたゴールキーパーの脇の下をすり抜ける見事なシュート。ああいう場面って緊張しないんですか?

「あの時はシュートコースが光の線みたいに見えたから、そのイメージどおりに蹴りましたゴールキーパーと1対1の状況になっても、基本的には緊張しません。だって、普通に考えれば絶対に決まるじゃないですか。攻めているのはこっちだし、めっちゃ楽勝というか逆にゴールキーパーがかわいそう」(丸山さん)

――そりゃあそうなんですけど(笑)、つまりそれって「負けるわけがない」という感覚で勝負に挑むということ?

「だって、1対1だったら絶対にドリブルで抜けるじゃないですか。私はずっと『相手が2人でも抜け』と言われていたので、1人だったら絶対に抜けます。これはもう、絶対です。

あ、でも、そういう強気って、サッカーだけなんですよね。今はぜんぜんダメ。テレビの仕事はめっちゃ緊張するんですよ」(丸山さん)

丸山さんはなぜサッカーよりもテレビの仕事の方が緊張するのでしょうか?

続きはこちらから

元アスリートのインタビュー

15歳で直面した内面から出る「美しさ」の追求と表現〜元新体操選手・畠山愛理

元アスリートに現役時代を振り返っていただき、意識が変わったエピソードをお伺いする連載「元アスリートの意識改革」の7人目にご登場いただいたのは、元フェ...

https://www.mylohas.net/2018/04/hatakeyama.html

スランプを乗り越えて手に入れた「これ以上はない」と思える最高のキャリア〜元テニス選手・杉山 愛

連載「元アスリートの意識改革」の5回目となる今回は、元テニスプレイヤーの杉山愛さん。テニス界のレジェンドとしてはあまりにも有名ですが、そんな彼女も現...

https://www.mylohas.net/2017/11/065738sugiyama.html

文/細江克弥 撮影/内山めぐみ

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた