1. Home
  2. BODY
  3. 眼もスマホで老化する? 「スマホ疲れ目」を防ぐ簡単アプローチ法

眼もスマホで老化する? 「スマホ疲れ目」を防ぐ簡単アプローチ法

3,010

知恵子

メガネをかけた女性

パソコンやスマホ、タブレットなどのデジタル端末が普及した現代社会。程度の差はあれ、誰もが目の疲れを感じているのではないでしょうか。

なかでも、スマホが原因で疲れ目を感じている人は、知らず知らずのうちに「スマホ老化」になっている可能性があるといいます。

「スマホ老化」と「スマホ疲れ目」って?

スマホを見て顔をしかめる女性

スマホを操作しているときのように近距離を見ていると、水晶体を膨らませる毛様体筋に負担がかかり、目が疲れるのだとか。そんな「スマホ疲れ目」が原因でおこるのが、「スマホ老化」です。

目が疲れて目の周りが緊張すると、顔がくすんで険しい表情になることがあります。無意識に眉間にシワがよったり、二重あごや目元にくすみ・クマができたり、肩こりになったりすることも。

こうした「スマホ老化」の原因とも言える、「スマホ疲れ目」になっていないか。まずはチェックしてみましょう。

  • スマホを見だすとやめられない。
  • スキマ時間はついスマホを触ってしまう。
  • 一日に3時間以上、スマホやPCの画面を見る。
  • 目がしょぼしょぼ、じんじん、ぼやぼやする。
  • 最近、肩こりや軽い頭痛を感じる気がする。

ドキっとする項目が並びました。目以外に現れる症状でも、「スマホ疲れ目」を疑ってみてもよいかもしれません。

ツボ押し&マッサージでケア

眉間を押さえる女性

前述のチェック項目に該当した人も、ご安心を。スマホ老化を食い止める方法を、美容家のCaoruさんに教えていただきました。まずは手軽に試せる、ツボ押しとマッサージの方法から。

疲れ目にオススメのツボは、眉頭の内側にある攅竹(さんちく)、鼻の付け根にある晴明(せいめい)、そして眉尻のくぼみにある糸竹空(しちくくう)だそう。目の周りは皮膚が薄く、ツボは急所なので、「優しく、ゆっくり」を心がけます。ツボを3カウント数えながら押して、3カウント数えながら指を離すとよいそう。

目の周りの血流が悪いと、頭皮も固くなっていることがあります。そのため、頭皮の緊張をゆるめるマッサージもオススメとか。

まず両手で頭皮を包み込み、指の腹で円を描くように頭皮を動かします。

仕上げに、首の後ろの中心線上にあるくぼんでいるツボ・ あ門(あもん)を、右手の親指と左手の親指を重ねて、ゆっくり押します。

親指を、外側に指一本ずつズラしたところにある天柱(てんちゅう)、さらに指一本ズラしていくと風地(ふうち)というツボがあるので、これも 3カウント数えながら押して、 3 カウントで離してください。 (Caoruさん)

スマホ老化を食い止める方法はほかにも

ビタミンAを含む食品

ツボ押しやマッサージ以外にも、アプローチはいろいろあります。

  • 食事:目の健康の為に意識的摂りたい栄養素が2種類あります。ひとつは、ドライアイや目の網膜を健康に保つことを期待できる、ビタミンA。これは、ニンジン、紫蘇、パセリなどの緑黄色野菜に含まれています。ふたつめは、疲れ目に効果があると言われているアントシアニン。これは、ブルーベリー、カシス、イチゴや黒豆などに含まれています。
  • ホットタオル:タオルを水で濡らし、サランラップを巻いて電子レンジで30 秒ほど加熱するだけで、ホットタオルが作れます。それを毎朝、できれば10分、目元にあてます。アイクリームを塗ってからすると、アイパックにも。
  • 姿勢:正しい姿勢を心がけることで、上半身の血流循環をよくすることもオススメだとか。立ったときに、耳、肩、骨盤の横にある出っ張った骨、くるぶしをつないで一直線になる姿勢です。さらに、お尻の穴をキュッと締めると、より効果的

教えていただいたアプローチ法は、どれも気軽に試せるものばかり。

「スマホ老化は現代病みたいなものだから」なんて、あきらめないで。最近では、スマホをよく見る人に向けたメガネなども出ているので、そういったツールを取り入れるのもよいかもしれませんね。

スマホの使い方にご用心

睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

忙しいと睡眠時間を確保するのは難しいもの。いつもよりもっと良く眠るために効果があると科学的に証明された5つの秘訣をご紹介。

https://mylohas.net/2018/05/167928sleep.html

疲れ目を癒したい時に「デカ目プッシュ」 #30日間の顔ヨガ

顔ヨガ講師・間々田佳子さんによる30日間の顔ヨガ連載。日本人の顔は圧倒的に運動不足と言われ、たるみの一因にも。「ながら」でできる表情筋トレーニングを...

https://mylohas.net/2018/09/174527face_yoga10.html

image via Shutterstock

[情報提供 : 三城(スマホイージー)]

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた