1. Home
  2. BODY
  3. 筋トレは週2回で本当にいいの? ベストな頻度をトレーナーが伝授

筋トレは週2回で本当にいいの? ベストな頻度をトレーナーが伝授

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,994

筋トレ

image via shutterstock

ワークアウトのプランに筋力トレーニングを取り入れるのは、本当にとても重要なこと。それどころか、30代以上になると、筋トレのほうが有酸素運動よりも勝るといえます。なぜなら年を取るにつれて、脂肪を落とすことよりも、筋肉を維持することのほうがより大切になってくるからです。

「30代半ば以降から40〜50代になるにつれ、筋肉の割合が落ちていき、代謝やバランス、ケガの際に身を守る能力などに影響が出てきます」と説明するのは、認定パーソナルトレーナーで『Prevention』ではフィットネス記事の寄稿編集をしているラリサ・ディディオさんです。

「筋力トレーニングで筋肉をさらに鍛えると、ケガから身体を守れるようになります

筋トレはどのくらいの頻度で行うべき?

筋トレ

image via shutterstock

理想をいえば、週に2回。フリーウェイトを行ってもいいし、マシンを利用しても、あるいは自重トレーニングをするのでもかまいません、と話すのはフィットネススタジオ「ピュア・バー」のトレーニング開発マネージャーで、運動科学者および認定パーソナルトレーナーのレイチェル・リード博士です。

とはいえ、リード博士もディディオさんも、身体が引き締まって強靭になってきたら、週2回以上に回数を増やしていくべきだと言います。

「筋力トレーニングを毎日行うことももちろん可能です。ただし、毎回体の異なる場所を鍛えるようにすること。または、毎日違ったトレーニングを行うようにしてください」とディディオさん。

筋肉を鍛える順番はあるの?

筋トレ

image via shutterstock

どの筋肉を鍛えたらいいのでしょうか? リード博士は、それは目標によって変わると述べています。

全身のワークアウトなら「1日は上半身にフォーカスして、その2、3日後に下半身を鍛えましょう。多くのトレーナーは、こうアドバイスしています」

努力に見合った最大の成果を得たいなら、ルーティンにコンパウンド(複合)エクササイズとスーパーセットを組み込んでもいいかもしれません。スーパーセットとは、ひとつのエクササイズから次のエクササイズに移るときに、間にレスト(休憩)を入れずに行う筋力トレーニングのことです。

続きの「筋肉アップだけじゃない、筋トレのもたらすメリット」はこちらから

効果的に筋肉をつけたい

筋肉UPの近道は、運動後30分の食事が大切。その理由とは?

せっかく効果的な筋トレを行っても、それで終わってしまっtはもったいないです。筋トレ後は、食事が重要なのですが、30分以内のいわゆるゴールデンタイムに...

https://www.mylohas.net/2019/05/190420event_nakano.html

下半身引き締めに効果的!「ランジ」の正しいやり方

下半身の強化や引き締めに効果的なランジですが、正しく行わないとせっかくの効果が半減。正しいフォームと間違いやすいポイントと解決策は?

https://www.mylohas.net/2019/05/190338pvn_lunge.html

Tiffany Ayuda/7 Incredible Benefits of Lifting Weights That Have Nothing to Do With Building Muscle
訳/Maya A. Kishida

Maya A. Kishida(翻訳)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    2. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    3. 炭水化物と海藻で老け知らず。世界が注目する「沖縄食」って?

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. たった数分で心を癒し、脳の疲れも回復させる方法は?

    8. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    9. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    2. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    3. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    4. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    5. 脂肪や糖の吸収をカットできる成分とは? 普段のドリンク選びのコツ

    6. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    9. 体重ばかりにとらわれないで。実はダイエット効果が出ている10の兆候

    10. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    7. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    8. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    9. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン