1. Home
  2. BODY
  3. 筋トレは週2回で本当にいいの? ベストな頻度をトレーナーが伝授

筋トレは週2回で本当にいいの? ベストな頻度をトレーナーが伝授

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

17,618

Maya A. Kishida(翻訳)

筋トレ

image via shutterstock

ワークアウトのプランに筋力トレーニングを取り入れるのは、本当にとても重要なこと。それどころか、30代以上になると、筋トレのほうが有酸素運動よりも勝るといえます。なぜなら年を取るにつれて、脂肪を落とすことよりも、筋肉を維持することのほうがより大切になってくるからです。

「30代半ば以降から40〜50代になるにつれ、筋肉の割合が落ちていき、代謝やバランス、ケガの際に身を守る能力などに影響が出てきます」と説明するのは、認定パーソナルトレーナーで『Prevention』ではフィットネス記事の寄稿編集をしているラリサ・ディディオさんです。

「筋力トレーニングで筋肉をさらに鍛えると、ケガから身体を守れるようになります

筋トレはどのくらいの頻度で行うべき?

筋トレ

image via shutterstock

理想をいえば、週に2回。フリーウェイトを行ってもいいし、マシンを利用しても、あるいは自重トレーニングをするのでもかまいません、と話すのはフィットネススタジオ「ピュア・バー」のトレーニング開発マネージャーで、運動科学者および認定パーソナルトレーナーのレイチェル・リード博士です。

とはいえ、リード博士もディディオさんも、身体が引き締まって強靭になってきたら、週2回以上に回数を増やしていくべきだと言います。

「筋力トレーニングを毎日行うことももちろん可能です。ただし、毎回体の異なる場所を鍛えるようにすること。または、毎日違ったトレーニングを行うようにしてください」とディディオさん。

筋肉を鍛える順番はあるの?

筋トレ

image via shutterstock

どの筋肉を鍛えたらいいのでしょうか? リード博士は、それは目標によって変わると述べています。

全身のワークアウトなら「1日は上半身にフォーカスして、その2、3日後に下半身を鍛えましょう。多くのトレーナーは、こうアドバイスしています」

努力に見合った最大の成果を得たいなら、ルーティンにコンパウンド(複合)エクササイズとスーパーセットを組み込んでもいいかもしれません。スーパーセットとは、ひとつのエクササイズから次のエクササイズに移るときに、間にレスト(休憩)を入れずに行う筋力トレーニングのことです。

続きの「筋肉アップだけじゃない、筋トレのもたらすメリット」はこちらから

効果的に筋肉をつけたい

筋肉UPの近道は、運動後30分の食事が大切。その理由とは?

せっかく効果的な筋トレを行っても、それで終わってしまっtはもったいないです。筋トレ後は、食事が重要なのですが、30分以内のいわゆるゴールデンタイムに...

https://www.mylohas.net/2019/05/190420event_nakano.html

下半身引き締めに効果的!「ランジ」の正しいやり方

下半身の強化や引き締めに効果的なランジですが、正しく行わないとせっかくの効果が半減。正しいフォームと間違いやすいポイントと解決策は?

https://www.mylohas.net/2019/05/190338pvn_lunge.html

Tiffany Ayuda/7 Incredible Benefits of Lifting Weights That Have Nothing to Do With Building Muscle
訳/Maya A. Kishida

    specialbunner

    Ranking

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    3. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    6. 簡単ドーシャチェックで、あなたのアーユルヴェーダ体質を診断!

    7. やせる体を作る方法。100回の腹筋よりおすすめの運動って?

    8. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    9. 毎日たった2分。美顔器で顔のコリをほぐして、たるみをアップ!

    10. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. 深い眠りが脳の大掃除をしてくれる!?

    4. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    5. インフルエンザ対策、ここがポイント。ピークが来る前にどう防ぐ?

    6. 低カロリーなのに、お昼までお腹が空かない! ヘルシー朝食9選

    7. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    8. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    9. 「確実に効果が出る」筋トレとは? 初心者でも大丈夫

    10. 管理栄養士が教える、風邪予防におすすめな食材ベスト3

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. 甘いもの、こってりしたものが欲しいとき。代わりに食べるといい食品5