1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 間違っている人が多すぎる! 日焼け止めの正しい使い方

間違っている人が多すぎる! 日焼け止めの正しい使い方

8,486

田邉愛理

0shutterstock_1370735213

image via Shutterstock

皮膚科医の川島眞先生に聞く「光老化の基礎知識」。前編に続き、後編では誤解している人が多い日焼け止めの選び方や塗り方について、くわしく伺っていきます。

見過ごされてきた近赤外線対策

肌老化の主な原因は加齢ではなく「光老化」だという川島先生。光老化は肌のシミやシワ、たるみだけでなく、皮膚がんも引き起こします。

「オゾンホールの破壊が進み、太陽光線による悪影響が増している今、光老化の認知度が低いことは問題です。

また前編でお話したように、紫外線対策だけが広まり、ブルーライトや近赤外線に対して無防備であることも危惧しています」(川島先生)

02hikari02

※仕組みを理解しやすいように簡略化しています
NPO法人 皮膚の健康研究機構 光老化啓発プロジェクト委員会HPより

紫外線よりも皮膚の奥深く、筋膜や筋肉にまで届き、たるみの原因になるという近赤外線(NIR)

現在、日焼け止めの防御効果はUVB(紫外線B波)の遮断率を表すSPFと、UVA(紫外線A波)の遮断率を表すPAの数値だけが指標となっています。

しかし、これだけでは近赤外線の遮断率はわかりません

今後の浸透に期待したい「SNIP」

日焼け止め

image via Shutterstock

そこで川島先生たちが考案したのが、「SNIP」という近赤外線の遮断率をあらわす数値です。

「近赤外線にも、その予防効果を計る指標が必要です。SNIPは1~4までレベルがあって、SNIP2以上は近赤外線の防御効果があります。

この数値を、SPFやPAに加えてもいいのではないかと提案しています」(川島先生)

残念ながらSPF・PA値が高くても、成分によっては近赤外線を防げないものがあると川島先生。

今まで使っていた日焼け止めが近赤外線を遮断してくれるものならラッキーですが、多くの人は知らずに浴び続けているはずです。

ブルーライトはUVAに近い害がある?

パソコンを見る女性

image via Shutterstock

それでは、太陽光線だけでなくスマホやパソコンからも発せられるブルーライトはどうなのでしょうか。

川島先生によると、ブルーライトはUVA(紫外線A波)に近い害を与えると考えられているそう。皮膚の表皮を抜けて真皮にまでたどり着き、シミやシワの発生に影響を与える可能性があります。

「ブルーライトは夜も当たっている人が多いと思いますが、それでシミ・シワができるというエビデンスはまだ十分ではありません。

しかし今後若い女性にシミ・シワが増えてきたら、“ブルーライトしみ”や“ブルーライトしわ”と言われるようになるかもしれませんね」(川島先生)

ブルーライトも近赤外線も、肌への悪影響についての研究は発展途上。

しかし太陽光線のパワーの大きさを考えると、これらを無視した光老化対策は得策とはいえません。

日常的に使う日焼け止めも、近赤外線やブルーライトを防ぐ効果があるものを選んだほうがよさそうです。

日焼け止めを正しく使えない人が多すぎる

日焼け止めを塗る女性

image via Shutterstock

川島先生によると、日焼け止めに関しては使い方を間違っている人があまりに多いとのこと。

「私たちがよく問題にしているのは、とにかく使用量が少なすぎるということです。

SPFやPAの数値は、皮膚1平方センチメートルあたり2ミリグラム塗布して計測されています。これは、皆さんがイメージする倍くらいの厚さだと思ってほしいのです。

ある実験でふだん通りに日焼け止めを塗ってもらったら、皆さん透明なジェルタイプでも1平方センチメートルあたり1ミリグラムぐらいしか塗っていませんでした。

白浮きするクリームなら0.6~0.7ミリグラムスプレーなら0.3ミリグラムくらい。これでは、SPFもPAも半分くらいまで落ちています。スプレーはほとんど意味がないといってもいいくらいです」(川島先生)

現在、光老化を予防する最低限の目安は「SPF15・PA+」といわれます。しかし表示通りの効果を得たいのであれば、十分な厚さ・量を塗布することが大切

薄塗りすることが多い美容下地やファンデーションのSPFやPA値は、表示より少なく見積もった方がいいかもしれません。

「日焼け止めのなかでも透明なジェルタイプは重ねても目立ちにくく、結果的に厚塗りできるのでおすすめです。

ある人がうまく表現していたのですが、SPFやPAは車の燃費みたいなもの。

あくまで性能を比較する目安であり、使い方によって全く効果が違ってきてしまうことを知ってほしいですね」(川島先生)

そしてショートヘアの人は、耳たぶや耳の上~裏側にもしっかりサンスクリーンをつけてほしいと川島先生。日焼け止めを塗る習慣のない男性は、耳や首筋に皮膚がんを発症するケースがかなりあるといいます。

【日やけ止めを使用する際のポイント】

  • 日焼け止めはふだんの倍くらいの厚さに塗らないと、表示通りの効果はないと心得る。
  • 厚塗りしやすい透明ジェルタイプの日やけ止めがおすすめ。
  • ジェルタイプをベースにし、さらにクリーム、仕上げにスプレーというように、剤形の違うものを重ねることも効果的。
  • 耳まわりや首筋が出るヘアスタイルの人は、皮膚がん予防のため、この部分にも忘れずに日やけ止めを塗ること。

上記を参考に、ぜひ効果的な光老化対策に取り組んでみてください。

2019052106(1)

川島 眞先生
1978年東京大学医学部卒業。東京女子医科大学皮膚科主任教授を経て、2018年 東京女子医科大学名誉教授に就任。専門はアトピー性皮膚炎、ウイルス感染症、美容医療。日本香粧品学会前理事長、日本美容皮膚科学会前理事長、日本近赤外線研究会理事長、日本コスメティック協会理事長、皮膚の健康研究機構副理事長。

試してみたい! 光老化対策

日焼け対策、美肌、抗酸化に。オーガニックフルーツジュース3選

疲れやすいけどケミカルなエナジードリンクを飲みたくない、といったときに頼りになるのが、オーガニックフルーツを使ったドリンク。 今回は、未だあまり知ら...

https://www.mylohas.net/2019/03/187692organic_juice.html

白浮きを防ぐ。摩擦に負けない。性能重視「日焼け止め」3アイテム

紫外線対策に本腰を入れなければならない季節がやってきましたね。そこで今回は、進化し続ける「日焼け止め」から編集部が気になるニューフェイス3点をご紹介...

https://www.mylohas.net/2019/03/186105_kanebo.html

    specialbanner

    Ranking

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    3. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    4. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    5. 2020年11月30日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    6. 肌の未来は明るい!乾燥や老化へのアプローチを根本から変える新発見

    7. 温度に気をつけるだけ。にんにくの風味を最も引き出す調理法

    8. 缶詰より断然おいしい。低温調理で簡単「手作りツナ」レシピ

    9. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    5. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    6. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    7. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    8. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    9. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    10. ネガティブな気持ちも一緒に連れて生きよう/モデル・野沢和香[後編]

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら