1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 毛穴の黒ずみやくすみをケア。「酵素洗顔料」おすすめ5選

毛穴の黒ずみやくすみをケア。「酵素洗顔料」おすすめ5選

33,755

田邉愛理

0shutterstock_643309162

image via shutterstock

まぶしい太陽に映える、透明感のある明るい肌を作りたい! でも毛穴の黒ずみや肌のくすみが気になって、ついベースメイクを厚くしてしまう……。そんなときは酵素洗顔でワントーンアップしてみませんか?

酵素洗顔は、酵素が持つタンパク質や脂肪を分解する働きを利用した洗顔法。肌表面に残った古い角質や余分な皮脂、小鼻などの角栓づまりに作用して、透明感のある素肌を取り戻してくれます。

1.美容誌でも数々の受賞を果たした逸品

洗顔料

カネボウ リフレッシング パウダー ウォッシュ 0.4g×32個 3,240円(税込)

『美的』『MAQUIA』『VOCE』など、数々の美容誌で2018年上半期のベストコスメを受賞した実力派。白とピンクのパウダーが毛穴の黒ずみ汚れや角栓、古い角質をすっきり洗い上げ、化粧のりのよい肌に仕上げてくれます。

洗浄力は確かなのに、洗い上がりがとてもしっとりしていて、つっぱらないのが乾燥肌には嬉しいポイント。手に吸い付くような肌感がクセになる逸品です。

[カネボウ]

2.毛穴レスなハリ・ツヤ肌を洗顔で

洗顔料

ルシェリ 酵素洗顔パウダー 0.4g×32包 1512 円(税込)※編集部調べ

毛穴の頑固な汚れや黒ずみまでオフしてくれるのに、肌にやさしくうるおい感もある酵素洗顔料。うるおいコラーゲンケア成分が配合され、ふっくらとハリ・ツヤのある肌に仕上げてくれる、大人女性にぴったりのアイテムです。

素肌を整えるように洗い上げるため、あとから使う化粧水や美容液がなじみやすく、スペシャルケアの前に使うのもおすすめ。ミュゲ(スズラン)の香りで気分も和みます。

[ルシェリ]

3.100%オーガニックで大人ニキビもケア

洗顔料

チャントアチャーム パウダーウォッシュ 0.8g×34包 2,700円(税込)

自然派の洗顔料は泡立ちがいまいち……というイメージがありましたが、こちらは100%オーガニックなのにモチッとした重量感のある泡立ち。肌を摩擦することなく、洗浄成分のパパインが古い角質や毛穴づまりを洗い流してくれます。

うるおいを残した洗い上がりだから、乾燥で悪化する大人ニキビ対策にもよさそう。おだやかな天然ハーブの香りに癒やされます。

[チャントアチャーム]

4.敏感肌・乾燥肌のために開発されたマイルド処方

洗顔料

コラージュ洗顔パウダー 40g 1,728円(税込)、80g 3,066円(税込)

敏感肌、乾燥肌でも角質ケアをしたい人のために、製薬会社グループである「持田ヘルスケア」が開発したのが「コラージュ」の酵素配合洗顔パウダー。無香料、無色素、低刺激性で、毎日のお手入れにも使える肌にやさしい処方です。

洗い上がりはサッパリするのにつっぱらず、肌の感触はツルツルすべすべ。「酵素配合洗顔は肌がピリピリするイメージ」がある方は、一度こちらを試してみてもいいかもしれません。

[コラージュ]

5.口コミ評価も高いビタミンC配合のパワフル洗顔

洗顔料

オバジC 酵素洗顔パウダー 0.4g×30個 1,944円(税込)

使い続けるとくすみが取れる」「毛穴が気にならなくなった」など、口コミ評価が高い「オバジC」の酵素洗顔パウダー。

2種類の酵素とビタミンC(アスコルビン酸)の力で、頑固な毛穴づまりやザラつきをパワフルに撃退してくれます。個包装のパッケージで持ち運びやすいので、太陽光線の強い旅行先に持っていくのにもよさそうです。

[オバジ]

強い日差しを浴びて酸化した皮脂は、ニキビや肌荒れの原因になります。春夏から始める酵素洗顔は、トラブルを未然に防ぐという意味でも効果的。まずは週1回から試してみてはいかがでしょう。

毎日の洗顔だからこそこだわりたい

毛穴汚れスッキリ。くすみ知らずの肌に導く「ジェル洗顔料」

印象を台無しにしてしまうのが「くすみ」を朝晩の洗顔でケア!そこで、 LUNASOL(ルナソル)から新発売となるジェル洗顔料「スムージングジェルウォッ...

https://www.mylohas.net/2019/03/186224_lunasol.html

皮膚科医に聞く「乾燥肌」を変える7つの新習慣。洗顔料の選び方は?

いろんなトラブルを引き起こすカサカサ肌。早く治したいときどうすればよいか専門医に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/03/186452pvn_skin.html

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析