1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. ムレやニオイ、かゆみを解消。携帯できるデリケートゾーン専用アイテム5選

ムレやニオイ、かゆみを解消。携帯できるデリケートゾーン専用アイテム5選

6,686

田邉愛理

20190530skincare

image via Shutterstock

気温も湿度も高くなる、これからの季節。じつは脇の下と同じようにデリケートゾーンにも汗腺があり、ニオイがこもりやすいことをご存じでしょうか。

日中のムレやかゆみを心地よく解消し、デリケートゾーンを清潔に保つ携帯アイテムをご紹介します。

1. 医師が作った信頼度抜群のデオワイプ

デリケートゾーンアイテム

「デオドック」インティメイト デオワイプ 10枚入り 3,024円(税込)

スウェーデン発の「DEODOC(デオドック)」は、泌尿器科と産婦人科の女性医師の見解をもとに、徹底的に安全性にこだわったデリケートゾーンケアアイテムを開発しています。

通常、女性の膣内のpHバランスはpH3.5~4.5、デリケートゾーンはpH5といわれます。

pH5を超えるアルカリ性の強いソープやウェットシートは、デリケートゾーンの酸性のバリアを破壊し、雑菌などが入り込みやすい状態にしてしまうのだそう。

「インティメイト デオワイプ」はpH5を保つよう厳密に設計されているので、肌当たりが優しく乾燥やかゆみが起きません

アルコールおよび刺激の強い香料や、EUで規制されているアレルギー物質26種類も完全に排除しているとのこと。 1枚ずつ個包装されたシックなパッケージと落ち着いた香りも、大人のデリケートゾーンケアにぴったりです。

[DEODOC(デオドック)]

2.手頃で便利。手放せなくなる「流せる」シート

デリケートゾーンアイテム

「ソフィ」デリケートウェット 6枚入り×2個 214円(税込)*編集部調べ

トイレの水に流せる」ところがとにかく便利! Amazonなどでも手に入りやすく、筆者も買い置きしているリフレッシュシートです。

使い心地もソフトで快適なのですが、髪の毛の1/1000の“超極細繊維”を配合しているとのこと。無香料タイプがあるところも気に入っています。

生理中やおりものが気になるとき、外出先でウォシュレットがないときなど、ポーチにこれが入っていると安心。7.5cm×12cmの小さめパッケージもポイントが高いです。

[ソフィ]

3.コスモス認証取得、植物の潤いでリフレッシュ

デリケートゾーンアイテム

「Pubicare organic」フェミニンコットンシート 無香料 20枚入り 1,620円(税込)

「Pubicare organic」は、日本初のデリケートゾーン専門美容サロン「ピュビケアサロン白金台」がプロデュースするデリケートゾーンケアアイテム

こちらの「フェミニンコットンシート」も、オーガニックの世界基準である「COSMOS認証」を取得しています。

ふんわり柔らかいオーガニックコットンに、潤い成分としてローマカミツレ花水やアロエベラ液汁、ルイボスエキスを配合。pH値4~5の弱酸性で設計されているので、肌への負担も気になりません

「植物の潤いで優しくリフレッシュする」というコンセプトや、清潔感あふれるシンプルなパッケージにも魅力を感じるアイテムです。

[Pubicare organic]

4.蘭の香りでボディもデリケートゾーンもケアできる

デリケートゾーンアイテム

ウーマンエッセンシャルズ」リフレッシュスプレー 30mL 2,400円(本体価格/BCL)

気品あふれる蘭の香りが持続するローションスプレー。3プッシュほどをティッシュペーパーなどに吹きかけて拭うと、植物由来の成分でニオイの元となる汚れを除去してくれます。グリセリンなどの保湿成分も配合されていて、しっとりとなめらかな肌感に。

脇の下用のデオドラントスプレーはデリケートゾーンには使えませんが、これは1本で2役なので便利。荷物の軽量化にもお役立ちです。

[WOMAN essentials]

5.肌に潤いを与えながら優雅にリフレッシュ

デリケートゾーンアイテム

アンティーム ハイジーンシート 12枚入り 1,620円(税込)

「アンティーム オーガニック」は、日本における植物療法の第一人者・森田敦子氏がフィトテラピー(植物療法)をベースに処方開発したデリケートゾーン・パーツケア専用のスキンケアブランドです。

顧客からの要望がとても多かったというデリケートゾーン用の洗浄シートは、使用後トイレにそのまま流せるタイプ

ユキノシタ、白キクラゲ、ハトムギ種子、ザクロ果実などの成分が配合され、抗炎症や保湿、美白作用が期待できます。

イランイランやパルマローザ、ラベンダーなどの精油が配合されていて、女性らしい華やかな香りにも嬉しくなるアイテム。気持ちまで優雅にリフレッシュできそうですね。

[アンティーム]

デリケートゾーンは、体の中でもとくに繊細で浸透率が高い場所。肌への優しさやpHバランス、オーガニック成分にこだわったアイテムで、心地よくケアしてみては?

ニオイが気になるこの時期に

痩せてきたのに、なんかクサイ。「ダイエット臭」って知ってますか?

ダイエットをしている方、これからダイエットをしようと考えている方。実は注意すべき点がありました。それは、「ダイエット臭」というニオイ。え? ダイエッ...

https://www.mylohas.net/2018/09/175214kunkunbody.html

口の中も夏バテする! 知らないうちに口臭の原因になっているかも

免疫力が落ちている夏は、口腔内の菌の活動が活発になり、口臭の原因に。「フィリップス」から発売されたばかりの「ソニッケアー プロテクトクリーンシリーズ...

https://www.mylohas.net/2018/08/171938mouth.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた