1. Home
  2. BODY
  3. 生理が重い日は多めに水を。女性が「のどの渇く理由」4つ

生理が重い日は多めに水を。女性が「のどの渇く理由」4つ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

5,811

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

水を飲む女性

image via shutterstock

たくさん水を飲んでも、のどの渇きが癒えない。そんなとき、ほとんどの場合、理由は明らか。水を飲み足りていないのです。

しかし、異常なほどに水が欲してしまうときは、何か問題があるかもしれません。

ふだんどおりに水を飲んでいても、なお脱水症状があるなら、ひどいのどの渇きにつながる病気が潜んでいるかもしれません。医師に確認してもらうとよい、女性特有ののどの渇きの原因を紹介します。

糖尿病、慢性のストレスなど、前編6つはこちらの記事で。

  1. 月経
  2. 甲状腺の問題
  3. 妊娠
  4. 過度の出血

1. 月経

生理

image via shutterstock

月経期間中に水が飲みたくなるのは、全く普通のこと。

エストロゲンとプロゲステロンは、いずれも身体の水分量を増やしたり、減らしたりします。特に月経がひどいときには、出血量が増えます。この結果として、のどが渇いてくるのです」と、ペンシルベニア州にあるUPMC(ピッツバーグ大学メディカルセンター)ノースハンティンドン外来診療医ヒーサー・ローゼン医師(メディカル・ディレクター)。

月経前症候群(PMS)にあるときには、水のボトルを。

2. 甲状腺の問題

甲状腺

image via shutterstock

甲状腺(首の下の方にあるチョウチョの形をした分泌腺)には、食欲、新陳代謝、体温など、生命活動の機能を調整する「甲状腺ホルモン」を分泌する働きがあります。

「女性は甲状腺に問題が起こりやすいのです」と、ホールセンター(カリフォルニア州サンタモニカ)創設者でメディカルディレクターのプルーデンス・ホール医師。事実、推定2000万人のアメリカ人が何らかの形の甲状腺疾患にかかっているといいます。

甲状腺ホルモンが多すぎたり、少なすぎたりすると、月経異常、不安、身体のほてり、ドライマウスなど、さまざまな不定愁訴が現れることがあり、この症状がのどの渇きにつながるのです。

さらに、アメリカ国立糖尿病・消化器病・腎臓病研究所(NIDDK)によると、甲状腺機能低下症になると、のどの渇きを引き起こす別の病気にもなりやすいといいます。1型糖尿病、シェーグレン症候群、ビタミンB12欠乏による貧血などの病気です。

3. 妊娠

妊娠

image via shutterstock

妊娠のサインにはいろいろありますが、のどの渇きもそのひとつです。「血液の量は、妊娠初期(3か月)に増えてきます。このために腎臓で多くの尿が作られて、膀胱をいっぱいにするのです」と説明するのはメイヨークリニック。

そうして頻繁にトイレに駆け込むことに。妊娠に伴う吐き気とつわりも、水分を欲してしまう原因になるのです。

4. 過度の出血

めまい

image via shutterstock

重い月経や消化管の出血性潰瘍などのために、失血が続いたり、突然失血したりすると、水分を補おうとしてのどの渇きが強まることがあります

「貧血のよくある原因のひとつが出血過多。赤血球を新たに作り出すよりも早く、血液を失ってしまう状態です」と、ローゼン医師は説明します。

貧血があるかどうかは、身体検査と血液検査によって診断できます。治療法は診断内容によって異なります。

効果的な水分補給を

ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

白湯にレモンをプラスした「レモン白湯」の魅力とは? 簡単レシピと一緒に、意外な健康効果をご紹介します。飲むベストタイミングも要チェック。

https://www.mylohas.net/2018/12/181199diet_lemon.html

炭酸水を飲むとお腹が空く? 炭酸水の種類の違いと、理想的な飲み方

スカッと爽快になるけど、歯や消化、空腹感にはよくないという説もある炭酸水。じっさい健康にどんな影響がある?

https://www.mylohas.net/2019/01/183158sparklingwater.html

Krissy Brady/10 Unexpected Reasons Why You’re Thirsty All the Time
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析