1. Home
  2. MIND
  3. 不安な気持ちをなくす6つの対処法

不安な気持ちをなくす6つの対処法

3,168

不安を感じる女性

不安があって気持ちが落ち着かない、不安との上手な付き合い方を知りたい。ざわざわした気持ちはセルフコントロールできたらいいですよね。

不安な気持ちになる仕組みや、簡単にできる対策法など6つのヒントをお届けします。

不安をやわらげる5つの食べ物

チョコ

不安を感じたとき、何を口にしますか? 食べ物によっては、気分をよくしたり落ち込ませたりする作用があるそう。

穏やかな心のためにもっと食べたい5つの食べ物と、控えたほうがよいものを紹介します。適切な食べ物を積極的に摂って、調子を整えましょう!

不安をやわらげる5つの食べ物

専門家が認める不安への対処法8つ

不安な女性

私たちは生活のなかで、少なからず不安を感じるもの。でも少しの工夫で落ち着きを取り戻せるかもしれません。

例えば、朝食に卵を食べていますか? 専門家が認める、ナチュラルな対処法8つをご紹介します。

早くこの心を落ち着かせたい。専門家が認める不安への対処法8つ

医師に相談すべき、不安障害のサイン7つ

不安な女性

誰しも、ときどき不安になります。とはいえ、不安が「役立つものではなく、苦しむものになったら」助けを求め、不安障害ではないかを調べるときです。

医師に相談すべき不安障害のサインとは?

いつも不安なのは、不安障害だから? 気を付けるべき7つのサイン

不安になりがちな人におすすめの「心配スケジューリング」

スケジュール

「プレゼンに失敗したらどうしよう」「次の支払いに間に合うだろうか」など、未来の不安でストレスを溜めてしまう人におすすめの対策法が「心配スケジューリング」

心配症や考えすぎの人ほど大きなメリットがあるテクニックです。

心配症や考えすぎの人におすすめしたい心理テクニック「心配スケジューリング」

「不安」は脳の使い方で簡単に消し去れる!

女性の脳

多くの人は、つねに不安にフォーカスし、自分はダメだと思いこんでいます。でもそれは、単なる"脳の錯覚"です。

不安を成功に変えるコツを、『成功する人は心配性』の著者、脳神経外科医の菅原道仁さんに伺いました。

「不安」は脳の使い方で簡単に消し去れる!

予防医学博士が教える、未来を考えても不安にならない方法

不安な女性

“未来を考えると不安になる”のは人の習性なので、『考えなければ大丈夫ですよ』という回答がひとつ。未来の自分が過大評価しにくいのは、脳の構造がそうなっているからです」

予防医学博士の石川善樹さんに聞いた、未来を考えても不安にならない方法とは?

予防医学博士 石川善樹さんに聞く「未来を考えても不安にならない方法」

特集:弱くて強い心

メンタルケアの方法をもっと知りたい人は、こちらもチェック。

バイバイ、「不安」

不安が減り、肌や髪もうるおう! ホルモンバランスの乱れに負けない方法

女性ホルモンのはたらきは、30代後半から落ちてくるといわれます。更年期にみられる不定愁訴や不安感、肌や髪の乾燥は、いわゆるプレ更年期からあらわれるこ...

https://www.mylohas.net/2018/11/178895geranium.html

モヤモヤした気持ちとサヨナラするには? 不安との上手な付き合い方

不安とは、もともとは危険を予知・察知して行動するための本能だと考えられています。ですから、脳には放っておいても勝手に不安になってしまう習性があります...

https://www.mylohas.net/2019/03/186372get_better23.html

文/寺田佳織(マイロハス編集部)、image via shutterstock

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    2. 禅僧が教える、感情に飲み込まれない人になる心のワーク

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 寝ながらできる、自己肯定感を上げるトレーニングって?

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 筋肉をつくる「完全タンパク質」を摂れる! 8つの植物性食品

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 他人に優しくできないときの深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    10. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    8. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    9. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン