1. Home
  2. BODY
  3. メーガン妃だってお腹ぽっこり。産後のお腹が戻らない理由

メーガン妃だってお腹ぽっこり。産後のお腹が戻らない理由

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

5,646

Maya A. Kishida(翻訳)

メーガン妃

メーガン・マークルのむくんだ足や膨らんだお腹は、出産後にはいたってノーマルなこと。

メーガン妃とベイビー・サセックスの記念すべき最初の写真で、妊娠による体への影響は出産とともに魔法のように消えるわけではないということが証明されました。

お腹をあえて隠そうとはしなかった

2019年5月8日、サセックス公爵夫人メーガン・マークルとハリー王子は、息子のアーチー・ハリソン・マウントバッテン=ウィンザーをお披露目しました。

メーガン妃はとても綺麗でしたが、産後のほとんどのママと同じようにお腹が膨らんだまま。そして足もむくんでいて、またそのことを隠そうともしていなかったのです。

自分も他の妊婦となんら変わらない

妊婦

image via shutterstock

ハリー王子とメーガン妃が第一子となる息子を世界にお披露目。ベイビー・サセックス(アーチー・ハリソン・マウントバッテン=ウィンザー)はとても可愛らしくて、新米ママのメーガン妃も相変わらずとても美しい。でもじつはいろいろな意味で、このときメーガン妃は、自分も出産後の他の女性たちとなんら変わらないということを示していたのです。

母親になったことについて、メーガン妃は愛情にあふれた発言をしています。「魔法のようで、とてもすばらしいことです。私には世界で最高の男性が2人もいる。本当に幸せです」と報道陣に語っていました。

また出産後の多くの女性がそうであるように、メーガン妃のお腹も膨らんだままでしたが、彼女はそれをあえて隠そうとはしていませんでした。それどころか白のトレンチワンピースにベルトというステキな着こなし。また、出産後初めて姿を見せた際、ヒールをはいた足がむくんでいるように見えたと言う人も多かったようです。

繰り返しになりますが、出産してもお腹が膨らんでいる、むくみが取れないというのは、いたって普通のこと。でも初めて親になる人は戸惑ってしまうかもしれません。そこで、知っておくべき体の変化について学んでおきましょう。

妊娠すると、足がむくむのはなぜ?

むくみ

image via shutterstock

すべての女性がそうなるわけではありませんが、妊娠中に足がむくむのはよくあること。そう話すのは、女性の健康を専門とするジェニファー・ワイダー医学博士です。妊娠中は体が水分を多くため込むので、これがむくみを引き起こすのです。

では、なぜ足にむくみが出るのでしょうか?

原因は重力にあると説明するのは、認定産婦人科医クリスティーン・グレーヴス医学博士(ウィニー・パルマー・ホスピタル・フォー・ウィメン・アンド・ベイビーズ勤務)。体内の余分な水分には行き場が必要で、それが単純に足や足首の周りに溜まってしまうのです。

残念なことに、むくみは出産したら魔法のように消えるということはありません。こうした余分な水分は、尿や汗としてゆっくり体から排出されていくのですが、余剰水分をすべて出しきってしまうのにはかなり時間が必要。

どのくらいかかるかは個人差がある、とワイダー博士は言います。数週間でむくみが取れる人もいますが、グレーヴス博士いわく、完全にむくみがなくなるのに6週間かかる人もいるとのこと。

お腹の膨らみが元に戻るのに、どのくらいかかるの?

メーガン妃とヘンリー王子

妊婦のお腹は、9か月かけて膨らんでいきます。そして足のむくみと同じように、妊娠によって膨らんだお腹が、赤ちゃんが出ていけばすぐにへこむということは、通常はありません。

それにはいくつか理由がある、とグレーヴス博士は話します。子宮が大きくなっていて、元の大きさに縮むまでには時間がかかるので、お腹が膨らんだままになる、というのがひとつ。もうひとつは、腹部も余分な水分でむくんでいる可能性があるから。

「通常、女性の子宮が元の大きさに戻るのには6週間くらいかかります。でも、2週間も経てば子宮が骨盤のほうに降りていくので、あまり目立たなくなるはずです」(グレーヴス博士)

むくみの悩みは、これで解消

女性の足

image via shutterstock

出産後のむくみ対策に悩んでいる人へのワイダー博士のアドバイスは、足を高く上げる、水をたくさん飲む、弾性ストッキングを着用する、塩分の摂取を避ける、体を動かすために軽いエクササイズを行う、など。「マッサージも効果的という研究もありますよ」(ワイダー博士)

最後にまとめると、お腹の膨らみも、むくみも健康上まったく問題ありません。妊娠中や産後には当たり前に起こることなのです。そして正直に言って、メーガン妃も、私たち一般人とまったく同じということがわかって、安心しました!

すっきり足のためにむくみ対策

肩こりやむくみは筋膜リリースで解消! フォームローラー5選

筋肉の膜を正しい位置に戻して血行促進! 肩こりやむくみを解消する神器のフォームローラーを厳選して5つご紹介します。タイプもさまざま。携帯用までありま...

https://www.mylohas.net/2019/02/185724buy_foamroller.html

むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

見た目は(ときには味も)しょっぱい感じがしなくても、ナトリウムがたくさん含まれているものがあります。それは何?

https://www.mylohas.net/2019/04/188909pvn_sodium2.html

Korin Miller/Meghan Markle’s Swollen Feet, Baby Bump Are Totally Normal After Giving Birth
訳/Maya A. Kishida

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析