1. Home
  2. EAT
  3. ダイエットに「セロリ」! 茎から葉っぱまでフル活用すべき理由

ダイエットに「セロリ」! 茎から葉っぱまでフル活用すべき理由

4,724

中華

好き嫌いがわかれる野菜「セロリ」。特徴ある香りや味など料理のアクセントになる食材ですが、普段から積極的に摂る人はあまり多くないのでは?

そんなセロリには、実はダイエットや美容に向いている栄養素があるのです。

ダイエット中に摂りたい、セロリの魅力

セロリを切る女性

ダイエットしていると気になるのは、やっぱりカロリー。セロリは、カロリーが低い上にダイエットに最適な特徴が!

セロリは1本(約65g)あたり約10kcalと低カロリーなのに、噛み応えのある食感から少量でも満足感を得ることができるので、無駄な食べ過ぎ予防に期待されています。

(「DietPlus」より引用)

少しでも満腹感が得られるのは、うれしいポイントです。しかし、いくらカロリーが低くても栄養素がないと、ダイエット中に限らず食事のバランスが整いません。セロリには、どんな栄養素があるのでしょうか?

1.茎にも葉にもダイエット向きな栄養がたっぷり

セロリ

セロリにはダイエット向きの栄養素が多く入っているそう。

ダイエット中の天敵であるむくみの解消に役立つカリウムや便秘改善に効果的な食物繊維。ほかにも、代謝アップに欠かせないビタミンB1、B2やイライラ防止に繋がるカルシウムなども含まれ、これらがダイエット効果をより高めてくれると考えられています。

(「DietPlus」より引用)

茎を食べて葉の部分は捨てる人もいるかもしれませんが、それはちょっと待って。じつは葉にも、茎同様に多くの栄養があるので、丸ごと食べるのがおすすめです。

2.美肌・美白をサポート

セロリジュース

セロリが女性にとって魅力的な食材である理由は、ダイエットだけでなく美肌・美白をサポートするという点にもあるんです。

セロリに含まれるビタミンCはコラーゲン合成に関わることや、シミやそばかすの原因となるメラニン生成を抑えることから、美白・美肌効果があると言われています。さらに、ビタミンEは肌老化の原因になる細胞の酸化を抑える抗酸化作用が強いため、アンチエイジングに効果を期待できます。

(「DietPlus」より引用)

紫外線が強くなってきて、美白に力を入れたいこれからの時期はサラダやスープ、チャーハンなどにセロリを入れるのもよさそうです。

3.セロリの香りにはリラックス効果も?

セロリ

さらに、セロリの独特な香りにはリラックス効果があるとも言われています。

主な香り成分にポリフェノールの一種であるアピインが含まれており、イライラを抑え精神を安定させるなど、ストレス軽減・解消に効果を期待できます。

(「DietPlus」より引用)

捨てる部分がない上に、健康パワーたっぷりの「セロリ」。これからは冷蔵庫の常備菜になる予感です。

効率よくヘルシーに

乱れがちな食生活をリセット! 全然苦くない、デトックスグリーンスムージー

やっと寒さが終わり、暖かくなってきましたね。そうすると飲みたくなるのがジュースやスムージー。そこで今回は、6種類もの野菜と果物がたっぷり詰まったグリ...

https://www.mylohas.net/2019/05/189781greensmoothie.html

ダイエットの味方!「食物繊維」を豊富に含む7つの食材

管理栄養士、菊池真由子さんのメソッド「食べても食べても太らない法」から、ダイエットに欠かせない、食物繊維の豊富な食材を紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/04/188960notfatten_25.html

Diet Plus

image via shutterstock

横山智世

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    2. 禅僧が教える、感情に飲み込まれない人になる心のワーク

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 寝ながらできる、自己肯定感を上げるトレーニングって?

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 筋肉をつくる「完全タンパク質」を摂れる! 8つの植物性食品

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 他人に優しくできないときの深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    10. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    8. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    9. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン