1. Home
  2. MIND
  3. 「嫉妬深い」と嫌われるNG行為。人がヤキモチを焼くのはなぜ?

「嫉妬深い」と嫌われるNG行為。人がヤキモチを焼くのはなぜ?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

5,776

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

ジェラシー

image via shutterstock

「自分は毎日のやりくりに苦労しているのに、友だちは給料が上がった」とか、「パートナーが自分よりずっとキレイに見える人と楽しそうにおしゃべりしているのは、ちょっと長すぎるんじゃない?」とか……。人生、誰しも、ときにはちょっと妬んだり、ヤキモチを焼いたりするものです。

ありがたいことに、こんな嫉妬心は、たいていしばらくすると消えてくれるもの。でも、消えないときはどうすればいいでしょう。

あるいは、嫉妬心がどんどん強くなって、そのことばかり考えるようになってしまったら? 人間関係にも影響するときはどうすればいいでしょうか。

そんなときこそ、自分の気持ちに正面から向き合うときかもしれません。嫉妬の感情をうまくコントロールするためにはどうすればよいか、専門家に意見を聞いてみました。

前編である今回は、嫉妬する心について学びましょう。

嫉妬するのは、ふつうのこと?

カップル

誰しも、ときどきは嫉妬の思いにかられます。嫉妬は、人間なら当たり前なのです。

「生物学的にも感情的にも、人間は生き延びるために、ほかの人とのつながりを大切にします」と、心理学博士のマーク・B・ボーグ・ジュニアさん(共著に『Irrelationship and Relationship Sanity』があります)。

嫉妬心が起こるのは、人とのつながりが、さらには自分の生存が脅かされていると感じてしまうから。別の言い方をすると、私たちは愛する人に安心感を求めているのですが、相手が安心させてくれない場合に嫉妬するのです。

例えば、いつも土曜日には決まった友だちと会っていたのに、その友だちが週末に写真教室か何かに行くことになり、もう会う時間がなくなった場合。突然、その友だちが自分をあまり気にかけてくれなくなったような妙な感覚におそわれます。友だちがあなたとではなく、写真教室に時間を使っていることで嫉妬し始めます。

こんな成り行きは結構よくあること。ですが、よくあるからといって自分にとって害にならないわけではありません。嫉妬心が起きると、感情的に混乱して、もっと大切なやるべきことに集中できなくなってしまいます。

「最悪な事態としては、嫉妬心が悪化するままに放っておくと、人間関係に深刻なダメージが及ぶのです」とボーグさんは説明します。

嫉妬しているときに、やってはいけないこと

喧嘩

image via shutterstock

自分の嫉妬心が完全に“正当”だと思っても、相手を攻撃したい気持ちは抑えます

愛する人を責めたり、自分がそんな気持ちになったのをその人のせいにしたりしては、口論が始まるのが確実。「誰でも自分の感情が大事ですし、守りたいのですから」と話すのは、結婚・家族セラピスト(MFT)のリサ・ガネルさん(理学修士、認可臨床結婚・家族セラピスト)。

それから、特に恋愛関係で嫉妬心が起きた場合、してはいけない行為がもうひとつあります。

自分の嫉妬心が“正しい”と証明するために、パートナーを監視するとか、プライバシーを侵害すること。ガネルさんからの警告は、「詮索して関係がよくなったケースなど、ひとつもありません」というもの。携帯やパソコンのメールを見るのも、完全にNG

そして、嫉妬心をコントロールできずに、暴走させてしまわないように。「ときどき嫉妬心が起きるのは普通のことなのです」とボーグさんは指摘。でも、ほぼ毎日のように嫉妬の感情が沸き起こったり、嫉妬心が激しい怒りや暴力にまでつながったりするなら、その不安はセラピストと一緒に対処する方がよいのかもしれません。

明朝の『Prevention』では、嫉妬の感情をコントロールする具体的なやり方を紹介します。

心に無理をさせないために

精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

たとえば5月病など、頑張りが空回りしてしまったりすることがあります。少し自信が持てないときにこそ知っておきたい自己肯定感の高め方は?

https://www.mylohas.net/2019/05/190289sp_mental_book_guilt.html

やる気が出ないときはどうすればいい? 休むと逆効果になることも

折れない心を作るための認知行動療法の実践のコツを紹介します。難しく考えずに、軽い気持ちでトライしてみてください。

https://www.mylohas.net/2019/05/190759sp_mental_cognitivebehavior02.html

Marygrace Taylor/How to Deal With Jealousy in a Healthy Way, According to Therapists
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    Ranking

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. パソコンの位置を変えれば、とたんに調子のいい体に!

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 管理栄養士がすすめる「ダイエット弁当」の作り方

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. めんつゆでパパッと完成。老化防止に「なすの煮物」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    5. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    6. めんつゆでパパッと完成。老化防止に「なすの煮物」

    7. 疲労回復のプロが教える、朝起きたときに疲れていない体を手に入れる方法

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 管理栄養士がすすめる「ダイエット弁当」の作り方

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    10. 寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること