1. Home
  2. BODY
  3. 腹巻きに腹痛を防ぐ効果はある?

腹巻きに腹痛を防ぐ効果はある?

30日間の「胃腸の鍛え方」

6,227

田邉愛理

胃腸を傷つける生活習慣は、食べ過ぎ・飲み過ぎだけではありません。日本人に多い消化管のがんを防ぐためにも、胃腸のケアは重要。予防医学医の奥田昌子さんが教える「胃腸を最速で強くする方法」を、毎日ひとつずつご紹介します。

お腹を抱える女性

images via shutterstock

寝冷えするとお腹が痛くなる」とよくいわれますが、じつはその原因はよくわかっていません。お腹には重要な臓器が集まっているので、気温が下がってもお腹の奥の温度は維持されるからです。

体のあちこちの体温を測った調査では、たとえ手足が冷えても、重要な臓器が集まる脳と胸、お腹は温かいことがわかりました。冷たいものをガンガン飲んだり食べたりして消化不良が起きるならともかく、パジャマからお腹が出たくらいで消化管の温度が下がるとは考えにくいのです。

可能性としては、屋内と屋外の激しい温度差で自律神経のバランスが乱れるように、体の表面と深部で温度差が起きることがあげられます。消化管が温かくても体の表面が冷え切っていると、全身をめぐる血液や神経は極端な温度差に晒されてしまいます。この状態を脳がストレスと感じて、消化管のトラブルにつながるのかもしれません。

腹巻きにはお腹の奥の温度を上げる効果はありませんが、お腹の浅い部分を冷やさない効果はあります。腹巻きで温められた血液が手足に流れれば、末端の冷えを防いで気持ちよく過ごせるでしょう。

腹巻きで安心感や心地よさを感じる人は、ぜひ使ってリラックスしてください。消化管はストレスの影響を受けやすく、リラックスがとても大切だからです。

30日間の「胃腸を強くする方法」をもっと見る

刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

胃にやさしい食事や調理方法はさまざまあります。例えば、魚の場合、生(刺身)と焼き魚で荒れば、どちらが胃にやさしいと思いますか? 卵ならば、半熟と、生...

https://www.mylohas.net/2019/05/190487stomach_24.html

胃のムカムカを防ぐには、どちら向きで寝ればいい?

胃のムカムカ。一度は体感したことがあるのではないでしょうか。そんな時に、ムカムカを防ぐのは睡眠時の姿勢も関係あるそうです。どちら向き、うつ伏せ、仰向...

https://www.mylohas.net/2019/05/190482189572stomach_21.html

胃腸を最速で強くする 体内の管から考える日本人の健康」(幻冬舎新書)

胃腸book

「胃痛の原因はストレス」「ヨーグルトで便秘が治る」――そんな誤解をしていませんか? 人間の体は巨大な一本の管=消化管でできているのに、私たちは驚くほどその実態を知りません。本書では強い消化管をつくるために欠かせない食事や生活習慣を、日本人の体質を研究する予防医学医の奥田昌子さんが解説。なぜ日本人は「胃腸が弱い」のか、その秘密を紐解きます。

    regularbanner

    Ranking

    1. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    2. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    3. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    4. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    5. お酒をやめるとやせますか? 3か月の禁酒で5.4kgの成功例は

    6. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    9. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?