1. Home
  2. HEALTH
  3. 刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

30日間の「胃腸の鍛え方」

26,010

田邉愛理

胃腸を傷つける生活習慣は、食べ過ぎ・飲み過ぎだけではありません。日本人に多い消化管のがんを防ぐためにも、胃腸のケアは重要。予防医学医の奥田昌子さんが教える「胃腸を最速で強くする方法」を、毎日ひとつずつご紹介します。

魚

images via shutterstock

調理法とタンパク質の消化しやすさの関係については、科学的な研究がいくつも行われています。同じ魚を生のまま、煮る、焼く、蒸す、干す、揚げる、酢につける、塩漬けにするなどさまざまな方法で調理して、そこに胃液に近い成分の液体をかけた場合、もっとも消化されやすかったのはどの調理法だと思いますか?

意外かもしれませんが、もっとも消化しやすかったのは生のまま、そして煮魚と蒸し魚、干し魚でした。次が酢につけた魚、揚げた魚で、消化に手間取ったのは焼き魚、いちばん消化しにくかったのは塩漬けにした魚でした。

これに似た実験は卵でも行われていて、もっとも消化しやすく、栄養素の吸収がよいのは半熟卵でした。生卵とゆで卵は消化に2時間半程度かかるのに対して、半熟卵は1時間半。目玉焼きは3時間と記録されています。魚と同じく、焼くと消化が悪くなるわけです。

じつはタンパク質は長く加熱するほど、そして加熱温度が高くなるほど固まる性質があり、消化に時間がかかります。また、塩漬けにすると水分が抜けるため、やはり身がしまって固くなります。

胃の調子が悪いときは焼きものや揚げもの、塩蔵食品(水分が抜け、身がしまって固くなる)は避けたほうがよさそうです。

30日間の「胃腸を強くする方法」をもっと見る

腸が活発過ぎると、どうして便秘になるの?

腸活が盛んですが、活発すぎることでデメリットもあるようです。そのひとつが便秘。活発になっているのに、便秘? その理由とは?

https://www.mylohas.net/2019/05/189575stomach_15.html

会社に行きたくない病? 電車に乗るとお腹が痛くなる本当の理由

出勤時、電車に乗るとお腹が痛くなる。それまでは元気だったのに、なぜでしょうか? ストレスが溜まっているという話をよく聞きますが、症状がひどいと大変な...

https://www.mylohas.net/2019/05/189574stomach_14.html

胃腸を最速で強くする 体内の管から考える日本人の健康」(幻冬舎新書)

胃腸book

「胃痛の原因はストレス」「ヨーグルトで便秘が治る」――そんな誤解をしていませんか? 人間の体は巨大な一本の管=消化管でできているのに、私たちは驚くほどその実態を知りません。本書では強い消化管をつくるために欠かせない食事や生活習慣を、日本人の体質を研究する予防医学医の奥田昌子さんが解説。なぜ日本人は「胃腸が弱い」のか、その秘密を紐解きます。

    Ranking

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    5. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    6. 2021年12月1日〜14日の運勢 【LUAの12星座占い】

    7. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    8. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    3. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    4. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    5. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    6. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    7. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    8. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    9. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    8. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    9. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    10. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら