1. Home
  2. BODY
  3. ただの腹痛や下痢じゃないかも。お腹の難病「クローン病」とは?

ただの腹痛や下痢じゃないかも。お腹の難病「クローン病」とは?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

7,267

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

腹痛

クローン病って、どんな病気?

クローン病は、消化管に炎症を引き起こす慢性の腸疾患。一般的には腸で炎症が起こり、特徴的な症状は腹痛と下痢です。[1]

腸

左は健康な小腸。右はクローン病の小腸。腸の壁が厚くなり、表面がでこぼこして粘膜に裂け目もできている。

EMILY SCHIFF-SLATER

医師によると、クローン病の原因ははっきりとわかっていません。しかし、免疫系が正常ではない働きをするために起こることがあると知られています。

基本的にその免疫系の働きにより、異常がないのに炎症を引き起こす細胞が放出されてしまい、こうして起こる炎症により問題が引き起こされるのです。[2]

アメリカでは50万人以上がクローン病を患っており、人数は上昇を続けています。専門家にもその理由は分かっていません。どの年代にも発症するのですが、20代で多く見られています。男性より女性にやや多く発生する可能性が指摘されています。 [3] [4]

クローン病の種類は?

お腹

image via shutterstock

クローン病が問題となるのは、通常は小腸や大腸です。ただし、口から肛門までの消化管のあらゆる部分で問題が起こる可能性はあります。

クローン病には5つの異なるタイプがあり、影響の及ぶ身体の部位により定義されています。

内臓

消化器系。右上から下に、胃、結腸、虫垂、直腸。左上から下に、十二指腸、空腸、回腸、小腸。

EMILY SCHIFF-SLATER

回結腸炎

回結腸炎は、小腸の肛門側に当たる回腸と、大腸(結腸)に影響が及ぶものです。クローン病の最も一般的なタイプとなります。

回腸炎

回腸炎は、結腸ではなく回腸のみに影響が及ぶものです。

十二指腸クローン病

十二指腸として知られている小腸の最初の部分と胃に影響が及ぶものです。

空回腸炎

空回腸炎は、空腸と呼ばれる小腸の上部に斑点状に炎症が引き起こされるものです。

クローン大腸炎

この状態は結腸だけに影響します。

クローン病の原因は?

遺伝子

image via shutterstock

医師によると、クローン病の原因は正確には分かっていません。[6]

ただし、次のような要因の組み合わせから生じると考えられています。

遺伝子

一部のクローン病の患者では、病気のリスクに遺伝的な関与があると考えられています。

いくつかの研究によると、クローン病の家族がいる一親等の親族をはじめとした近親者(母、父、兄弟姉妹のような)は、そうでない人に比べて、病気を発病する可能性がおよそ30倍になると分かっています。[6]

自己免疫疾患

免疫系が誤って体の健康な細胞を攻撃してしまうことがあり、これは自己免疫疾患として知れています。[3]

専門家によると、ほとんどのクローン病患者において、有害とならない腸内細菌が危険なものとして免疫系によって誤って認識されてしまっているそう。誤まって認識されることにより、免疫系が腸の炎症レベルを高く保つようになり、病気に関連する症状とダメージが引き起こされてしまうのです。[3] [7]

クローン病になりやすいリスクは?

腹痛

image via shutterstock

次のようなリスクがあります。

喫煙はクローン病のリスクを2倍に高めます。

・果物、野菜、豆、全穀物のような食品に含まれる食物繊維の消費量が少ないと、リスクが高まります。

ある研究によると、鎮痛薬(非ステロイド性消炎鎮痛薬=NSAID)や避妊薬などの特定の薬を飲むと、クローン病のリスクがわずかに上昇することが分かっています。ただし、この発見についてはさらに検証が必要です。クローン病の根本的な原因については現在も専門家による研究途上です。 [8] [9]

顔マーク

食物繊維を1日24g以上摂ることで、クローン病のリスクを最大40%減らせます。

EMILY SCHIFF-SLATER

[1]Medline Plus [2]NCBI [3]NIH [4]CDC [5]CROHNS&COLITIS [6]Cleveland Clinic [7]CROHNS&COLITIS [8]NIH [9]NCBL [10]CROHNS&COLITIS [11]NIH [12]CROHNS&COLITIS [13]NIH [14]NIH [15]Cleveland Clinic [16]CROHNS&COLITIS [17]GASTROENTEROLOGY&HEPATOLOGY [18]MAYOCLINIC [19]NCBI [20]NCBI [21]AGA Journal [22]MAYOCLINIC

お腹の病気あれこれ

医師が教える、食中毒と「おなかの風邪」(ウイルス性胃腸炎)の症状と見分け方は?

冬に流行るおなかの風邪(ウイルス性胃腸炎)や食中毒。わかりにくい症状の見分け方と、早く治す方法を医師に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/01/183087gastroenteritis.html

「げっぷ」でわかる4つの異常サイン

よくあるげっぷ。しかしげっぷがしつこく続いて生活に支障がでるなら、少し慎重になった方が良いかも。げっぷでわかる体の異常のサインをご紹介。

https://www.mylohas.net/2018/05/167385burp.html

Markham Heid/Crohn's Disease: Everything to Know About the Digestive Tract Disorder That's on the Rise
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた