1. Home
  2. BODY
  3. 胃のムカムカを防ぐには、どちら向きで寝ればいい?

胃のムカムカを防ぐには、どちら向きで寝ればいい?

30日間の「胃腸の鍛え方」

92,939

田邉愛理

胃腸を傷つける生活習慣は、食べ過ぎ・飲み過ぎだけではありません。日本人に多い消化管のがんを防ぐためにも、胃腸のケアは重要。予防医学医の奥田昌子さんが教える「胃腸を最速で強くする方法」を、毎日ひとつずつご紹介します。

寝る女性

images via shutterstock

逆流性食道炎を予防し、改善するには、睡眠中の姿勢も大切です。じつは姿勢によっては、喫煙や飲酒と同じくらい逆流性食道炎が悪化することがわかっているのです。

気をつけるべきポイントは次の2つ。

  • あお向けで寝たい人は、頭だけでなく肩の下まで持ち上げる
  • 横向きで寝たい人は、左側を下にして寝る

あお向けの場合は、上半身だけを45度くらい持ち上げた状態がベスト。リクライニング式のベッドがあればよいのですが、ないときは大きめの枕かクッション、座布団、丸めた毛布などを使って、肩全体を持ち上げるのがおすすめです。

横向きの場合は、右向きのほうがよいという考え方もあります。そのほうが胃酸が逆流しにくいというのですが、右が下だと胃の入り口を巾着のように締めている筋肉がゆるみやすいとされ、総合的には左向きのほうがよいと思われます。

ただし、胃の形や位置には個人差があります。どちら向きが自分にとって心地よいか、ぜひ試してみてください。

30日間の「胃腸を強くする方法」をもっと見る

「げっぷ」「おなら」。家族にも嫌われない食事法

げっぷやおなら。人に嫌がられる行為ではあるものの、それを防ぐ方法はあるのでしょうか? 実は食べ方でコツがあるのだそうです。

https://www.mylohas.net/2019/05/189572stomach_13.html

心身症になりやすい2つの性格って?

ストレスによる消化管の障害や心身症を発症しやすいタイプが2つあるそうです。その2つはある意味、相反する性格だそうです。さて、どんなタイプなのでしょう...

https://www.mylohas.net/2019/05/189571stomach_12.html

胃腸を最速で強くする 体内の管から考える日本人の健康」(幻冬舎新書)

胃腸book

「胃痛の原因はストレス」「ヨーグルトで便秘が治る」――そんな誤解をしていませんか? 人間の体は巨大な一本の管=消化管でできているのに、私たちは驚くほどその実態を知りません。本書では強い消化管をつくるために欠かせない食事や生活習慣を、日本人の体質を研究する予防医学医の奥田昌子さんが解説。なぜ日本人は「胃腸が弱い」のか、その秘密を紐解きます。

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析