1. Home
  2. BODY
  3. 体重を減らすベストな方法は? ビヨンセの失敗から学ぼう

体重を減らすベストな方法は? ビヨンセの失敗から学ぼう

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

10,842

ビヨンセ

アメリカ最大規模の音楽フェスティバル「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル(Coachella Valley Music and Arts Festival)」。2018年のヘッドライナーをつとめたビヨンセのパフォーマンスは、まさに圧巻でした。

ビヨンセはこのステージの1年ほど前に、双子のルミとサーを出産。まさに、このコーチェラのステージが、出産後初のパフォーマンスとなったのです。

Netflixで配信が始まったドキュメンタリー『HOMECOMING: ビヨンセ・ライブ作品』の中で、ビヨンセはこのパフォーマンスに向けて、体型を戻そうと必死に取り組んだと話しています。

もう同じ状態には戻れない、と思った

「産後初めての復帰ステージ。私だけのホームカミングを作ろうとしてるんだけど、難しいわ」とドキュメンタリーの中で話しています。「もう同じには戻れない、と思った日もある。肉体的にはもう決して元には戻れない。体力も持久力も、同じ状態には戻らないわ」

双子を出産する当日、体重が100kg近くあったと明かすビヨンセ。そのため、ジムやリハーサルに多くの時間を費やし、少しでも体重を減らしてビッグステージへの準備を整えました。

「最初はしょっちゅう筋けいれんが起こったわ。それに気持ちと身体がバラバラで。心ここにあらずだったの」とビヨンセは言います。

「心は子ども達と一緒にいたいと思っていて。皆には犠牲を払っているということがわかってもらえない……15時間ぶっ通しでリハーサルしていた昔とは違うの。子どもがいるし、夫もいる。自分の体のケアもしなきゃならないわ

産後ダイエットにもトライ

ビヨンセは、コーチェラのパフォーマンスに間に合うように、過酷なダイエットにも挑戦したと言います。

「目標を達成するため、パン、炭水化物、砂糖、乳製品、肉、魚、アルコールを一切食べずにしているの。お腹が空いたわ」とビヨンセ。ビヨンセと夫のジェイ・Zはしばらくの間、ヴィーガンダイエットに取り組んでいましたが、3児の母でもあるビヨンセは後日、コーチェラのための急激なダイエットはやりすぎだったかも、と話しています。

ハードなダイエットは、産後の回復を遅らせる

妊婦

image via shutterstock

一般的に、産後ダイエットはあまりおすすめできません。アメリカ産科婦人科学会(ACOG)のウェブサイトには、「クラッシュダイエット(極端な短期ダイエット)をすれば、昔の服が着れるようになると魅力的に感じるかもしれませんが、やめましょう」と記載されています。「ダイエットをすることで体に必要な栄養素が摂り入れられず、産後の回復が遅れます

代わりに、ACOGは「いい食習慣」を心がけるようにおすすめしています。そうすれば数か月で通常の体重に戻れるはずです、とのこと。

ビヨンセがダイエットを始めたタイミングはわかりませんし、産後9か月後にパフォーマンスが控えていたので仕方ないかもしれません。しかし栄養士は、極端に食事を制限するタイミングではなかったと指摘します。

「これは無茶なダイエットです」とオハイオ州立大学ウェクスナー医療センターの登録栄養士、リズ・ウェイナンディさんは言います。「(産後は)いろいろな種類の、非常に健康的な食べ物を摂らないといけない時期です。フルーツや、全粒穀物など炭水化物グループに含まれる食品も摂取しないといけません。体型を元に戻す必要があったのはわかりますが、その分どれほどの犠牲を払ったのでしょう?」

授乳中の女性は、とくに注意して

授乳

image via shutterstock

この時期に授乳中の女性の場合は特にそうです、とニューヨークシティに住む認定栄養士のジーナ・キートリーさんは言います。「授乳をしている場合、必須脂肪酸、ビタミン、ミネラルなど、赤ちゃんにとって大切な栄養素が不足してしまいます」とキートリーさん。

「パン、炭水化物(フルーツや野菜が含むことも)、砂糖、乳製品、肉、魚を抜いたら、何が残ります? 水とオリーブオイル? これはどなたにもおすすめできないダイエット法です」

ただ、ニューヨークで活躍する登録栄養士のジェシカ・コーディングさんが指摘するように、ビヨンセの場合は仕事柄きちんとした監視下で行っており、多くの女性にはなかなか手の届かない、さまざまな支援を受けることができます。

その一方で、「一般的に、出産後、特に授乳中は、極端な食事制限をするのはおすすめできません。必要な栄養素ばかりです!」コーディングさんは、いつも患者にこう言っているそうです。「自分に優しく、自分に合ったペースで進めることが大切です。十分に栄養を摂っていないと、クリアな頭で考えたり、エネルギッシュに過ごすのが難しくなります」

産後、効率的に体重を減らす一番の方法とは?

妊婦

image via shutterstock

まずは一息ついてください、とキートリーさんはすすめます。「少し時間を取って、新たな命を産んだことに感謝して。進化論的に言えば、体重計の数字よりもあなたのほうが勝っているのですから」

しかし、当然ながらそのうち、健康的な体重に戻りたいと思う日が来るでしょう。そのためには、水銀の含有量の少ない魚、ナッツ、全粒穀物、フルーツ、野菜、低脂肪のタンパク質などさまざまな食材を摂ってください、とキートリーさんは言います。

栄養サイト「Appetite for Health」の設立者のひとり、登録栄養士のジュリー・アプトンさんも賛同します。「健康によい自然食品を中心に摂りつつ、アルコールを飲まない(制限する)、甘いものや質の低いカロリー(ジャンクフードなど)は避けるといったことにだけ気を付けて」

また、授乳をするとカロリーがたくさん消費されます。ウェイナディさんによると、1日約500kcalが消費されるので、減量にもひと役買ってくれるはず。

それ以外の方法としては、「論理的で栄養価の高い」ダイエットを実践することをウェイナディさんはすすめています。つまり、いろいろな食品群のものを食べるということです。「さまざまな食品群をカットしてしまうことは、絶対にやってはいけません」と付け加えます。

ビヨンセだって「もう二度と無茶しない」

食材

「論理的に考えれば、ビヨンセは、“(出産直後の)今年はコーチェラをやらない。来年にするわ”と言うべきでした。でも、事情はわかりませんからね」

ビヨンセ本人も、あのようなダイエットは二度とやらないと宣言しています。「自分でできる範囲を超えてムリをしてしまったの。とても大事なことを学んだわ」とドキュメンタリーで語っています。「もう絶対に、二度とあんな無茶はしない」と。

ダイエットは無理せず

ダイエットやシワ予防にも!? 柑橘系フルーツが健康によい理由

ミカンやグレープフルーツなど柑橘系の果物は栄養豊富。美容や健康によい理由を知って積極的に摂りたいものです。

https://www.mylohas.net/2019/04/188913pvn_citrus.html

絶対避けたい、流行のダイエット法を栄養士が大検証

ダイエットをしようとするときに気になってしまうのがセレブたちのダイエット事情。でも実際の効果はいかに?栄養士の皆さんに本当のところを聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/02/185248pvn_diet.html

Korin Miller/Why Beyonce’s Strict Coachella Diet Is a “Crazy” Idea, According to Dietitians
訳/Seina Ozawa

Seina Ozawa(翻訳)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 悪酔い防止には、牛乳やウコンが合ってる?

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    1. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 胃腸の調子が悪いときに。レンジで作る、簡単茶碗蒸し

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 春先だけじゃない花粉症。自分が持つアレルゲンの見つけ方とは?

    10. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    1. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    6. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 炭水化物は賢く摂る。ダイエット成功の近道4つ