1. Home
  2. BODY
  3. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

68,392

島田ゆかり

筋トレ

image via shutterstock

前回は、筋トレの重要性をフィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんに伺いました。

では筋肉を効率的に増やすにはどうすればいいのでしょう。自分で負荷を変えられ、道具も不要の「自重トレーニング」がおすすめです。

筋肉は、普段より強い刺激を与えて増やす

event.015

筋トレに重要なのは「負荷」。軽すぎると、せっかくトレーニングをしても筋肉が増えません。

「前回の記事で、片足で椅子から立ち上がるロコモ度テストをご紹介しましたが、スッと立ち上がれた人(A)と、ふらつきながら立ち上がれた人(B)は、下半身の筋肉量が異なります。Aの人は負荷を高めに設定しましょう」(中野さん)

自重トレーニング①

椅子の背もたれを使って、片足ずつ上げ下げをするトレーニングです。あまり負荷を感じない人は、こちらを飛ばして、②のトレーニングを行ってください。

event.008

1.左手を椅子の背もたれに置き、右足の脛が床に垂直になるように立ちます。

event.009

2.右足で床を下に押すイメージで。左足のひざを、4秒かけて床に近づけます。「1、2、3、4、5」のカウントで、「(右足で)押して、押して、押して、押して、下ろす」とカウントしましょう。

event.010

3.おりきったら上に戻り、繰り返します。

これを片足20回。向きを変えて逆の足でも20回行います。

もっと負荷を高くする場合は、下の写真のように、下げている方のつま先を床に付けずに行いましょう。

event.011

自重トレーニング①でも3ヶ月ほどすると、負荷が軽くなってくるので、慣れてきたらこちらのトレーニングに切り替えましょう。強度設定の目安は、20回やって息が上がるくらいです。

自重トレーニング③

event.012

さらに負荷をかけるために、下げている方の足を椅子に乗せて行います。これも①と同様、軸足を床に押す要領で、「押して、押して、押して、押して、下ろす」とカウントします。

自重トレーニング④

これは、日常でいつでもできるおすすめのトレーニングです。会社や自宅、レストランなどで椅子から立ち上がるとき、座るときに、必ず片足で行うというもの。

event.013

1.机に手をつき、片足をももから上げる

event.014

2.床についているほうの足に体重をのせ、片足で立ち上がる

これは、いつでもどこでもできる自重トレーニングなので、毎日の習慣にすることをおすすめします。

下半身の筋肉は大きいので、筋トレをするなら下半身を重点的に行うと、効率的に筋肉を増やすことができます。階段を上るのも負荷が高い運動なので、4〜5階くらいまでは階段で上ることも中野さんはおすすめだといいます。

次回は、筋肉を増やすための食事について教えていただきます。

中野ジェームズ修一さん
スポーツモチベーションCLUB100最高技術責任者、PTI認定プロフェッショナルフィジカルトレーナー、米国スポーツ医学会認定 運動生理学士(ACSM/EP-C)フィジカルを強化することで競技力向上や怪我予防、ロコモ・生活習慣病対策などを実現する「フィジカルトレーナー」の第一人者。主な著書に『医師に運動しなさいと言われたら最初に読む本』(日経BP社)、『青トレ』(徳間書店)などベストセラー多数。

中野ジェームズ修一さんのメソッド

おしりを上げるのは簡単じゃない。ヒップアップの正攻法

お尻がブームです。キュッと上がったお尻、程よい大きさのお尻。なりたいお尻は人それぞれですが、お尻の上げるという点においては、みなさん共通の思いではな...

https://www.mylohas.net/2018/11/179444hipup.html

脂肪を燃焼しても、筋肉には変わらない【痩せるカラダを作る方法】

中野ジェームズ修一さんに指南いただく3回目。痩せるためには筋肉量を増やすことが大事と言います。特に脂肪を筋肉に変えるというのは勘違いだそうです。そこ...

https://www.mylohas.net/2018/09/174670diet_method.html

写真/中山実華(2枚目〜9枚目)

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    6. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?