1. Home
  2. BODY
  3. 下半身引き締めに効果的!「ランジ」の正しいやり方

下半身引き締めに効果的!「ランジ」の正しいやり方

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

25,960

Seina Ozawa(翻訳)

ランジ

パーソナルトレーナーのラリサ・ディディオです。

実は、私はランジが大のお気に入り。下半身を引き締めてくれるだけでなく、日常動作がしやすくなるというメリットもあります。基本的な機能運動のひとつであるランジには、歩く、走る、階段を上るなどの動きが取り入れられているんです。

大きな筋肉を一度に鍛える!

ランジエクササイズをこれほどおすすめする理由は、片足でバランスをとり安定させる際に、大臀筋、大腿四頭筋、コア(体幹)が鍛えられるから。これらの大きな筋肉群を鍛えることで、筋力のしっかりとした基盤が作れます。

さらに、いつでも、どこででもできるので、テレビを見ながら、ベッドに入る前に、洗濯物を待つ間など、好きな時間に取り組めるのも嬉しいポイントです。

このトレーニングの効果を最大限に引き出すには、正しい方法で行うことが重要になります。

ランジの正しいやり方

それでは、ランジはどのようにすれば効果的なのでしょうか?

  1. 足を揃えて立ち、手は腰の横に添えるか、祈るように胸の前で合わせます。つま先は前に向けたまま、右足を一歩後ろに引きます。
  2. 左膝を曲げます。膝が踵の真上にくるようにしましょう。右足の踵は床から離し、右膝は床すれすれのところまで下ろします(ただし床につかないように)。腹筋に力を入れたまま、胸を少し前に突き出し、大臀筋に負荷をかけましょう。
  3. 1~2秒キープしたら、立った姿勢に戻ります。10~15回繰り返したら、反対側も。これで1セットです。計3セット行ってください。

完璧なランジを実際に見たいという方は下記の動画(英語)をチェック。

効果がでない「間違ったランジ」は、こう変える!

ランジ

image via shutterstock

間違い:腰を四角く(スクエアに)保てていない。つまり力が入っていない

解決策:

お尻や膝が外側に広がっていると、筋肉が正しく使われず怪我につながる可能性もあります。腰を四角く(前を向いている状態に)保つには、両足のつま先をしっかりと前に向けましょう。そうすることで体を下げてランジの姿勢をとっても、腰と膝が安定した状態を保てます。

間違い:後ろ足の膝に全ての体重がかかってしまっている

解決策:

ランジはスプリットスタンス(足を前後に開いて立つ)なので、前後の足の両方に体重をのせてバランスを取る必要があります。前足の膝はかかとの真上、後ろ足の膝は床すれすれのところで宙に浮かせます。立ち上がる際は、前足に力を入れるようにしてバランスを保ちましょう。

間違い:コアに力が入っていない

解決策:

腹筋に力を入れたまま、下がる際に体を少し前に倒します。腹筋を使うことで体が安定し、背筋が伸びます。コアに力を入れると、立ち上がるときにも安定感が保てます。

やってみよう!

よくあるランジの間違いとそれを正す方法がわかったところで、週に2~3回、ワークアウトルーティンにランジを取り入れることを目標にしてみてください。

10~15回繰り返したら足を入れ替え、合計3セット行いましょう。

もう少しレベルアップしたいという方は、両手にダンベルを持ちながらトライしてみて。下半身が強くなりパワーが増してきた、とすぐに効果を実感できるはず!

プロトレーナーがコツを伝授

8回でも効果大。美尻と美脚が手に入る脂肪燃焼エクササイズ

プランクの応用形「プランクジャック」は、体幹、お尻、肩に効くエクササイズ。家でもホテルでも、場所を選ばず簡単にできます。

https://www.mylohas.net/2019/03/186745pvn_plankjack.html

15分でひきしめ。複数の筋肉をいっぺんに鍛える自宅トレーニング7つ

運動をしたくてもジムに行ったりする時間なんて取れないもの。たった15分間で行うことができるコンパウンドエクササイズをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/01/184279workout.html

Larysa DiDio/How to Do Lunges Correctly, According to a Trainer
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. リバウンドなしで「週1kg体重を減らす」7つのステップ

    2. 日本のスーパーフード「納豆」の知られざるパワー10

    3. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    4. 「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

    5. 筋トレなら「肩こり」も解消できる! 可動域を広げるエクササイズ5選

    6. 健康にいい、適度な運動量ってどのくらい?

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. スピードの追求だけが正解なの? 「ケガ予防」のランニングシューズ

    9. 編集部5人が自腹で買ってる、太りにくいヘルシーおやつ

    10. 看護師が明かす、あなたが医師にすべき質問7つ

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

    3. 筋トレなら「肩こり」も解消できる! 可動域を広げるエクササイズ5選

    4. セックスすると妻が痛いという...そこで彼がとった行動とは?

    5. 日本のスーパーフード「納豆」の知られざるパワー10

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    8. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    9. リバウンドなしで「週1kg体重を減らす」7つのステップ

    10. 「ランニングに時計は必要?」と思っていた私が、すぐにトリコになったわけ

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    3. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    4. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    5. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    6. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    7. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの対人運は?

    8. 「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

    9. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    10. セックスすると妻が痛いという...そこで彼がとった行動とは?