1. Home
  2. BODY
  3. 空中でリラックスしながら体幹強化、「エアリアルヨガ」3つのメリット

空中でリラックスしながら体幹強化、「エアリアルヨガ」3つのメリット

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,555

Seina Ozawa(翻訳)

エアリアルヨガ

おうちでヨガをしたり、ヨガレッスンに参加したことのある方は、エアリアルヨガについて聞いたことがあるかもしれません。

シルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマンスと器械体操を合わせたようなヨガです。反重力ヨガとも呼ばれるこのヨガですが、アクロバティックな動きを身につける必要はありません。

これからチャレンジしたいという方のために、事前に知っておきたいことをまとめました。これを読めば、初めてのレッスンにも安心して臨めます。

エアリアルヨガとは?

女性

image via shutterstock

エアリアルヨガのクラスでは、普通のヨガと同じようなポーズをとっていきますが、ヨガマットではなく天井から吊り下げたシルクハンモックを道具として使います

ハンモックを支えにして、流れるように動いていきます。ハンモックを使うことで柔軟性や筋力を高めると同時に、肩、脊椎、頭に余計な負担をかけずに難しいポーズに挑戦することができます

「エアリアルヨガと普通のヨガとの一番の違いは、ハリソン・ハンモック(※)です」とアンチグラビティ・フィットネス本社のヨガインストラクター兼スタジオ&トレーニング部の責任者を務める、ローラ・コロンさんは言います。※編注:クリストファー・ハリソンさんが開発したエアリアルヨガで使うハンモックのこと。

「レッスン全体を通してハンモックを使います。座って行うメディテーション、太陽礼拝、インバージョン(逆さのポーズ)、そして一番の醍醐味、浮いた状態でのシャバアーサナ(屍のポーズ/エアリアルヨガではコクーン)など、すべてのポーズをハンモックの上で行います

エアリアルヨガのメリット

倒立ができるようになる

ヨガ

image via shutterstock

ヨガ好きにも魅力的なエアリアルヨガのメリットのひとつは、支えがあるのでハンドスタンド(逆立ち)などのインバージョンに挑戦できること

インバージョンは習得するのが難しいポーズですが、ハンモックの力を借りることでポーズをとりやすくなります、とウーナタ・エアリアルヨガの創始者、ミシェル・ドーティニャックさんは言います。

「ハンモックはインバージョンをする際に、最も役立ちます。ハンモックを使えば簡単に体を逆さまにできるので、頭、首、脊椎に負担がかかりません。そのため、生徒によっては床で行うよりハンモックを使った方がいいという人もいます」とドーティニャックさん。

関節を痛めずに、上半身と体幹を鍛えられる

ヨガ

image via shutterstock

支えとなるシルクハンモックを握る際に腕、肩、腹筋を使うので、上半身と体幹を鍛え上げることができます

慢性的な背中の痛みや肩こり・首こりを感じている方は、エアリアルヨガを行うことで固くなっている部分が開いて、関節の動きが滑らかになります

また、ハンモックを使ってインバージョンを行うと、胸が開いて心臓が頭よりも高い位置にくるため、背中への血流アップにつながります。

ほかのヨガもやりやすくなる

ヨガ

image via shutterstock

エアリアルヨガではポーズを深く体験できるので、ヨガ全体の上達につながると感じる生徒もいます、とヨガスタジオElevate Yogaの設立者、ブランディ・ボーアさんとアンバー・ロペスさんは言います。

「エアリアルシルク(吊り下げた布)を道具として使うので、伸びをより深く感じ、マットの上では届かないところにもアプローチできます。自分の限界がわかりますし、少しでも遠くへ伸びようとするので柔軟性が高まります」とボーアさん。

初心者でも参加できるの?

レッスン

image via shutterstock

「エアリアルヨガは、初心者も安心して参加できるクラスです。ヨガを長年経験してきた方も、ヨガがまったく初めてという方も、誰でも参加できます。レッスン中に行う動きは、レベルに合わせて調整することができるためです」とロペスさんは説明します。

普段からヨガをされている方にはおなじみのポーズを、エアリアルヨガでも同じように行っていきます。「戦士のポーズシークエンスを流れるように行います。シルクハンモックを使って、負荷や伸びを感じ、バランスを取りながら動いていきます。マットの上で行うときと同様の伝統的なポーズを、ハンモックの力を借りてさらに深めていきます。ローランジ、ハーフスプリット、ラクダのポーズ、猫のポーズ、牛のポーズなどさまざまなポーズをとっていきます」とロペスさん。

レッスン中には何度か体が逆さまになります。逆立ちダンサーや合せきのポーズのようなイメージです。

ドーティニャックさんによると、エアリアルヨガのレッスンは通常のヨガと同様に、毎回シャバアーサナ(屍のポーズ)で終わりますが、ハンモックの上でポーズを行います。「宙に浮いた状態で繭のようにシルクに包まれると、幸福感を味わいながらリラックスした気持ちで終えることができます」とボーアさんは言います。

エアリアルヨガにおすすめの服装

ヨガ

image via shutterstock

着心地のよい動きやすい服装がおすすめですが、あまりゆったりすぎるものは避けましょう。

動きやすく、着心地のいい服装がおすすめです。ただし、だぼだぼしているとハンモックにひっかかったり、ハンモックの上で動いたときにずれてしまうことがあるので注意しましょう」とドーティニャックさん。

体にハンモックの負荷がかかるので、長袖とレギンスを着るのがベストでしょう。

「逆さまになったときに脱げてしまう服は避けましょう。また、脇の下や腰、膝裏、おなかなど肌の敏感な部分を露出しないよう気をつけてください」とドーティニャックさんは補足します。アクセサリーはハンモックにひっかかってしまう可能性があるので、レッスン前に外しましょう。

エアリアルヨガクラスの探し方

エアリアルヨガのレッスンを受けてみたいという方は、お近くのヨガスタジオに問い合わせてみてください。エアリアルヨガを実施していない場合でも、近くのスタジオを紹介してくれるかもしれません。

新しいエクササイズを始めよう

信頼感と体幹も強くなる! ふたりでできる4つのヨガポーズ

パートナーとの関係をよくするカップルヨガで、マンネリな関係を脱することができるかも?

https://www.mylohas.net/2019/03/187592pvn_yoga2.html

丸の内が競技場に!? 仲間意識が高まる企業対抗リレーイベント

世界各地で行われている「ブルームバーグ スクエア・マイル・リレー」。今年も日本で開催されることが決まりました! 企業対抗という条件がありますが、そも...

https://www.mylohas.net/2019/04/189393bloomberg.html

Mercey Livingston/3 Things That Happen to Your Body When You Try Aerial Yoga
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由