1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. ブラシでなでると肌の凸凹が減る!? 噂の美容法を皮膚科医が検証

ブラシでなでると肌の凸凹が減る!? 噂の美容法を皮膚科医が検証

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,970

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

ドライブラッシング

あなたが何歳でも、それに、たとえ運動しているとしても、おそらく身体のどこかにセルライトがついてしまっているでしょう(調査によると、女性の80〜90%がそうなのです)。だから、あなたが「ドライブラッシング」に惹かれていても、誰も責めたりしませんよ。そう、ソーシャルメディアやスパのメニューで、最近よく見かける方法です。

ドライブラッシングは、皮膚のボコボコした部分をブラシでこするだけ。この方法を支持している人たちは、「セルライトが少なくなって、とってもなめらかで輝くような肌になる」と断言しています。

でも、ほとんどのセルライト“治療法”と同じように、話がうますぎるような気がしませんか? そこで、皮膚科医に話を聞きました。

そもそもセルライトは、どうしてできるの?

セルライト

image via shutterstock

「セルライト」として知られているデコボコは、皮膚のすぐ下の脂肪層にあります。

「脂肪の集まりの間にある皮膚が、線維組織の束に引っ張られてセルライトになるのです」と、ニューヨークのマウント・サイナイ・アイカーン医科大学で皮膚科の臨床准教授をつとめるハイジ・A・ウォルドーフ医師。その結果が、あのイヤなボコボコ・シワシワ肌なのです。

残念なことに、セルライトができるのは圧倒的に女性。アメリカ国立医学図書館によると、セルライトの原因はさまざま。遺伝、食べ物、身体がエネルギーを燃やす仕組み、ホルモンの変化、それに脱水状態さえも関係すると言います。

ドライブラッシングって、具体的にどうやるの?

女性

image via shutterstock

ウォルドーフ医師によると、読んで字のごとし。つまり、柔らかいブラシで皮膚をブラッシングして、死んだ皮膚細胞をこすり落とすものです。

アメリカ皮膚科学会(AAD)によると、ブラシでこするのは一番上の皮膚細胞を取り除くための基本的な方法ですが、ドライブラッシングには、ほかにも健康効果がたくさんあると言われています。

ブラッシングした部分の血行がよくなると、前向きにとらえる人はいます」と、やはりマウント・サイナイ・アイカーン医科大学で皮膚科の臨床指導医をつとめるメーガン・フィーリー医師(ニュージャージー州およびニューヨークシティーの認定皮膚科医)。

ただし、こすったところは血行がよくなるかもしれませんが、ほんの短い間だけですし、もっと深いレベルで健康に影響することはなさそう

フィーリー医師によると、ドライブラッシングをすると血行がとてもよくなる、あるいはリンパ系(組織から余分な液体を流し出してくれます)が毒素を体外に排出するはたらきに効果があるとするデータは、今のところありません

本当にセルライトを減らしてくれるの?

女性

image via shutterstock

そうした効果がある可能性はありますが、あくまで一時的です。くり返しますが、ドライブラッシングは“死んだ皮膚細胞をこすり落とす”ものですから、皮膚がなめらかになって、短いあいだは全体的に質感がよくなります

でも、セルライトを完全になくすとなると、認定委員会の認定を受けた皮膚科医か整形外科医に頼むのが一番。近くのコンビニに並んでいるブラシに頼るべきではありません。「ドライブラッシングでセルライトが少なくなるという科学的な証拠は、今のところありません」(フィーリー医師)。

では、どんな治療法があるの?「現在、セルライトの唯一確実な治療法は“サブシジョン(subcision)”と呼ばれる手術です。針かブレードを使って、皮膚を引っ張っている繊維組織の束を切断するのです」と、ウォルドーフ医師は説明。

コラーゲンを溶かす酵素を用いた注入剤も、臨床試験では有望な結果を出しています。「デコボコになったり波打ったりしているセルライトに注入して、皮膚を引っ張っている線維からなるしきり(つまり、線維組織の束)を減らすわけです」(ウォルドーフ医師)。

それでも試したいなら?

電動洗顔ブラシ

image via shutterstock

ドライブラッシングにはセルライトを完全になくす効果はないとしても、皮膚がなめらかになるので気に入っているという人もいます。でもこの点では、ウォルドーフ医師によると、身体は自然に角質を除去し、死んだ皮膚細胞を落としている事実を忘れないことが大切。

「肌をやさしく洗って、毎日保湿し、太陽光からも保護する。また、皮膚病もなく、皮膚に効果のあるローションなども使っている。そうすれば、皮膚自体がいらなくなった皮膚細胞をおのずと取り除いてくれるのです」(ウォルドーフ医師)。

肌がくすんでいるとか、紫外線によるダメージを受けたとかで、もう少し肌のターンオーバーを強化したいなら、局所用レチノイド(クリーム、ジェル、または液体の医薬品)、アルファヒドロキシ酸(ケミカルスキンピーリングとして知られています)、または電動洗顔ブラシを使ってもよいかもしれません。

「それでも、やはり気持ちいいからとドライブラッシングを続けたいなら、必ず肌触りのよい柔らかいブラシを使います」とフィーリー医師。取り除いた皮膚を洗い流せるように、シャワーを浴びる前にドライブラッシングする人も多いようです。

そして、皮膚にはやさしく使います。「回数は少ないほどよいのです。ドライブラッシングはなるべく短時間、最小限の圧力で行い、多くても週1回までに」と、ウォルドーフ医師。皮膚細胞を取り除くと乾燥しやすくなりますから、ドライブラッシングしたら、必ず保湿ボディローションをたっぷり塗ります

ドライブラッシングをしない方がいい人とは?

湿疹

image via shutterstock

敏感肌の人、それから湿疹や乾癬(かんせん)、じんましんがある人。皮膚が赤くなっている、傷ついている、発疹ができている(吹き出物やニキビ)などの場合も、避ける方が賢明です」とウォルドーフ医師は説明します。

皮膚を刺激してしまい、引っかき傷や傷跡ができたり、感染症になったりする危険さえあります。そうなると、なめらかな肌はおろか、写真映えしない肌になりますね。

たぷたぷ二の腕、どうにかしたい!

たるんだ腕を引き締めたい! 軽めのウェイトを2つでできるピラティスエクササイズ4

腕に筋肉をつけるといいことがいっぱい。効率的に鍛えられるピラティスエクササイズをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/11/178572arms.html

これはいい! 2分でサクサク終了の“痩せ注射”って? #クリニック体験レポ

美容クリニックの痩身メニューを美容ライターが体を張って体験取材する連載記事。今回は、注射をすることによって、脂肪細胞を燃焼させる成分を直接注入する『...

https://www.mylohas.net/2018/11/178760.html

Cassie Shortsleeve/Dry Brushing for Cellulite: What to Know About the Benefits and Risks
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?