1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 本当に取れるの? 角質除去ローションを試してみた

本当に取れるの? 角質除去ローションを試してみた

3,185

MAYAKO

IMG_12851

サンダルのシーズンはすぐそこ。となると、がぜん足もとが気になってきます。

自慢げにいうことでもないのですが、私の場合、かかとがざらついているのはもちろん、足裏に立派なウオノメを持ってまして、美しい足もとにはほど遠い状態…… 。

いい加減フットケアをしないと!と思っていたところに、私の救世主になってくれそうな角質除去ローションを発見したので、早速お試ししてみました。

オーガニック成分で角質をケア

ナチュラルな角質ケアアイテムを展開するフランスのブランド「MARLAY」から発売されているもので、皮膚疾患に効き目が期待できる植物、クサノオウが配合されています。ローション自体は少しとろっとしたテクスチャーで、爽やかな香り。

スキンケアリニュー

MARLAY スキンケアリニュー Skin Care Renew

刺激の強いケミカルな成分で角質にアプローチするアイテムも多い中、オーガニック成分を配合しているので、なんといっても肌への負担が少ないのがうれしいですよね。

私の頑固なざらざらかかともケアできる?

IMG_13151

ローションをふくませたコットンを気になる箇所に置くだけ。手軽!

とはいえ、オーガニックのもので、私のこの頑固なかかとのざらつきはケアできるのか?と不安が募ります。

使い方としては、ローションをコットンにたっぷりふくませて、皮膚が固くなっている箇所やウオノメができている箇所に15分から20分程度置きます。

その後は、かかとブラシで柔らかくなった古い角質をこすり、洗い流せば終了。

コットンを置いている間は激しい動きNG

IMG_12851

部位的にコットンがはがれやすい!

手軽にケアできるものの、コットンをかかとに置いている間は、動き回ることはできません。お茶を飲んだり、本を読んだり……リラックスタイムと割り切るのがおすすめです。

ざらつきが抑えられ、かかとツルン!

ざらついているかかとと、ウオノメと2か所に使用してみると、1回使用しただけでも、かかとのざらつきが抑えられ、ウオノメの固さはマイルドに。

翌週、2回目に使用したときは、かかとのガサガサしてひっかかる感じが消え、ツルンとした仕上がりになりました。

足裏の古い角質がべろん……とはなりません!

足型のシートパックで足全体を覆って角質をケアするタイプのものほど、古い角質がごっそりとれるわけではありませんが、手軽にケアできてサンダルを履くのに抵抗がなくなるレベルの仕上がりなので十分満足できます。

こちらのアイテムは、ネイルの甘皮ケアも可能。足同様に、コットンにローションをつけて、5、6分爪に巻き付けて、ネイル用スティック等で柔らかくなった甘皮を押し上げて、洗い流します

スキンケアリニュー

MARLAY スキンケアリニュー Skin Care Renew 7500円(税込)

爪やかかとなど、体の先端がキレイだと、きちんとお手入れしている感が得られて気分もいいですよね。 今年は自信を持ってサンダルライフを楽しめそうです!

※当記事の内容は個人の感想であり、効果や感じ方に関しては個人差があります

[MARLAY]

肌みせの季節はケアが大切

角質ケア&保湿のルーティンが人気。セレブが美を保つ秘訣とは?

20年も変わらぬ美しさをキープできているセレブ達。彼女たちのスキンケアやフィットネスの習慣を探ってみました。

https://www.mylohas.net/2018/10/176960celeb.html

ソルトではなく、シュガーのボディスクラブを選ぶ理由

これからのシーズンは、ミュールやサンダル、ノースリーブなど、かかとや肘が気になります。角質ケアをしたくても、敏感肌で敬遠しがちだった、という人にもう...

https://www.mylohas.net/2015/07/047743johnmasters.html

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?