1. Home
  2. EAT
  3. 美しい体型をキープしている人が毎日欠かさない「5つの生活習慣」

美しい体型をキープしている人が毎日欠かさない「5つの生活習慣」

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

12,170

Seina Ozawa(翻訳)

マンディームーア

セレブと言えば洗練された美しい姿をイメージしますが、誰もが35歳になったマンディ・ムーアのように内面から輝きを放っているわけではありません。

ドラマ『THIS IS US 36歳、これから』で人気を集めるマンディは、最近ハリウッドの殿堂入りを果たし、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにその名を刻みました。

そんな彼女は、健康に対してホリスティックな考え方を持っています。「自分の体に耳を傾けるんです」とマンディは言います。「体の声を聞き、本当に求めているものは何かを探ります」

厳しい習慣は続かない

若い頃のマンディは、ウェルネスやセルフケアをそれほど優先していなかったそう。「とても力強く感じ、ゆるぎない気分になれるわよね」とマンディ。「今はすごく大切にしているし、夢中になって取り組んでるの」

女優、そしてシンガーソングライターとして活躍するマンディにとって、健康は大きな優先事項となっているようですが、その方法についても『Prevention』に明かしてくれました。

「私の場合、厳しい習慣だとうまくいきません」とマンディ。彼女が健康・体型維持のために続けているセルフケアの習慣をいくつかご紹介します。

1日2回、大きなコップで水を1杯飲む

水

image via shutterstock

マンディは、起きてすぐと、寝る前に、大きめのコップで水を1杯飲むそう。「これは最近新しく始めたことよ。新年の抱負というか、決意ね。1日を気持ちよくスタートさせて、気持ちよく終わらせるの」

十分な水分補給は、健康維持に欠かせません。体を正しく機能させるためには、水分が必要だからです。心臓を動かす源になり、肌を輝かせてくれます。

専門家の多くは、1日に少なくとも8杯の水を飲むようにすすめています。水分補給を忘れがちな方には、断熱ウォーターボトルがおすすめ。

朝一番にボトルに水を入れておけば、1日を通して飲むことができます。ボトルの水が少なくなってきたら、注ぎ足してたっぷり水分を補給するタイミングです。

3種類のビタミン剤を摂る

マンディームーア

50年の歴史を持つアメリカの有名サプリメントブランド「ネイチャーズウェイ」のスポークスマンも務めるマンディ。朝一番に、3つのサプリメントを摂ることを習慣にしています

そのひとつが「ビタミンD3」。ビタミンDは、強く健康的な骨づくり、カルシウムの吸収、炎症抑制に欠かせません。

アメリカの有名総合病院メイヨー・クリニックでは、成人の場合は1日あたり600IUのビタミンD、70歳以上の場合は800IUを摂取するようすすめています。ダイエットのためには、まずは天然魚、卵、マッシュルームなどビタミンD豊富な食材を取り入れることから始めてみましょう。

マンディは、さらに「ビタミンC」のサプリメントも摂取しています。

ビタミンCは、免疫システムを強くしてくれるうえ、肌の輝きやシワの改善などアンチエイジング効果もあります。フェイスセラムやフェイスマスクにビタミンCが含まれることが多いのは、このためです。

また、マンディはネイチャーズウェイの「アライブ!」という名のマルチビタミンも摂っています。これは健康にいい16種類のビタミンやミネラルを含んでいるそう。

いろんな食べ物を適度に楽しむ

食事

image via shutterstock

2年前、マンディは内視鏡検査を受けました。小麦・大麦・ライ麦などに含まれるタンパク質の一種であるグルテンによって引き起こされる自己免疫疾患、セリアック病の検査をするためです。

「セリアック病ではなかったけれど、重度のグルテン不耐性であることがわかったんです。だから、できるだけグルテンフリーの食事を摂るようにしているの。そこまで厳しく制限はしてないから、醤油などは摂っているわ。でも、パンのようにグルテンが多く含まれるものは避けるようにしているの」と、マンディ。

週の初めに、大きめのチキンやサーモンを調理しておき、それをサラダやスープに入れるのがお気に入りだというマンディ。「私たちは旅行によく行くのだけれど、仕事があるから家には私一人だけということも多いの。だから簡単でお手頃なものが好き」

エクササイズがわりに、ハイキングに行く

マンディは、ときどきトレーナーとワークアウトをしたり、フィットネスクラスに参加しているとのこと。でも、最も好きなのはハイキングで、頻繁に出かけるそうです。「一番のお気に入りなの。何より魅力を感じるわ」とマンディは話します。「静かに、誰にも邪魔されず、平和に過ごせるんです」

自然とのつながりをとても大事にしているマンディ。自然の中で過ごすことがメンタルヘルスの向上につながることは、数々の研究でも実証されています。

ホリスティックな習慣を受け入れる

エクササイズ

image via shutterstock

柔軟な考え方を持つマンディは、さまざまなウェルネス治療に興味を持っています。鍼(はり)翡翠ローラー、最も歴史の古い医療体系のひとつアーユルヴェーダなどが好きだそう。また、ストレス緩和、睡眠、デトックスなどに効果的と言われる赤外線サウナで汗をかくのもお気に入りのようです。

ただ、1日にできることは限られています。そのため、マンディが最優先にしているのは、エクササイズとセラピストとの面会。「セラピーとエクササイズは、常に一番の優先事項です。」と話すマンディ。

「生活の質(QOL)は本当に大事よ。バランスよく適度に、という考え方にすごく賛成。常に100%の力を発揮できていると感じていたいの

美しさには秘密がある

美のカリスマ直伝。老け顔にならない「ツヤ肌メイク」5つのポイント

世界的なメイクアップアーティストとして活躍する吉川康雄さんの著書『いくつになってもキレイ!になれる』から、大人の女性ならではの美しさを引き出す「ツヤ...

https://www.mylohas.net/2018/11/beautybook.html

どこでもできるバーピーで新陳代謝UP! ナオミ・ワッツが20歳も若く見える秘密

信じられないかもしれませんが、ナオミ・ワッツは50歳。実年齢よりも何十歳も若く見える、彼女の秘密を探ります。

https://www.mylohas.net/2018/10/177674naomi.html

Sarah Smith/Mandy Moore Turns 35 Today—and Looks Amazing Thanks to These Healthy Habits
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?