1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 皮膚科医が考案した、肌にやさしいボディスクラブの作り方5つ

皮膚科医が考案した、肌にやさしいボディスクラブの作り方5つ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,972

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

スクラブ

image via shutterstock

お肌にトラブルを抱えているとき、ボディースクラブは状態を取り戻すためにいい方法となります。ボディスクラブに含まれているのは、角質を除去してくれる砂糖や塩など。肌の死んだ細胞を取り除いてくれて、肌をなめらかに、明るくしてくれるのです。

「肌の角質を除去すると、肌はなめらかになります」と、認定皮膚科医で『Heal Your Skin』の著者、アヤ・シャンバン医師は説明します。肌がざらざらするのは、角質除去が不十分だから。ボディスクラブを使って、そんな肌の状態を整えて、保湿してあげることが重要です。

角質除去できているなら肌の水分補給もうまくいくのです」と解説するシャンバン医師。

「自宅で作れるのは、ボディスクラブのいいところのひとつ」と話すのは、カリフォルニア州サンタモニカの認定皮膚科医、シッポラ・シャインハウス医師。敏感肌でも使えるスクラブを素材を選びながら作れるのです。ただし、どんなものでも肌に使えるというわけではないという点も、シャインハウス医師は強調します。

「台所にあるものはナチュラルといっても、肌に刺激を与えないわけではありません」とシャインハウス医師は指摘するのです。シャインハウス医師が避けるように言うのは、レモンやリンゴ酢。肌に刺激を感じるような素材は、避けるのが賢明です。

輝くような肌を保つためにシャインハウス医師は毎週1回か2回、ボディスクラブを使うことを勧めます。大切なことは、やりすぎないこと。「痛みを感じては元も子もありません。とにかく肌を刺激しない。肌のバリアになる油分まで取ってしまってはいけません」とシャインハウス医師。

ここでは皮膚科医おすすめの手作りボディスクラブを5種類ご紹介していきます。

塩や砂糖、ハチミツなどを使ったボディスクラブ5種は、こちらの記事で。

  1. ココナッツとブラウンシュガーのボディスクラブ
  2. クレイミルクとアーモンドのボディスクラブ
  3. オートミール・ハニー・ヨーグルト・ボディスクラブ
  4. ローズヒップオイルのボディスクラブ
  5. 生クリームとアーモンドのボディスクラブ

1.ココナッツとブラウンシュガーのボディスクラブ

ココナツシュガースクラブ

必ずしも身体全体の角質を取り除こうとする必要はありません。ひじ、ひざ、かかとの肌のザラザラした角質部分に集中して対応していくため、認定皮膚科医で、『The Beauty of Dirty Skin』の著者である、ホイットニー・バウ医師はこのシンプルな自家製スクラブをおすすめします。

作り方:

  1. ブラウンシュガー1カップに、溶かしたココナッツオイルを1/2カップ合わせます。
  2. 肌の荒れた部分をマッサージしてから、ぬるま湯ですすぎます。すべてのボディスクラブと同様、後で保湿剤を塗るようにします。

2. クレイミルクとアーモンドのボディスクラブ

クレイミルクアーモンド

肌にニキビができやすかったり、脂性肌になりやすかったりする場合、この粘土ベースのスクラブが肌荒れをしずめてくれます」とシャインハウス医師。「ベントナイトクレイは、油脂成分を吸収してくれるのです」と話します。

全脂粉乳は肌を保湿してくれます。一方で、ほとんどの人においてアーモンド粉がやさしく角質除去してくれます。シャインハウス医師は、ナッツの殻や小石の混ざったスクラブを避けようにすすめています。なぜなら、これらは肌に小さなキズをつけて、きずあとを残してしまう可能性があるからです。「アーモンド粉は肌に優しく、顔や首、全身に安全に使うことができるのです」と話します。

作り方:

  1. ボウルに1/2カップのベントナイトクレイ、1/2カップのアーモンド々、そして大さじ2杯の全脂粉乳を混ぜます。
  2. そこにペーストを作るのに十分なアーモンドオイルと水を入れてかき混ぜます。
  3. 肌の上に広げ、自然に乾くのを待って、ぬるま湯で洗い流します。

3. オートミール・ハニー・ヨーグルト・ボディスクラブ

オートミールハニーヨーグルトスクラブ

シャンバン医師によって考案されたこの肌にやさしいスクラブは、オートミールとハチミツに、ヨーグルトを合わせ、肌をなめらかにしてくれる性質を生かそうというもの。ヨーグルトはもとより乳酸を豊富に含んでおり、肌の角質をやさしく取り除いてくれます

作り方:

  1. ブレンダーで、大さじ2杯のオートミールとヒマワリの種、大さじ2杯を合わせ、なめらかになるまですります。
  2. ボウルにすったものを移して、ヨーグルト大さじ4杯、温めたハチミツ小さじ2杯を入れます。
  3. このスクラブで顔、首、身体をマッサージし、3分間肌の上に放置した後に洗い流します。

4. ローズヒップオイルのボディスクラブ

ローズヒップスクラブ

「ローズヒップオイルはビタミンAとEが豊富で、アンチエイジングの効果を見込まれてよく使われています。ビタミンAとEは細胞の新陳代謝を促し、肌の表面に新しい細胞をもたらしてくれるのです」と、シャインハウス医師は話します。

作り方:

  1. 1/4カップのオリーブオイル(または、お好みの天然オイル)とローズヒップオイル大さじ1杯を、1カップの純度の高い精製糖に混ぜ合わせます。
  2. 肌の上にのせてマッサージし、ぬるま湯ですすぎます。

5. 生クリームとアーモンドのボディスクラブ

生クリームアーモンドスクラブ

このスクラブは、肌にしっかりと潤いを与えつつ、角質除去する効果を狙ってシャンバン医師が考案したもの。アーモンド粉の質感、生クリームとオートミールによるなめらかな保湿効果が一緒に。生クリームは乳酸を含むため、角質を除いてくれる効果があるのです。

作り方:

  1. 1/4カップのオートミールをよく混ぜ合わせます。
  2. アーモンド粉大さじ2杯、1/2カップの固めに作った生クリーム、ハチミツ大さじ1杯を混ぜます。
  3. このスクラブは、顔や身体にもやさしく使えます。3分間放置してから、ぬるま湯ですすぎます。

きれいな肌になるには?

日焼け対策、美肌、抗酸化に。オーガニックフルーツジュース3選

疲れやすいけどケミカルなエナジードリンクを飲みたくない、といったときに頼りになるのが、オーガニックフルーツを使ったドリンク。 今回は、未だあまり知ら...

https://www.mylohas.net/2019/03/187692organic_juice.html

シミ、シワに。皮膚科医が教える「アルガンオイルを肌に使うメリット」

モロッコに自生する木の種からとれるアルガンオイルには、美容に嬉しい栄養がたくさん含まれています。皮膚科医が肌に使う方法を伝授。

https://www.mylohas.net/2019/04/188541pvn_argan.html

Jenna Flannigan/10 DIY Body Scrubs Dermatologists Want You to Slather on Your Skin
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?