1. Home
  2. STYLE
  3. 【5月の新月】新しい時代とともに、新しい自分を始めてみる

【5月の新月】新しい時代とともに、新しい自分を始めてみる

ココロに効く新月&満月の五感セラピー

14,459

景山えりか

元号が平成から令和になりました。新しい時代が幕を開けた清々しさと、お祝いムードが盛り上がるなかで、月の相は新月を迎えます。自分の中で何かが生まれ、それに突き動かされるようなタイミングです。

マテ茶

5月の新月:新しい自分に目覚める「誕生の月」

【新月の瞬間】
5月5日(日)7時45分

時間とは地球の自転や公転にもとづいて、綿々と紡がれていくもの。ですから本来は、時間の流れに境目や区切りはありません。しかし私たち人間は、時間に目盛り(西暦や日付など)や、名前(元号や月名など)をつけて管理しています。その理由の一つは、時間に区切りをつけることで、暮らしや心を整えることに役立つからでしょう。月のリズムを意識することも、同じような意味合いがあるといえます。

元号が平成から令和となり、フレッシュで清々しい雰囲気を讃えながら迎える5月の新月は、月が太陽と同じ方向に位置するように、新たなサイクルを迎えた自分と輝かしい何かが出合うとき。まるで、新しいいのちを宿すように、やりたいことや希望が心に芽生えるかもしれません。新月の日にわきあがるインスピレーション(ひらめき)を大切に、自分にとっての新しい一歩を踏み出しましょう

暮らしや心をリセットして、新しい自分を始めてみる。今日の自分は、もう昨日の自分ではないと気づかせてくれるお月さま。それが5月の新月です。

大型連休も元気いっぱい! 活力アップのハーブティー

マテ茶

image via shutterstock

【マテ】
・別名:イエルバマテ、パラグアイティー
・学名:Ilex paraguayensis
・ティーに使う部位:葉

南米で親しまれているマテ(マテ茶)は、鉄分やカルシウムなどのミネラル、ビタミン類を豊富に含むことから「飲むサラダ」と呼ばれ、肉食中心の南米人の野菜不足を補ってきたといわれています。

また、ハーブとしては珍しくカフェインを含むため、活力を与え、肉体的な疲労を回復させるのに役立つといわれています。大型連休中はもちろん、連休後に疲労を感じたとき、マテのティーを飲めば元気を取り戻せそうです。

マテには、緑茶のようなグリーンマテと、焙煎されたブラックマテ(ローストマテ)があります。グリーンマテは青々とした爽やかな風味が、ブラックマテは焙じ茶のような香ばしさが特徴。どちらもカフェインを含むので、頭と体をスッキリとさせたい日中に飲むのがいいでしょう。食事にも合うので、ランチタイムに飲むのもオススメです。

新月という、新しいサイクルの始まりにマテのティーを飲めば、思考がはっきりとして、5月のテーマである「新しい自分の目覚め」をサポートしてくれるかもしれません。

5月5日(日)の夜:みずがめ座η流星群をキャッチしよう!

星をみるカップル

image via shutterstock

みずがめ座η(エータ)流星群は、毎年5月5日~6日頃に活動のピークを迎える流星群です。

2019年の場合、活動のピーク時刻は6日(月)23時頃と予想されているので、7日(火)に日付が変わってから明け方までが見頃となりそうですが、その前日も可能性がないわけではありません。

5月5日の深夜から6日未明にかけても、それなりに流星に出合えそうです! なんといっても月明かりの影響がないので、天の川が見えるような空の暗い場所ならば1時間に20個程度、市街地では10個程度の流星が期待できるでしょう。

夜空を眺めるときには、特定の方角に集中するよりも、空全体を見渡すようにしたほうが、流星に出合うチャンスが広がります。安全な場所で、楽な姿勢でゆったりと。流星観察に焦りは禁物です。少なくとも20~30分間は空を眺めてみてくださいね

新時代への希望と新月の願いを流星に込めて――たくさんの流星があなたの頭上に降り注ぎ、願いが聞き届けられますように!

次回は、5月の満月。5月19日(日)です。

「ココロに効く新月&満月の五感セラピー」をもっと読む

【4月の満月】先を急がず立ち止まることで、進むべき方向が見えてくる

暦では春の土用に入り、自然界は新しい季節を迎える準備期間になりました。月の相は、満月。ペースを落として、周囲を見まわすことが大切なときです。

https://www.mylohas.net/2019/04/188783apr_fullmoon.html

イラスト/カイフチエリ

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?