1. Home
  2. PRESENT
  3. ボディや髪にも。サラっと使えるこだわりのローズヒップオイル【プレゼント】

ボディや髪にも。サラっと使えるこだわりのローズヒップオイル【プレゼント】

13,923

ローズヒップオイル

ローズヒップオイルは、私たちの体では作り出すことのできない重要な脂肪酸を多く含んでいるため、柔らかく、潤う肌に導いてくれます。保湿やエイジングケアのためには、普段のスキンケアに加えることが最良。また、傷や妊娠線などのためのリペアオイルとしても使われています。

さらに、これから訪れる紫外線ダメージを受けやすい季節はとくに、お肌の再生を促すローズヒップオイルを積極的に使いたいもの。手や足、髪まで使える軽めのテクスチャだと使い勝手もよさそう。そこで選びたいのが、A’kin(エイキン)の「フェイス&ボディ ローズヒップオイル」です。

純粋、自然、最高品質の製品

ローズヒップオイル

A’kinは、ナチュラルスキンケア分野をリードし続けるブランド。オーストラリア生まれのボタニカル&100%ヴィーガンコスメです。もちろんパラベン、エトキシル化洗浄剤、硫酸塩、シリコン、鉱物油、フタル酸エステル、人工着色料、人工芳香剤などは不使用。厳選された原料のみを使用しています。オイル商品は、自社内の植物化学者が成分を選び、特別にデザイン。肌が必要とする成分を、15年以上の専門知識と情熱によって調合しているとか。一口に「ローズヒップオイル」といっても1種類ではなく、保湿、エイジングケア、美白など、多くの肌の悩みに対応したラインナップとなっています。

ローズヒップオイルは、熱、酸素、溶媒を使用しない、二酸化炭素抽出方法を採用。有効成分を最大限引き出す抽出法のため、種子の完全性が保たれ、フレッシュで純度が高く、高濃度なオイルとなっています。

オイル美容初心者でも使いやすい

ローズヒップオイル

A’kinのローズヒップオイル製品のなかでも、「フェイス&ボディ ローズヒップオイル」はベタつかないのに、しっかり潤うのが特徴。その軽い使い心地を可能にしたのは、適切な構成でブレンドされたオイルです。

オーガニックやナチュラル化粧品の世界統一基準=COSMOS認証のオーガニックローズヒップオイルが肌を整え、水分を与え、理想の状態へ導きます。また、年齢とともに減少するパルミトレイン酸が豊富なマカダミアオイルが、お肌をやわらかく整えます。さらに、保湿成分であるアビシニカオイルがモチモチ肌を可能にし、シルクのような滑らかなテクスチャーを叶えます。乾燥肌を保湿し、ハリ対策ともなるサンダルウッドオイルも配合しています。

オイル美容初心者や、敏感肌の人、体調変化によるゆらぎ肌の人にもおすすめ。髪まで使える「フェイス&ボディ ローズヒップオイル」を、10名様にプレゼントします。

【プレゼント詳細】

  • 当選者数:10名様
    応募締切:5月4日(土)
    当選発表:5月7日(火)
    プレゼント提供: A’kin

【商品詳細】

  • 商品名:フェイス&ボディ ローズヒップオイル
    内容量:45ml
    価格:6,264円(税込)

↓応募はこちら↓

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. スターだってつらいのよ。不安障害やパニック発作を持つ10人のセレブ

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    9. じつは誰にでも起こりうる。「頭痛」との上手な付き合い方

    10. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    1. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    2. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    3. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    4. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    5. 脂肪や糖の吸収をカットできる成分とは? 普段のドリンク選びのコツ

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 体重ばかりにとらわれないで。実はダイエット効果が出ている10の兆候

    9. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    7. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    8. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    9. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン