1. Home
  2. BODY
  3. マツコ・デラックスさんの口年齢にびっくり! 習慣がつくるよい口内環境とは?

マツコ・デラックスさんの口年齢にびっくり! 習慣がつくるよい口内環境とは?

4,123

加藤智子

kao_01

エイジングといえば、肌やヘア、体型だけの問題だと思っていませんか? 実はいま、口のエイジング・ケアへの注目が高まってきています。お口のエイジングは様々な症状を引き起こし、その後の健康に大きな影響を及ぼすといわれています。

そう聞くと、自分のお口年齢っていくつ? と気になるもの。先日行われた花王の新製品『ピュオーラ』のCM 発表会で、マツコ・デラックスさん、大久保佳代子さん、いとうあさこさんのお口年齢が公表され、話題になりました。

年齢とともに気になってくるお口の中

実は、30代を過ぎる頃から唾液の分泌量は減り、口の中で歯周病菌が増加しやすくなるそう。口の中が粘ついたり、口臭が気になったりというのも、この歯周病菌が原因です。40代、50代になるとさらに唾液の分泌量は減少するだけに、この時期のお口のケアはとても重要といいます。

アラフィフ世代の三人も、

「いつまでも自分の歯で噛みたい」(いとうさん)
「口は大事よ! 歯は大事! 歯がダメになるとほかもどんどんダメになるっていうよ」(マツコさん)
「認知症にもなりやすいって聞きます」(大久保さん)

と、将来のお口の健康について、かなり気にしている様子です。

お口のケアの状況をチェック!

ここで、お口のケアのスペシャリスト、花王株式会社パーソナルヘルスケア研究所室長の矢納義高さんが登場。大久保さん、いとうさんの現在のお口のケアの状況をチェックすることに。

題して、「お口のエイジング・ケア・チェック」。最初はこんな質問から。

Q1 若い頃は感じなかったお口の「変化」がある?

これにはお二人とも、YESと即答! 「めちゃくちゃあります。よくわからない血が出たり」(いとうさん)
「よくわからないニオイもします」(マツコさん)と、思い当たることが次々です。
「年齢とともに臭いやいろんなトラブルが出てくると思いますが、その原因は、人間が本来持っているお口を健康に保つ唾液の力が、年齢とともに減少していくことにあります」(矢納さん)

続いて

Q2 いつまでも若々しくいるために、お肌や髪のケアはしているが、お口のエイジングケアに関してはノーマークだった?

これも、お二人はYES。

「私むしろ、お肌や髪のエイジング・ケアもしていないんですけれど(笑)」(いとうさん)
「何をやったらいいのかしら?」(マツコさん)
「必然的に、エノキとか水菜とかが歯の間に挟まるようになったので、それは取りますよ。でも、挟まらないようにする努力はしていない」(大久保さん)
と、あまり深くは考えてなかったよう。
「年齢とともにいろんな不快感が増えてくると思うんです。その原因の一つは細菌なのですが、同時に、その菌が出す老廃物、これが年齢とともに不快な症状を増やす原因となるんです。この、菌の老廃物までしっかりとケアするということが大事ですね」(矢納さん)

なんと、口の中に菌の老廃物が!! 「それは臭いはず!」と3人がざわついたところで、最後の質問です。

Q3 毎日キチンとハミガキしているから私のお口年齢は若い?

この質問に関しては、二人とも少し首を傾げながらの回答。

YESと答えた大久保さんは、「リンゴをまるごと食べられし、まだ大丈夫」と笑顔。
一方のいとうさんは、「一時期何を食べても歯にしみるようになって」と自信なさげのNOでした。
「通常の、歯を磨くことで菌の老廃物まで対処しようとするならば、 γ-オリザノールの働きに着目。米ぬか由来の天然成分、γ-オリザノールに、菌の老廃物をしっかりと洗浄するという機能が見つかりました。今回の新製品をエイジング・ケアの対症法として利用するといいと思います」(矢納さん)

衝撃の「お口年齢チェック」

さらに、「お口の年齢に自信があるか?」と問われたマツコさんですが、「ないないない。だってたまに臭いもの」と断言。では、3人ともそれぞれのお口年齢がはっきりすれば安心できるのでは?と、あらかじめそれぞれのサンプルを取って調べた「お口年齢」の結果が発表されました。

その結果はなんと!

kao_02

いとうさんが40代前半
マツコさんが20代前半
そして大久保さんはなんと、60代以上!

予想外の結果に3人は激しく動揺。

いとうさんは年相応かと思います。ただし、お口の中は年とともに変化します。

とくに菌は歯と歯茎の隙間にたまりやすいので、そのケアをしっかりしていくことを心がければさらに若返っていくのではないかと思います。

老廃物の量は、疲れとかストレス、飲酒も関わってきます。大久保さんは測定された時、お疲れだったんじゃないかなと思います」と矢納さん。

一方、「これ、捏造していない?」と驚きの声を上げるマツコさん。実は近年、ずっと歯間ブラシなどのケアを続けてきたそう

「以前研究所に来られたときにお口の中を拝見したら、非常に手がゆきとどいていた」と矢納さんも絶賛です。

お口のエイジングケアの効果を証明し、令和元年も「ますます精進したい」というマツコさんですが、3人とも今日の結果を受けて「令和元年をお口のエイジングケア元年としたい」と決意を固めていました。

花王 ピュオーラ

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由