1. Home
  2. BODY
  3. ご存じですか? 危険な真菌感染カンジダ・オーリスの流行を

ご存じですか? 危険な真菌感染カンジダ・オーリスの流行を

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,153

パンデミック

image via shutterstock

最近、カンジダ・オーリス(Candida Auris:カンジダ・アウリスとも)が話題に上ることが増えています。この危険な真菌感染症が、米国をはじめ世界中に広がっているという報告があってからのこと。

米国疾病対策センター(CDC)によると、「新興の世界的脅威」。カンジダ・オーリスは、深刻な感染症の原因になる可能性があり、死さえも引き起こしかねないとも言います。

「米国では、カンジダ・オーリスがニューヨーク、ニュージャージー、およびイリノイ州に出現しており、さらに拡大の可能性があります」と説明するのは、ジョンズ・ホプキンス大学健康安全センターのアメッシュ・アダルジャ医師(シニア・スカラー)。

ここでは、この謎の多い感染症について知るべき事、なぜ関心を持つべきなのかについて確認してきます。

カンジダ・オーリスとは何?

カンジダ・オーリス

カンジダ・オーリスは、真菌感染症の一つです。

「普通、カンジダ感染症は、酵母菌あるいはイーストによる感染症と呼ばれます」と、感染症専門医で、ヴァンダービルト大学医学部教授であるウィリアム・シャフナー医師は言います。しかし、カンジダ・オーリス感染は標準的な酵母感染より、はるかに深刻

「いわゆるスーパーバグに分類されるものなのです。カンジダ・オーリス感染が、病気を患う人の治療を難しくする場合があるのです」とシャフナー医師。

シャフナー医師は、「この真菌はしぶといのです。いったん医療施設が汚染されると、完全に正常化するのが難しい可能性があります」と説明します。

なぜ、そんなに心配するの?

病室

image via shutterstock

アメリカ疾病対策センターによると、カンジダ・オーリスは発見や特定が困難であることが珍しくありません。さらに、病院や老人ホームなど、医療現場でアウトブレイク(感染が爆発的に広がること)が起こることがあるのです。

「しかし、カンジダ・オーリスについて最も懸念されていることは、一般に使用されている真菌に対する薬が効かないケースが多いこと」と説明するのは、オハイオ州アクロンの感染症医師で、ノースイースト・オハイオ医科大学の内科准教授であるリチャード・ワトキンズ医師。「ほかの真菌感染症と比べて死亡率が高まる要因になるのです」(ワトキンス医師)

「ほとんどのカンジダ・オーリス感染は、がん患者、集中治療室(ICU)も入院患者、介護施設に入る高齢者のように、すでに病気にかかっている人の間に広がっているのです。突然引き起こされる感染症ではありません」と、アダルジャ医師は述べます。

しかし、多くの人の皮膚にはカンジダ菌が存在しており、人から人へうつっています。だからこそ、感染症のまん延している状態は心配されるのです。

感染した場合の症状は?

カンジダ・オーリス

シャーレの中の酵母菌、カンジダ・オーリス(2018年の写真)

症状を特定するのは少し困難です。というのも、最も一般的な症状は、アメリカ疾病対策センターによると、抗生物質が効きづらい発熱と悪寒なのです。しかし、この感染症にかかる人がもともと別の病気(基礎疾患)を抱えているため、症状だけからカンジダ・オーリスだと特定するのが難しいのです。

いったんカンジダ・オーリスに感染すると、カンジダ・オーリスの真菌は血流や傷に入り込みます。さらには、敗血症のような深刻な健康問題を引き起こします。「患者の体温が上がることがあり、血圧は下がる可能性があります。さらに、カンジダ・オーリスの感染のため、もともと抱えている病気との合併症を引き起こすのです」とシャフナー医師。

このカンジダ・オーリスの感染症は死亡率が高いことが分かっています(アメリカ疾病対策センターのデータによると、侵襲性カンジダ・オーリスとなった患者は、3人に1人以上の割合で亡くなっています)。

しかし、医師にとっては、亡くなった患者が、カンジダ・オーリス感染症のために亡くなったのか、あるいは別のもともと抱えていた病気のために亡くなったのか、見極めることは困難なのです。「その亡くなった原因が何であれ、カンジダ・オーリスの感染が問題になることは確かです」とシャフナー医師は説明します。

カンジダ・オーリスの予防法とは?

薬

image via shutterstock

「一般的に言えば、大切になるのは、注意深く感染を寄せつけない管理に取り組むことです」と、アダルジャ医師。病院や介護施設の部屋をよく掃除します。患者の世話をしているときには、日頃から手指を清潔にする。こうした取り組みにより、感染を断つことができるのです。「感染を防ぐためには他の方法はありません」とアダルジャ医師は説明します。

感染症にかかるリスクが最も高くなるのは、長い間にわたって入院している人、中心静脈カテーテルをつけている人、体内へとカテーテルやチューブをつないでいる人、以前に抗生物質、または抗真菌薬を投与された人です。

抗生物質が使用されている場合、本当に必要かどうかを医師に相談するように、シャフナー医師はすすめます。「抗生物質の過剰使用は、カンジダ・オーリス感染を起こしやすい状況を作り出してしまうのです」(シャフナー医師)

「一般的に、平均的な健康状態であれば、カンジダ・オーリスを心配する必要はありません」とアダルジャ医師は説明します。ただし、あなたやあなたの大切な人が長く入院している場合、こうした情報を知っておくことは大切です。

カンジダのこと、知っておきたい

4人に3人は感染。膣カンジダ症のこと、知っていますか?

カンジダ膣炎は意外と身近な病気。女性がカンジダ菌に感染しやすい理由、効果的な治療法、予防法について医師に聞きました。

https://www.mylohas.net/2018/10/177183candida.html

香りつきのアイテムを使ってる? 膣カンジダ症の原因6つに気をつけて

ほとんどの女性が一生の間に少なくとも1回は経験していると言われる腟カンジダ。カンジダ症につながりやすい要素6つと、その危険を避ける方法をご紹介。

https://www.mylohas.net/2018/06/169814vaginal-candidiasis.html

Korin Miller/What You Need to Know Candida Auris, a Dangerous Fungal Infection That's on the Rise
訳/STELLA MEDIX Ltd.

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    2. 高タンパク食をテイクアウト! 無添加のプロテインを飲めるキオスク

    3. 筋トレは週2回で本当にいいの? ベストな頻度をトレーナーが伝授

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃腸の調子が悪いときに。レンジで作る、簡単茶碗蒸し

    8. ご存知ですか? 肌老化の8割と言われるある老化現象を

    9. 「嫉妬深い」と嫌われるNG行為。人がヤキモチを焼くのはなぜ?

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    2. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    3. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 胃腸の調子が悪いときに。レンジで作る、簡単茶碗蒸し

    9. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    6. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?