1. Home
  2. BODY
  3. お尻に集中! 美しい後ろ姿を手に入れるためのエクササイズ6

お尻に集中! 美しい後ろ姿を手に入れるためのエクササイズ6

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

14,068

Seina Ozawa(翻訳)

後ろ姿の女性

image via shutterstock

理想的なお尻を手に入ると聞けば、それだけで背筋を鍛え始める気になりますよね。

でも、スクワットやブリッジなどお尻を鍛えるエクササイズの効果は、引き締まった後ろ姿を作るだけではないんです。

「大臀筋(だいでんきん:お尻の一番大きい筋肉)はポステリオールチェーン筋肉群、つまり身体の背部の筋肉群の原動力となっています。ワークアウトの効率とパワーを最大限に引き出してくれるんです」とトレーニングアプリMOVRの創設者で、バンクーバーでパーソナルトレーナーをしているアーロン・デ・ヨングさんは言います。

お尻を鍛えるとワークアウトの効果アップにつながるほか、日常生活も快適に過ごせるようになります。大臀筋を鍛え上げると、怪我の予防や腰痛の緩和にもつながるのです。

「大臀筋は体幹の一部なので、日々の活動に欠かせない筋肉。歩く、階段を登る、起きる、座るなど、日常生活の動作で使っています」とExtreme Burnワークアウトシリーズを考案した、ロサンゼルスでパーソナルトレーナーをしているマイク・ドナバニックさんは話します。

背筋を鍛えるには、いろいろな動きを取り入れて、さまざまな角度からお尻の筋肉に働きかけるのが一番です。大臀筋は誰もが知っている筋肉ですが、お尻にはほかにも中臀筋や小臀筋などたくさんの筋肉があり、それぞれ違うアプローチが必要です。

エクササイズのやり方

今回ご紹介するお尻のエクササイズでは、左右や前後の動きを交互に行い、身体の背部を隅々まで鍛えます。

シングルレッグデッドリフトなどのウェイトを使った動きで筋肉を鍛えつつ、バードドッグのような自重エクササイズでは、小さい筋肉を強化して身体を安定させます。各エクササイズを3~5セットを行うのが目標です。

自重エクササイズやレジスタンスバンドエクササイズなら1セットに12~20レップ(回)ウェイトを使う場合は8~12レップ行ってください。

「ディープスクワット」など前編6本は、こちらの記事で。

  1. ファイヤーハイドランド
  2. サイドランジ
  3. バンドヒップスラスト
  4. バンドブリッジ
  5. クラムシェル
  6. バンドキックバック

1. ファイヤーハイドランド

エクササイズ

やり方:

  1. マットの上に四つん這いになります。右膝を横に持ち上げ、円を描くように膝を回します。
  2. 最初の位置に戻ります。
  3. レップが終わったら、反対側も同様に繰り返します。

2. サイドランジ

サイドランジ

やり方:

  1. 足を腰幅に開いて立ち、ケトルベルまたはウェイトボールを両手で胸の前に抱えます。
  2. 右に大きく1歩踏み出し、右足のかかとに体重をのせます。このとき、左足と背筋をしっかり伸ばしましょう。
  3. 吐きながら身体を起こして、最初の位置に戻ります。レップが終わったら、反対側も同様に繰り返します。

3. バンドヒップスラスト

バンドヒップ

やり方フラットベンチの前に座り、膝のすぐ上の太ももに小さめのトレーニングゴムバンバンドを巻きつけます。背中の上側をベンチにつけ、膝を曲げて足裏を床につけます。

  1. かかとに力を入れ、お尻を床から少し離します。天井に向かって腰を引き上げ、身体と太ももを床と平行にします。
  2. 腰を落としたら、同様に繰り返します。

4. バンドブリッジ

バンドブリッジ

やり方:

  1. 膝のすぐ上の太ももに小さめのトレーニングゴムバンドを巻きつけます。膝を曲げて仰向けになり、足裏を背中近くの床につけます。
  2. かかとに力を入れ、腰を天井に向かって引き上げます。
  3. ゆっくり腰を落としたら、同様に繰り返します。

5. クラムシェル

クラムシェル

やり方:

  1. 太ももに小さめのトレーニングゴムバンドを巻きつけます。左側を下にして横向きに寝ます。
  2. 足は揃えて、膝を曲げます。右脚を開いていき、ゆっくり戻します。
  3. レップが終わったら、向きを変えます。

6. バンドキックバック

バックバンドキック

やり方:

マットの上に四つん這いになります。右足にトレーニングゴムバンドを引っかけ、反対の端を両方の手で持ちます。

右足を後ろに伸ばし、斜め上に持ち上げます。

最初の位置に戻ります。レップが終わったら、向きを変えます。

お尻を鍛えて代謝アップ

お尻を引き締めカロリー消費。動画で簡単「自重トレーニング」4つ

いつものトレーニングに飽きたら試して欲しいのが、自重トレーニング。効率的に有酸素運動と筋トレができるんです。

https://www.mylohas.net/2019/03/188072pvn_workouts2.html

足や腕、腹筋をより鍛える。ゴムバンドを使った6つの運動

トレーニングチューブならいつでもどこでもエクササイズができる! おすすめのゴムバンドエクササイズをご紹介。

https://www.mylohas.net/2019/04/188096pvn_resistance-band2.html

Laurel Leicht/13 Butt Exercises to Build Stronger Glutes, According to Personal Trainers
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由