1. Home
  2. BODY
  3. 認知症は予防できる? 自分が認知症かどうかのチェック法も

認知症は予防できる? 自分が認知症かどうかのチェック法も

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

18,024

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

認知症

image via shutterstock

「念のために言っておきますと、ときどき物忘れがあるのは、ごく普通のことです。年をとればとくに」と話すのは、ミシガン州立大学の神経科医で神経筋医学部長のアミット・サチデフさん。

サチデフさんによると、「脳は年をとると、縮んではたらきが遅くなりますから、大半の人が、年齢とともに記憶力が少しは変化するでしょう」。知り合いの名前を忘れる(でも、身近な人の名前は忘れません)、何をしに冷蔵庫に来たのか忘れるなどは、記憶力の問題としてごく正常です。

「でも、記憶が抜け落ちるのがはなはだしかったり、頻繁だったりするなら、認知症の初期サインかもしれません」とカリフォルニア州サンタモニカにあるパシフィック神経科学研究所の神経科医、バーナ・R・ポーターさん。仕事や趣味、社会活動、家族関係、請求書の支払いなどで問題が起きるかもしれないそう。

認知症から死につながる、3つの要因とは?

認知症で命を失うことってあるのでしょうか? 認知症が命に関わる理由を医師が解説します。

https://www.mylohas.net/2019/04/189380pvn_dementia.html

認知症チェックリスト

パズル

image via shutterstock

次のどれかが当てはまるなら、医師の診察を受けるようポーターさんはすすめています。

  • 同じ質問を何度もする
  • 話しているときに言葉/語句や、何を考えていたかを忘れる
  • 「ソファ」の代わりに「いす」と言うなど、会話で間違った言葉を使う
  • 毎日の雑用や用事(例えば、請求書を払う、メールを管理する)を終えるのに時間がかかるようになる
  • 家の中で物を間違った場所に置くことが多い
  • 慣れている辺りなのに、歩行中または車を運転中に道に迷う
  • はっきりした理由もなく気分、人格、行動が突然、または説明もなく変化する

認知症は予防できる?

脳

image via shutterstock

認知症については、その原因も含めて、専門家でもわかっていないことがまだたくさんあります。

でも、ポーターさんによると、次のような行動は認知症のリスクを下げる可能性があると一般的に考えられています。

  • 定期的に運動する
  • 社会的な関わりを持ち続ける
  • MINDダイエット(とくに葉物野菜、全粒穀物、魚に重点を置いた食事法)のようなヘルシーな食事をとる
  • 脳に刺激を与え続ける
  • 規則正しい睡眠をとる
  • ストレスを管理する

結論:

認知症のサインが現れ始めたら、医師の診察を受けることが大切です。

「認知症とわかって治療を受けるのに、早すぎることも遅すぎることもありません」(メリルさん)

記憶力を衰えさせないために

エクササイズで記憶力は高まるという最新研究。では、適した運動は?

エクササイズのときに分泌されるイリシンというホルモンは、脳の健康を高め、アルツハイマー病のときに生じる損傷を和らげるそうです。

https://www.mylohas.net/2019/02/184229nyt_memory.html

脳の老化予防にも期待! 正しい「歯磨き」と簡単「舌回し」の方法

これまでに20万人以上の認知症患者を診てきた長谷川先生の著書、『脳の老化を止めたければ、歯を守りなさい! 』から、脳の老化を防ぐ正しい歯磨きの習慣に...

https://www.mylohas.net/2019/02/oralcare.html

Korin Miller/Dementia Deaths Have More Than Doubled—but How Exactly Can It Kill You?
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    Ranking

    1. 下着の捨てどきはいつ? 下着のプロが「捨て方のコツ」をアドバイス

    2. 酔い止め要らず。健康医学の名医が教える「乗り物酔いの治し方」

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. お尻美人はピラティスをしてる。真似したくなる5つの運動習慣

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    9. タンパク質を効率的に摂取するコツとは? ポイントは、量とタイミング

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 酔い止め要らず。健康医学の名医が教える「乗り物酔いの治し方」

    8. 朝起きたときが一番疲れてる...。医師が教える「朝バテ」解消法4つ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 健康のために避けたい調味料と保存食品は? 食のプロに聞きました