1. Home
  2. BODY
  3. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

ポジティブ栄養学

72,102

吉川圭美

コーヒーを注ぐ手

色とりどりの花が目にも楽しく、心はずむ季節。

一方で、会社では体制が変わったり、メンバーが増えたりと環境の変化も多い時期ではないでしょうか。 そんななか、「最近、コーヒーの量が増えた」「身体がチョコを欲するようになった」という場合、ちょっと気になります。

ストレスで低調になった心と体を、コーヒーやチョコレートで無理やり鞭打っているようなケースも考えられるからです。

コーヒーは副腎を刺激する“気つけ薬”

コーヒーを横に置きスマホをいじる手

仕事やプライベートがうまくいかない、といったことはもちろん、風邪をひいた、激しい運動をした、といったことも、身体にとっては立派なストレス。例えば暖かい日が続いたあと、急に真冬並みに気温が下がったり、といったこともそう。

こういったストレスに立ち向かうために頑張っているのが、副腎です。存在感のうすい臓器ではありますが、さまざまなタイプのストレスにも全方位に対応するという、現代女性にとって、なくてはならない存在。

ストレスを受けるとコルチゾールというホルモンが出て、脳の覚醒に関わるほか、血圧や血糖値を上げたりして体を守リます。ストレスが多いと、その分コルチゾールを出す機会が増えるため、副腎が疲れてしまい、ホルモンが出にくくなることに。

コーヒーのカフェインはコルチゾールを出すよう刺激する、いわば気つけ薬。飲むと元気こそ出ますが、カフェインが切れるとその分疲れが出やすいのです。さらにコルチゾールは血糖値を一定にするコントロール機構にも深く関わっているので、ストレスで分泌が減ると調整がうまくいかず、てっとりばやく血糖値をあげてくれるもの=甘いものが止まらない、といったことも。

頑張りやさんほど、ときには自分に優しく

コーヒーを飲む女性

日頃からストレスにさらされ続けると、朝起きられない、仕事に出かけたくても出掛けられない、といった状態に陥ることも。それほどストレスと身体は密接に関係しています。

特に周りから「頑張りやさん」「生真面目」「完璧主義」「責任感がある」と言われる人は気をつけて。コーヒーの味が恋しくなったときは、「ああ、自分は疲れているんだ」と認めることから始めてみましょう。

当たり前のことのように見えますが、頑張り屋さんほど「いや、みんな疲れているのは一緒」「怠けている自分はダメだ」と考えてしまう傾向に。ストレスの許容量は、本当に人それぞれ。ストレスを甘く見ないことは大切だと思います。

「チョコやコーヒーは体に悪いから」といきなりやめてしまうのも、我慢を強いられる行動=ストレスであるため、段階的に少しずつ減らすのがポイントです。 例えばコーヒーなら薄めに淹れる、豆乳で割ってみる、といった工夫を。カフェインレスを取り入れるのも有効です。

ハーブティーの一種であるたんぽぽコーヒーやチコリーに替えれば、むくみ解消に期待できる、体にいいドリンクになります。

甘いものの場合、低糖質スイーツを活用してみては? 食べる頻度にもよりますが、私の場合、糖質をとる際はパッケージの裏を必ず確認し、一度にとる糖質量を10g程度にしています。

まずは、栄養バランスを大切に

バランスのとれた食事材料

もちろん栄養面でも、おかずやフレッシュな野菜を3食たっぷり、しっかりと。ストレスに関わるたんぱく質やビタミンB群、ビタミンCを重点的に。例えば定食屋に行くなら、タンパク系おかずを一品増やしてご飯の量を減らす、家では野菜と肉をたっぷり入れたスープを作り置きする、ゆで卵を常備する、といった具合。

前述した通り、副腎が疲れている人は血糖値コントロールが苦手な場合が多いので、空腹になると無性に甘いものが食べたくなったりする傾向に。お腹がすく前になにかお腹に入れておくこともコツ。

例えば15時前後、夕方にゆで卵やあたりめ、豆乳といったタンパク系食材をとっておくと、甘いものに手が伸びにくくなりますよ。プロテイン系のアイテムを取りいれるなら、添加物チェックを忘れずに。

最近インスタグラムを始めたのですが、3月から4月の投稿には、低糖質チョコやカフェインフリーコーヒーが写り込んでいました……。気づかないうちに私の副腎も疲れていたようです。

改めていつも以上に栄養も睡眠もしっかりとって、心も体もごきげんに過ごしていきたいと思っているところです。

気になるカフェイン問題

体重増加、不安症の原因にも? カフェインを摂りすぎると起こるリスク

コーヒーの適量ってどのくらい? カフェインがもたらす体へのメリットと健康へのリスクを最新研究報告とともにご紹介します。

https://mylohas.net/2019/01/183318caffeine.html

コーヒーがストレスの原因に!? カフェインで脳が疲れるメカニズム

サイエンスライターの鈴木祐さんによる著書『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』より、すぐに実践できるストレス対策を毎日紹...

https://mylohas.net/2018/12/stress_7.html

image via Shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    2. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    3. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    4. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    5. イライラやアレルギー症状も。体内の「油バランス」の悪化が原因?

    6. 気になるサプリメントがたくさん...一度に複数摂ってOK?

    7. マスク、運動不足...。リスクが高まるコロナ禍の熱中症対策

    8. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    9. なぜ「劣化」という言葉が使われるのか。嫉妬心の裏返し?

    10. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    1. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    2. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    3. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    4. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    5. むくみと冷えを解消し、堂々と出せるスッキリ美脚に

    6. イライラやアレルギー症状も。体内の「油バランス」の悪化が原因?

    7. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    8. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    9. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    10. 3人のなかでもっとも仕事を任せられる顔は? 「顔の心理学」で人のすべてがわかる

    1. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    2. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    3. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    4. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    5. O脚、ガニ股にサヨナラ。2ステップの簡単ストレッチ

    6. 女優はなぜ太らない? なりきるだけの「やせメンタル」ダイエット

    7. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    8. 毛穴・小ジワ・テカリをまるっと解決「魔法の化粧下地」。これはリピです!

    9. 内臓脂肪と皮下脂肪は別もの。それぞれの効果的な減らし方は?

    10. お弁当箱をものさしに。25kg減量した管理栄養士が教える食事術

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら