1. Home
  2. BODY
  3. 家族がなる前に知っておきたい。死に至ることもある認知症の話

家族がなる前に知っておきたい。死に至ることもある認知症の話

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,533

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

認知症

  • アメリカ政府の最新の報告書によると、20年足らずで認知症による死亡は2倍以上に増えています。
  • 寿命が延びたからという面がある一方で、同時に医師の間で認知症がよく知られるようになったために、認知症と診断されるケースが増えている可能性もあります。
  • 認知症がどうして命にかかわる合併症につながるのか、そして認知症にならないために何ができるのか、医師が説明します。

認知症は、命にかかわる病気

確かに認知症は大変な病気ですが、アメリカ政府の最新の報告書によると、“命にかかわる病気”にもなりつつあります。

アメリカ国立衛生統計センター(NCHS)が発表したこの報告書によると、認知症で亡くなったアメリカ人の割合は、この20年足らずの間に2倍以上に増加

具体的な数字をあげると、2000年には10万人あたり30.5人でしたが、2017年には66.7人になりました。2017年には、もっとも多いタイプの認知症「アルツハイマー病」が、認知症による死亡の46%を占めたそう。

アメリカ疾病対策センター(CDC)によると、“認知症”という呼び名は、日常生活に支障が起きるほど思考力、記憶力、行動に影響を与えるいくつかの病気をまとめた言い方です。

アメリカ国立老化研究所(NIA)によると、このグループの病気としては、アルツハイマー病、ルビー小体型認知症、前頭側頭型認知症、脳血管性認知症があります。

なぜ、認知症による死亡が増えているの?

高齢者

image via shutterstock

「いくつかの要因が重なっているようです」と、プロビデンス・セント・ジョンズ・ヘルス・センター(カリフォルニア州サンタモニカ)の神経科医/老年精神科医で博士のデビッド・A・メリルさんは指摘しています。

「“シルバー津波”とでも言いましょうか、寿命が延びて、高齢者が急増しています。そして認知症のリスクの要因の中で一番どうしようもないものが、年齢です」(メリルさん)

「さらに、認知症の診断方法は変わっていませんが、医学界でも一般的にも、認知症という病気がよく知られるようになっています」とメリルさんは説明。「ですから、認知症ではないかと疑う割合が、以前より上がっているということかもしれません」

そのために患者数が増えているのです。

認知症が死につながる要因って?

咳

image via shutterstock

「認知症が進行すると、脳の組織が縮んでしまい、自分の面倒が見られなくなるばかりか、意思疎通も難しくなります」(アメリカ国立老化研究所)

メリルさんによると、「長い間にこうした状態になるために、命にかかわる多くの合併症につながる」と言います。

感染症にかかってしまう

認知症の人は多くが、飲み込むのが難しいなど、食べることもままならなくなります。そして、「正しく飲み込めないと、食べ物や飲み物が肺に入ってしまい、肺炎を起こす恐れがあります」とメリルさんは説明。

この「細菌性肺炎」を治療しないでいると、身体の他の部分にも広がって、命を脅かす重大な免疫反応、「敗血症」につながりかねません

その上、飲み込めないと、脱水症や栄養失調になる可能性もあります。

自分が病気であることに気づけない

インフルエンザなどほかの重大な病気も、重いケースであれば、認知症の人では命にかかわります。

「認知症が進行した人は、具合が悪いと言葉で伝えられませんから、病気が発見されるのが遅くなってしまいます。病気がやっと見つかっても、認知症でなければ、そこまで進行しなかっただろうというレベルまで進んでしまっているケースも多くなるのです」と、メリルさんは指摘します。

転倒が、命にかかわる

転倒も、認知症の人では命にかかわります。

「認知症の人は、自分の身体の限界がわからなくなりがちで、補助なしには歩けないことを忘れるなど、以前はなかったような危険にさらされる可能性が出てきます。そして転倒は、重大なケガや死亡につながる恐れがあるのです」とメリルさんは話します。

65歳以上の人の“意図的ではないケガ”による死亡の原因には、転倒がトップに上っています(CDCの調査より)。

明晩の『Prevention』に続きます。

加齢に負けない脳に

「軽い運動でも記憶力アップ」と科学者。何の運動を、どのくらい?

記憶力を保持するシンプルで科学的な秘訣とは? 神経学会誌に掲載された新しい研究によると、活動的でいることがすべてのようです。

https://www.mylohas.net/2019/03/187522pvn_brain.html

年を重ねてもボケないコツ。脳機能低下を防ぐサプリも。

「人生100年時代」ってどんな時代──? ずっと健康で楽しく暮らしていくには一体どうしたら?そんな疑問にさまざまなヒントを与えてくれるのが、東京大学...

https://www.mylohas.net/2019/03/186480brain.html

Korin Miller/Dementia Deaths Have More Than Doubled—but How Exactly Can It Kill You?
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 「よつんばいで30秒」が地味にきく! スッキリお腹をつくる簡単トレ

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    7. 体温調節のプロが教える「寒い冬を快適に乗り越える方法」

    8. ぺたんこお腹をつくるペンギンエクササイズ。つらいけど達成感は抜群!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. やる気が継続する「エクササイズ・スナック」とは?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    8. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?