1. Home
  2. BODY
  3. 超大物ミュージシャンを襲った、怖い「心臓の病気」とは?

超大物ミュージシャンを襲った、怖い「心臓の病気」とは?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,156

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

ミック・ジャガー

ミック・ジャガー

2019年4月4日、ローリング・ストーンズのボーカリスト、ミック・ジャガーさん(75歳)が心臓弁を交換する手術を受けました

ミックは北米のストーンズ「No Filter」ツアーをキャンセルすることになり、「とてもショックで残念」とコメントを発表。一方で、手術の翌日にはフェイスブックで、次のようなファンからの応援への感謝も述べています。

「みんな、応援メッセージをありがとう。今は、前よりはるかにいい気分だし、快方に向かっている。それから素晴らしい仕事をしてくれる病院のスタッフみんなにも、とても感謝」

同じ病気で、50歳で夭折したケースも……

痛い

image via shutterstock

ミックの弟、クリスさんはイギリスの大衆日曜紙『The Sunday People』の最近のインタビューで、「ミックは、生きていることができて幸運」と思いを述べています。「なぜなら検診で判明した症状は、イギリスのロックバンド、ザ・クラッシュのボーカリストだったジョー・ストラマーが、50歳で命を落とすことになった心臓の問題と同じだったのだから」と。

「ミックは大丈夫。彼と話したけど……いい調子だよ。検診でたまたま判ったのさ。そしてジョーもそうだったように、これは誰にでも起こる可能性のあるものだ。犬の散歩から戻って、ソファに倒れ込んでいるのを奥さんが見つけたんだ。同じ心臓弁の問題を抱えていたジョーのお父さんも、それで亡くなっている。遺伝だった。ミックの場合は、検診で見つかったわけだけれど」(クリスさん)

検診で、心臓の問題が見つかった!

クリスさんは、この心臓の問題のせいでミックはしばらく休みを取って、ツアーの残りを延期する気になったのではないかと考えている。幸い、ミックの手術後の経過は順調で、今は十分に休んで完全に回復するための時間を取っているところ。

『ビルボード』誌によると、「No Filter」ツアーはミックが完全に回復してから新たな日程を発表して、7月に再開する予定。では、心臓弁を交換する手術(「心臓弁置換術」と呼ばれます)とは具体的にどんなことをするのでしょう?

心臓弁の手術がどのように行われるのか、リスクはあるのか、そして回復経過はどのようになるのか、医師から説明をしていただきました。

心臓弁の手術ってどんなもの?

心臓

image via shutterstock

アメリカの有名な総合病院、メイヨー・クリニックによると、“心臓弁の手術”とは、心臓の中で、血液が正しい方向に流れるようにしている4つの“弁”のひとつに、問題が起きた場合に行うもの。それぞれの弁には、心臓が1回鼓動するたびに開閉するフタ(フラップ)があり、ちゃんと開閉しないと、心臓と身体をめぐる血液の流れがさまたげられてしまいます

「そこで、問題が起きた弁を修復するか交換する手術を行うわけです。胸郭を開いて行うものから、もっと身体への負担が少ない手術まで、いくつか方法があります」とクリーブランド・クリニックの新しい心臓センターの胸部外科部長、マーク・ギリノフ医師。

また、アメリカ心臓協会(AHA)によると、心臓弁の交換にも、機械式の弁を入れる(機械弁)、人間または動物のドナー弁を入れる(生体弁)、4つの弁のうち健康な弁を“借りて”問題のある弁の位置に動かす、などの選択肢があるそう。

「手術にかかる時間は、どの方法にするかによりますが、カテーテルを使った弁の交換手術でおよそ1時間、もっと標準的な手術方法では4時間かかります」(ギリノフ医師)

心臓弁の手術のリスクは?

手術

image via shutterstock

心臓弁の手術中や手術後には、確かにいろいろな症状が起きる危険があり、重大な場合も。メイヨー・クリニックによると、次のようなリスクがあります。

  • 出血
  • 心臓発作
  • 感染症
  • 交換した弁がちゃんと機能しない
  • 不整脈
  • 脳卒中

「このような合併症はすべて、命にかかわる恐れがあります。でも、経験豊富な医療センターで手術を受ければ、リスクは普通、かなり低いものです」とギリノフ医師。「手術を乗り切れない確率は、100人に1人未満でしょう」

心臓弁の手術後は、どんな風に回復するの?

リハビリ

image via shutterstock

ギリノフ医師によると、たいていは集中治療室で1日ほど過ごします。その後、普通の病室に移されて、術後経過の観察と痛み管理に数日間かかります。

全般的に、回復までにはカテーテルを使った手術(ミックもこのタイプだったとか)でおよそ2週間、ロボットを使った手術で3〜4週間、胸郭を開く手術では6〜8週間ですが、いずれにしても、「数日以内に自由に歩けるまでになるでしょう」と、ギリノフ医師は説明します。

ミックは、できるだけ早くステージに戻りたいと明言していますが、ギリノフ医師によると、その可能性はあるそう。もちろん若い人の方が、ミックくらいの年齢よりも早期に心臓弁手術から回復する傾向がありますが、さすがミック・ジャガー。「かなりよい状態です」と、ギリノフ医師は指摘しているのです。

回復は良好。毎日歩くのがおすすめ

それでも、「元の生活に本当に戻れるまで回復するには、丸1か月はかかります。ただし、家に戻ると、これまでの生活の80〜85%は元通りにできますと患者に言っています」と、ニューヨークのマウント・サイナイ・セント・ルークス病院の動脈手術部長、ガブリエレ・ディ・ルオッツォ医師は説明します。

そして、退院後は活動的にして、毎日歩くようにアドバイスしているそう。「3〜4週間後に診察を受けに来るときまでに、1日3キロ歩くようになっていてほしいと思います」(ディ・ルオッツォ医師)。ミックくらい、もともと“超”活動的な人が、100%回復するにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、それでもすぐにステージに復帰してくれそうですね。

心臓病のサインを見逃さないで

お酒やタバコ以外も。心臓に悪影響を及ぼす意外なリスク要因

心臓病の原因といえば、高血圧や高コレステロール。じつはそれ以外にも重大な影響を与えるという意外な要因があるのです。

https://www.mylohas.net/2019/04/188101pvn_heart.html

ストレスも意外なリスク。心臓病につながりやすい7つの要因

喫煙や高血圧などの心臓の病気につながる病気は有名ですが、ストレスなども意外な原因となるそうです。他には?

https://www.mylohas.net/2019/04/188171pvn_heart2.html

Korin Miller/Mick Jagger Just Underwent Heart Surgery: What Does Recovery Look Like
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由