1. Home
  2. MIND
  3. GW前に必見! 五月病にならないための連休の過ごし方

GW前に必見! 五月病にならないための連休の過ごし方

弱くて強い心

2,821

島田ゆかり

リラックスしている女性

五月病は、「疲れとストレス」が原因です。では、疲れとストレスはどうやって解消すればいいのでしょうか。

ゴールデンウィークの過ごし方で、連休明けのコンディションが大きく変わります。前回にひきつづき、精神科医で産業医でもある奥田弘美先生に、五月病にならないコツをうかがいました。

体の疲れをとるのが最優先

疲れをとる

前回もお伝えしたように、新しい環境になるこの時期は、いつもより疲れがたまりがち。体の疲れは心の疲れを引き起こします。体の疲れをとるもっとも簡単で有効な方法は、「眠ること」だそう。

最低6時間、できれば7時間、連続で眠りましょう。連続で、というのは夜+昼寝とか、夜+通勤時間で6時間睡眠ではダメということです。夜布団に入ってから、朝起きるまで、しっかり6〜7時間眠りましょう。

夜中に何回か目が覚めてしまうのも、眠りの質が悪い証拠。スマートフォンをベッドに持ち込まないだけでも、眠りの質は向上します。

また、睡眠を促すホルモン、メラトニンは、目が日光を感知してから14~16時間後に分泌されるので、朝起きて陽を浴びる習慣を。曇りの日でも十分に照度はあるのでカーテンをしっかり開ければ大丈夫」(奥田先生)

体を休める基本は、まずはしっかり眠ること。頭が冴えてよく眠れないという人は、脳だけが疲れていて、体が疲れていない可能性もあるので日中に軽く運動するとよく眠れることがあります。それでも眠れないならば心療内科や精神科で相談を。

3つの「R」が基本

自分を癒す3つのR

自分を癒し、充電するためには、3つの「R」が不可欠だといいます。

  1. レスト(Rest):しっかり休養すること
  2. リラクゼーション(Relaxation):自分の好きな方法でくつろぐこと
  3. レクリエーション(Recreation):気分転換になる運動や遊びを楽しむこと

「この順番も重要です。連休になると、3つめのレクリエーションばかり行う人が増えるのですが、レクリエーションは、まずしっかり休養をして、リラックスしたあとに行うもの。

また、リラクゼーションも同じで、ひとつ目の休養がしっかりできていないと、いくらアロマテラピーやマッサージなどをしても、心身の疲れはとれません。しっかり休養し、ベースを作らなければくつろぐことも充電も効果的にできないのです」(奥田先生)

気が進まないおでかけはしないこと

気が進まないおでかけはしない

これから楽しいゴールデンウィークが始まります。いろんなお誘いも多いでしょう。でも、「疲れているけど頑張って出かけよう」、という無理はやめたほうがいいようです。

「先ほどもお伝えしたように、活動するのはしっかり休養ができたあと。連休前に頑張って仕事を片づけて、へとへとに疲れていながら出かけるのは“疲労の上乗せ”になります。気が進まない、というのは体からの『疲れています』というサイン

また、夜遅くまで遊んで、あまり眠らずに次の日も早起きして出かけるというのも、体には相当な負担です。その負担が心の疲れを引き起こすので、連休は賢く過ごすのがおすすめです」(奥田先生)

奥田先生が提唱する10連休の過ごし方は

  • 最初の2日はレストとリラクゼーション(自分は元気だと自覚がある人は1日でもOK)
  • しっかり充電ができた人は、次の6日間は好きなように過ごす
  • 最後の2日間は再びレストとリラクゼーション

最後の2日間で、翌日からの仕事モードに生活リズムを戻すのがコツ。「連休中だらだらしすぎてシャキッとしない」という人は、昼夜逆転傾向で生体リズムが乱れている可能性が。午前中に起きて日中は軽いウォーキングなどをして心地よく運動し、夜は早めに就寝するとよいそう。

それでは、楽しいゴールデンウィークを!

奥田弘美(おくだ ひろみ)先生
精神科医、日本マインドフルネス普及協会代表理事。平成4年山口大学医学部卒。精神科医・産業医として働く人の心身のストレスケアに日々関わっている。またわかりやすいストレスケア法やマインドフルネス瞑想を執筆や講演、セミナーにても紹介している。著書には「心に折り合いをつけてうまいことやる習慣」(すばる舎)、「1分間どこでもマインドフルネス」(日本能率協会マネジメントセンター)、「心の毒がスーッと消える本」(講談社)などがある。

疲れをとるために質のいい睡眠を

睡眠不足解消に役立つ「簡単すっきり法」と、意外なおすすめドリンクとは?

世界的にも睡眠時間が少ないといわれている日本。睡眠不足だけでなく、良質な睡眠がとれていないことによっておこる「睡眠負債」は、命にかかわる病気を起こす...

https://www.mylohas.net/2019/03/186827coffeenap.html

たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

深刻なものから軽度のものまで、睡眠障害のタイプはなんと90以上あるのだとか。安眠のために睡眠障害について詳しく知っておきましょう。

https://www.mylohas.net/2019/04/188382pvn_sleep1.html

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析