1. Home
  2. MIND
  3. GW前に必見! 五月病にならないための連休の過ごし方

GW前に必見! 五月病にならないための連休の過ごし方

メンタルは変えられる!

2,924

島田ゆかり

リラックスしている女性

五月病は、「疲れとストレス」が原因です。では、疲れとストレスはどうやって解消すればいいのでしょうか。

ゴールデンウィークの過ごし方で、連休明けのコンディションが大きく変わります。前回にひきつづき、精神科医で産業医でもある奥田弘美先生に、五月病にならないコツをうかがいました。

体の疲れをとるのが最優先

疲れをとる

前回もお伝えしたように、新しい環境になるこの時期は、いつもより疲れがたまりがち。体の疲れは心の疲れを引き起こします。体の疲れをとるもっとも簡単で有効な方法は、「眠ること」だそう。

最低6時間、できれば7時間、連続で眠りましょう。連続で、というのは夜+昼寝とか、夜+通勤時間で6時間睡眠ではダメということです。夜布団に入ってから、朝起きるまで、しっかり6〜7時間眠りましょう。

夜中に何回か目が覚めてしまうのも、眠りの質が悪い証拠。スマートフォンをベッドに持ち込まないだけでも、眠りの質は向上します。

また、睡眠を促すホルモン、メラトニンは、目が日光を感知してから14~16時間後に分泌されるので、朝起きて陽を浴びる習慣を。曇りの日でも十分に照度はあるのでカーテンをしっかり開ければ大丈夫」(奥田先生)

体を休める基本は、まずはしっかり眠ること。頭が冴えてよく眠れないという人は、脳だけが疲れていて、体が疲れていない可能性もあるので日中に軽く運動するとよく眠れることがあります。それでも眠れないならば心療内科や精神科で相談を。

3つの「R」が基本

自分を癒す3つのR

自分を癒し、充電するためには、3つの「R」が不可欠だといいます。

  1. レスト(Rest):しっかり休養すること
  2. リラクゼーション(Relaxation):自分の好きな方法でくつろぐこと
  3. レクリエーション(Recreation):気分転換になる運動や遊びを楽しむこと

「この順番も重要です。連休になると、3つめのレクリエーションばかり行う人が増えるのですが、レクリエーションは、まずしっかり休養をして、リラックスしたあとに行うもの。

また、リラクゼーションも同じで、ひとつ目の休養がしっかりできていないと、いくらアロマテラピーやマッサージなどをしても、心身の疲れはとれません。しっかり休養し、ベースを作らなければくつろぐことも充電も効果的にできないのです」(奥田先生)

気が進まないおでかけはしないこと

気が進まないおでかけはしない

これから楽しいゴールデンウィークが始まります。いろんなお誘いも多いでしょう。でも、「疲れているけど頑張って出かけよう」、という無理はやめたほうがいいようです。

「先ほどもお伝えしたように、活動するのはしっかり休養ができたあと。連休前に頑張って仕事を片づけて、へとへとに疲れていながら出かけるのは“疲労の上乗せ”になります。気が進まない、というのは体からの『疲れています』というサイン

また、夜遅くまで遊んで、あまり眠らずに次の日も早起きして出かけるというのも、体には相当な負担です。その負担が心の疲れを引き起こすので、連休は賢く過ごすのがおすすめです」(奥田先生)

奥田先生が提唱する10連休の過ごし方は

  • 最初の2日はレストとリラクゼーション(自分は元気だと自覚がある人は1日でもOK)
  • しっかり充電ができた人は、次の6日間は好きなように過ごす
  • 最後の2日間は再びレストとリラクゼーション

最後の2日間で、翌日からの仕事モードに生活リズムを戻すのがコツ。「連休中だらだらしすぎてシャキッとしない」という人は、昼夜逆転傾向で生体リズムが乱れている可能性が。午前中に起きて日中は軽いウォーキングなどをして心地よく運動し、夜は早めに就寝するとよいそう。

それでは、楽しいゴールデンウィークを!

奥田弘美(おくだ ひろみ)先生
精神科医、日本マインドフルネス普及協会代表理事。平成4年山口大学医学部卒。精神科医・産業医として働く人の心身のストレスケアに日々関わっている。またわかりやすいストレスケア法やマインドフルネス瞑想を執筆や講演、セミナーにても紹介している。著書には「心に折り合いをつけてうまいことやる習慣」(すばる舎)、「1分間どこでもマインドフルネス」(日本能率協会マネジメントセンター)、「心の毒がスーッと消える本」(講談社)などがある。

疲れをとるために質のいい睡眠を

睡眠不足解消に役立つ「簡単すっきり法」と、意外なおすすめドリンクとは?

世界的にも睡眠時間が少ないといわれている日本。睡眠不足だけでなく、良質な睡眠がとれていないことによっておこる「睡眠負債」は、命にかかわる病気を起こす...

https://www.mylohas.net/2019/03/186827coffeenap.html

たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

深刻なものから軽度のものまで、睡眠障害のタイプはなんと90以上あるのだとか。安眠のために睡眠障害について詳しく知っておきましょう。

https://www.mylohas.net/2019/04/188382pvn_sleep1.html

image via Shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    2. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    3. 心の緊張がほぐれる刺激法/呼吸が変わるとラクになる #04

    4. 見た目は大事。いつものごはんを「プロ並み」にする盛り付けのコツ

    5. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    6. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    7. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    8. 安藤サクラさんの透明感の理由。日常は自分らしく、人生の変化には柔軟に

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    1. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    2. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    3. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    4. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    5. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    6. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    7. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    8. バリエーションUP、調理時間はDOWN。ごはん作りが楽しくなる「下味冷凍」

    9. 体の中が「膨張」してる!? 余分な息を追い出そう/呼吸が変わるとラクになる #03

    10. スクワットよりラク! 下半身引き締めや代謝アップに「ベアースクワット」

    1. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    2. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    3. 下半身太りが気になる人はマスト! 効果絶大の「股関節ほぐし」

    4. ジムいらず! おうちの隅で眠っているあのグッズで美脚&美尻に

    5. 【隠れ疲労チェックリスト】 女性が疲れやすい理由とは?

    6. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    7. サヨナラ、まるい背中。背筋を鍛えるバックエクステンション

    8. 「おばさん」と呼ばれたことのない中年女性が増加中

    9. 睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

    10. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら