1. Home
  2. BODY
  3. ランニングと同等のカロリー消費になる、歩き方のコツ6つ

ランニングと同等のカロリー消費になる、歩き方のコツ6つ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,762

散歩する女性

ランニングをしないと、カロリー消費や減量など有酸素運動の効果は得られない? そんなことはありません。

実は、ウォーキングでもランニングと同じくらいカロリーを消費することができるんです。

ただ歩くだけではダメ。その条件は……

「早歩きをすれば、それは可能です」と言うのは、歩くことと健康についての本を書いた、ACE認定パーソナルトレーナー兼ウォーキングコーチのミッシェル・スタンテンさんです。

「ウォーキングでランニングよりもカロリーを消費するには、より速いスピードで歩くだけです」と説明するスタンテンさん。

例えば、時速7.2km(1kmを約8分20秒)のペースで42分間歩けば、1kmを6分15秒で走るランナーと同じくらいのカロリーを消費できます。ペースを時速8km(1kmを約7分30秒)に上げて35分間歩けば、より短い時間でランナーと同じカロリーを消費できます。

カロリーの消費量が上がるだけでなく、健康促進にも効果的です。2019年に発表されたイギリスのグラスゴー大学の研究によれば、ウォーキングのペースを速くすると、死亡リスク、特に心疾患や呼吸器疾患による死亡率が下がることがわかっています。

時速7.2~8kmでのウォーキングはハードかもしれませんが、持久力を鍛えて少しずつ時間を増やしていけば、ペースを維持できるようになります、とスタンテンさん。彼女おすすめの歩き方のコツを教えていただきました。

体重を減らすためのスピードウォーキングのやり方

歩く人

image via shutterstock

皆さん、ペースを上げる準備はいいですか?スタンテンさん一押しの、歩行速度アップのための戦略を紹介します。代謝を促し、カロリー燃焼パワーを高めましょう。

1. 背筋を伸ばして立つ

背筋をピンと伸ばすと、腰と胸郭の間が広がります

こうすることで、前のめりに倒れ込むように歩くよりも、自由に足を動かすことができます。

2. まっすぐ前を見る

視線は足下ではなく、3~6メートル先を見ましょう。

肩を後ろに引いて下ろし、胸を開きます。猫背にならないよう背中を伸ばして、深い呼吸をしましょう。

3. 腕を速く振る

腕は90度に曲げて、前後に振ります。体の前で振ったり、外向きに振ったりすると、歩行が乱れてエネルギーの消耗を早めてしまうので気を付けて。

腕をしっかり振ると、上半身や体幹にも力が入るので、効率的に速く動けるようになります。

4. 歩幅を小さくする

足を遠くに踏み出すと、歩行にブレーキがかかりスピードが遅くなります。短い歩幅で速く歩けば、自分のほぼ真下に足をつくことになるので、次の一歩へすぐに切り替えることができます。

自分に合った歩幅を知るには、片足の膝を腰の高さまで引き上げます。行進をするときのように、足が膝の真下にくるようにしましょう。足を前に伸ばして踵を床におろします。もう一方の足より、5~10センチ前に足がつくはずです。

5. スピードインターバルをする

短時間の速い歩行とゆっくりペースの歩行を交互に行うと、歩く速度が速くなるだけでなく、消費カロリーもアップします。また、運動が終わった後もその効果は続きます。

「きついワークアウトを長くすればするほど、体が通常の状態に戻るまでに時間がかかります」とスタンテンさん。

回復するまで、カロリー燃焼の加速状態が続きます。少なくとも20分、最大24時間くらいまで燃え続けます」

6. 自分自身(もしくは周りの人)と競争する

速いインターバルの歩数を数えておき、次のインターバルではその数を超えられるように頑張ります。

友人と一緒にウォーキングをする場合は、友人にも歩数を数えておいてもらい、ワークアウト後に比べてみるのもいいでしょう。スピードや持久力を上げるモチベーションにつながります。

強度をあげるには?

走る女性

image via shutterstock

ワークアウト後のカロリー燃焼を高めるには、こちらのインターバルウォーキングにトライしてみて。

  • ゆっくり~普通ペースで3分間歩きます。友人と会話をしながら歩ける程度のスピードです。
  • ペースを上げて、やや速い速度(早歩き)で30秒歩きます。かなり速いペースなので、文章で会話するのが難しくなるでしょう。
  • 20秒間速いペースで歩きます。自分の最高速度を出しますので、この間はずっとこのペースを維持できるようにしましょう。
  • 10秒間全速力で走り、力を出し切ります。このペースでは会話はできないはず。呼吸もかなり荒くなるでしょう。
  • 30秒、20秒、10秒のセットインターバルを4分間繰り返します。最後に普通ペースで1分間、リカバリーを行います。

トレーニングは効果的に

お尻を引き締めカロリー消費。動画で簡単「自重トレーニング」4つ

いつものトレーニングに飽きたら試して欲しいのが、自重トレーニング。効率的に有酸素運動と筋トレができるんです。

https://www.mylohas.net/2019/03/188072pvn_workouts2.html

早く結果が出る! 重いウエイトを使わずに筋力アップする方法

筋トレをするのにもう重いウエイトを持ち上げる必要はありません。手軽にコンパクトで持ち運びも簡単なトレーニングゴムバンドを使ったワークアウトを紹介しま...

https://www.mylohas.net/2019/04/188095pvn_resistance-band.html

Alisa Bowman/6 Speed Walking Tips to Help You Burn as Many Calories as You Would Running
訳/Seina Ozawa

Seina Ozawa(翻訳)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    3. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    8. お互いに縛りあっていない? 共依存の闇から抜け出すためには

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    7. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって